我が家のお猫様の優雅な毎日

アメショのタカヤ君とマンチカンのマル君、虹の橋のレン君のお気楽日記♪

気分は〇〇〇大作戦

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 規模の小さな零細企業は、同業社間のヨコのつながりが、かなり強い。私の昔の勤務先にも、実に多くの、同業の「お得意さん」があった。
 が、いかに相手がお得意さんであろうとも、やはり、そこはいろいろなお付き合いの関係上、秘密にしておかねばならないことや、バレたらちょっと困ることも、多々あるわけで。
 例えば、〇〇印刷から注文を受けて、×××という本を作っているということを、△△製本所の社長には知られてはならない、というような場合である。
 なんで、知られたら困るのか? そのへんの事情は相手によっていろいろと違うので説明は省くが、零細企業の社長の皆さんは、営業回りも兼ねて、ふらりと予告なしに訪問してくることが日常茶飯事の方々なので、「知られてはならないこと」を「知られないようにする」作業は、時として、安全ネットなしの綱渡りみたいな様相を帯びていた(ような気がする)。
 ちょっと場所が離れた製本部のほうで、せっせと作った×××を、いざ、最後の化粧や梱包のために会社内へ持ち込もうとした途端、「まいどぉ~♪」と、△△製本所の社長が訪ねてきたりