我が家のお猫様の優雅な毎日

アメショのタカヤ君とマンチカンのマル君、虹の橋のレン君のお気楽日記♪

本日の3枚・聞いてない(2008年)

Category: レン(虹の橋) & タカヤ  
ん? なんじゃ、こりゃ?


015_201705251834171c7.jpg


あ~、尻尾が見えてる。
タカヤさんだね、そこにいるのは。


ふぃ~~~、やれやれ……
017_201705251834194b6.jpg


ところで、ぐちゃぐちゃになったベッドカバー、誰が戻してくださるんですかね?


なんかちょっと、寝るのにジャマやな、これ……
018_20170525183420d7c.jpg


……人の話、ちっとも、聞いてない。
 

★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。

スポンサーサイト

本日の2枚・この丸顔は……(2008年)

Category: レン(虹の橋)  
レン君が、こんなポーズで寝ていると。





おお~いっ! お耳はどこへ行った、お耳はっ!


013_20170525183415e95.jpg


この丸顔、何かに似てると思ったら……
そう、ドラえもんだった。
 

★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


青梅リベンジ

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 今、私の部屋のパソコンラックの下には、梅酒用の広口瓶が2つ、鎮座ましましている。
 といっても、梅酒を漬けているのではない。
 実は数年前、母が、梅シロップを作ろうとしたら、見事にカビが生えて下さったので(早い話が失敗した)、今回、娘の私が、そのリベンジを試みたのである。

 花の命は短くて 苦しきことのみ多かりき
 と、誰が詠んだのか忘れたが。
 私は毎年、6月の初旬、つまり梅雨入りの時期になると、こう詠みたくなる。
 梅の季節は短くて 煩わしきこと多かりき

 野菜や果物に季節感がなくなって久しい、というけれど。梅の実に関しては別格だ。梅の雨、と書いて「つゆ」とはよく言ったもので、毎年、6月の初旬から下旬、つまり、ほんの3~4週間ほどしか出回らない。ああ、出たな、と悠長にかまえていると、あっという間に店頭から消えてしまうので、とにかく気がせかされるのである。
 買ったあとも、すぐに水に漬けてアクを抜いて、とにかく手早く処理しないと、うっかり2~3日放置したが最後、青かった梅は黄色く熟し始める。
 梅干しにする場合は、黄色くなった梅のほうが柔らかく仕上がるのだけど、梅酒や梅シロップの場合は、青い梅のほうがいい。熟した梅でも、できないわけではないけどね。
 梅と言えば梅干しだけれど。昔、元気だったころの母が梅干しも漬けていて、私も作業を手伝ったこともあるので、その面倒くささは骨身に染みていて(特に土用干しの時とか!)、アレを自分で実行しようとは、とてもじゃないけど、さらさら思わない。
 梅酒………こちらは比較的簡単だし、失敗もしにくいのだけれど、一昨年とその前の年に漬けた梅酒がまだ残っているので、今年はパス。
 ならば、母が数年前に失敗した梅シロップを、娘の私がリベンジしようではないか! と思い立っての、シロップ作りと相成ったのである。

 梅干しや梅酒は、口にできるようになるまでに3~4ヶ月かかるけど、梅ジュースは1ヶ月ほどで完成する。材料も、瓶さえあれば、あとは梅と氷砂糖だけ。
 洗ってヘタをとった青梅を、瓶の中に氷砂糖と交互に敷き詰めておけば、1~2日で底のほうに梅のエキスが染み出してくる。実はこの時が問題で、エキスが出始めてから1週間ほど、つまり梅の実がすべて浸かってしまうくらいにエキスが出るまでが、要注意。
 毎日、浸かり具合をチェックし、瓶を斜めにしてグルグルと回し、上のほうの梅と下のほうの梅が、エキスの中で入れ替わるようにしておかなければ、失敗する。
 数年前の母の失敗が、コレだった。父の介護のこともあり、つい、丸1日ほど放置しておいたばっかりに、上のほうの梅にカビが生えてしまったのだ。
 この時のことが頭にあったので、今回はチェックを忘れないよう、梅を漬けた瓶は私の部屋の、すぐに目につく場所に置いておいた。1日に数回、エキスの出具合をチェックし、瓶をグルグル回し続けた。
 ネットで調べたら、漬ける前に梅の実を丸一日、冷凍庫で凍らせたほうがよい、とあったので、これも実行した。最初に見た時は、
「へっ? 凍らせるの? 青梅をそのままっ?」
と困惑しないでもなかったが、凍らせると梅の実の繊維が壊れて、エキスが早く出るらしい。エキスが早く出て、梅の実がそのエキスに浸かってしまう時間が早いほど、失敗も少ないということになる。なるほど。

 そうやって漬け込んで、早や3週間。
 今、私の部屋の広口瓶の中では、氷砂糖と溶け合った琥珀色の梅のエキスが、瓶を持つたび、タプタプと揺れている。梅のほうは、すっかりしわくちゃの梅干し婆さん、もとい、梅婆さんと化して、これも、エキスの上のほうでタプタプと揺れている。
 ふっふっふ! 我、リベンジに成功せり!
 今年の夏は、自家製の梅ジュースや梅ソーダが、たっぷりと味わえそうだ。
 ところで、今、シロップの中にどっぷりと浸かっている、しわくちゃの梅の実。これって、食べられるんですかね? 青梅は食べたらお腹を壊すけど、外見的に、もはや青梅とは言えない状態。砂糖漬けみたいなものなんだから、食べても問題はないと思うけど、どうなんだろう?
 また、ネットで調べてみるかな。だって、捨てるのはもったいないじゃないですか!
 ………こんな私って、もしかしなくても、貧乏性?


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の2枚・長いと便利?

Category: マル  
ワンコやニャンコは、やろうと思えば……
お鼻に、楽々と舌が届きますよねぇ♪


んべっ♪
P2081126.jpg


あ~、お目目に目ヤニがついたままだった。
まぁいいか、というか、仕方ないか(気づかないまま撮っちゃった)。

やっぱり、舌が長いほうが、いろいろと便利だよねぇ♪


お母はんも、やってみにゃい?
P2081127.jpg


いや、それは遠慮しておきます、というか……
お母はんの舌の長さじゃ、無理です。
 

★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の2枚・ひねり続けてます

Category: マル  
相変わらず、ひねって寝ているマル坊ちゃん。


P1241076.jpg


そして、こちら、ちょうど上の画像から1ヶ月ほど前に写したもの。


P2161169.jpg


どうしても、ひねって寝なくては気がすまないらしい。
しかも、向きまで、まるで同じ。

そんなに気持ちいいのだろうか、ひねって寝るの。
 

★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


懐かしき激突

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 我が家の長男猫のレンが、ベランダづたいに大脱走をやってのけた話は、以前に書いた。
 あれ以来、どんなに気候のよい時期であろうと、ベランダの窓や網戸を開放すること相成らず! という家訓が成立したわけだが、唯一の例外として、私が、洗濯物の取り込みなどでベランダに出ている時限定で、レンをベランダに出してやることは、時々あった。マルはもちろん、タカヤもまだいなかった頃の話だ。
 もちろん、レンが妙な動きをしないよう、横目で見張りながらの作業だったことは、言うまでもない。
 レンは、その性格と同様、動きもどこか「おっとり」とした猫だったので、私が一緒にベランダにいる限りは、以前のような脱走の恐れは、ほとんどなかった。
 ただし、レンから絶対に目を離さないでおくこと、という条件つきである。目を離したが最後、何をするか判らないのが猫なのだ。このあたり、猫との付き合いは、目が離せないという点において、乳幼児の子育てと、ちょっと似ている、ような気もする。子育て経験がまったくないので、エラそうなことはいえないが。

 私が洗濯物を取り込んでいる時、レンはたいてい、ベランダの真ん中でお座りして、たまに鼻をヒクヒクさせるだけのお行儀のよさだったが、ある日、そのお座りポーズをちょっと崩した、かと思うと、上半身をググッと低くし、斜め上方を見上げながら、何かを狙うしぐさを見せた。
 レンの目線の先には、ベランダの手すり。
 いかん! 手すりの上に飛び乗ろうとしてる………!
「レン君! ダメっっっ!」
 問答無用で、私は怒鳴った。
 半ば飛び乗り体勢に入っていたレンは、私の声に驚いて、即座に行動を中断。
 叱られる、と思ったのだろう、クルリと方向転換して、開いていたベランダの窓めがけ、一直線に突っ走った。部屋のほうへ逃げ込もうと思ったわけで、そのあたりの判断は、間違ってはいない。
 そう、間違ってはいなかったのだが………。

 確かに、ベランダの窓は、開いていた。私が見張っているから、という条件つきで、レンをベランダに出していたのだから、開いてて当たり前だった。
 ただし、窓は開いていたが、虫が入ると困るからという理由で、母が、網戸だけ閉めていたのだ。私はもちろん、レンも、そのことを知らなかった。というか、私から叱られまいと、焦って部屋のほうへ逃げ込もうとしたので、その時の光の加減もあって、網戸の存在に気がつかなかったのだ。
 結果、レンは、激突した。
 私の見ている前で、顔面から、網戸に。

 当時、私はまだ、デジカメを持っていなかったので、その決定的瞬間を写せなかったのが、返す返すも、悔やまれる。と思わないでもないのだが、よく考えたら、そんな偶発的な瞬間、たとえデジカメを持っていたとしても、まず、写せなかっただろう。
 ただ、閉まっていた網戸に思いっきり顔から突っ込んで、後ろに吹っ飛ばされるようにしりもちをついたレンの、その瞬間の表情ぐらいは、しっかり残せていたかもしれない。
 ベランダにいた私も、部屋の中にいた両親も、あまりといえばあまりな出来事に、一瞬、絶句。
 絶句のあとで大爆笑、となったわけだが、当事者のレンにしてみれば、
「笑いごとじゃ~ないよっっっ!」
と、怒りたかったにちがいない。
 何しろ、思いきり一直線に、網戸に顔面から突っ込んだのだ。勢いのままに鼻をこすって、かなり痛かったにちがいない。まぁ、閉まっていたのが網戸だったのは不幸中の幸いで、もしも窓のほうが閉まっていたら、さらに痛い思いをしていただろうが。

 あれから、10年以上が過ぎた。
 写真にも画像データにも、残すことはできなかったが、あの時、あの瞬間、網戸に顔から突っ込んで吹っ飛ばされ、ペタンとしりもちをついた時のレンの、
「痛いよぉ~~~! どうなってんだよぉ~~~!」
と言いたげな顔を、私は、忘れることはない。
 とにかく、ドンくさい猫だったから、今ごろ、空の向こうでも似たようなドジをやらかして、まわりの爆笑を買っているのではないか、と思うと、ちょっと気が気ではないけれど。
 

★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。



« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ランキング
1日1回、1クリック有効
ぽちっとよろしく♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ




現在、少々多忙につき、
申し訳ございませんが、
コメント返しは休止して
おります。


本日までの総アクセス数
我が家のお猫様たち
タカヤ君♪

タカヤ(男の子)
アメリカンショートヘア
(ブルーシルバータビー)
2005.10.19.生まれ


マル君♪

マル(男の子)
マンチカン
(レッドタビー)
2011.11.05.生まれ


レン君♪

レン(男の子)
アメリカンショートヘア
(シルバータビー)
2001.3.25.生まれ
2011.2. 2.虹の橋へ
(享年9歳と10ヶ月)
(「虹の橋通信」の担当ニャン)


当ブログの画像の著作権その他は、管理人「あめぶら」の所有となります。

著作権を放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

アダルト・中傷その他の不快なコメントにつきましては、当方の判断で削除いたします。
月別アーカイブ
QRコード
QR
お気に入りリンク
ブログ内検索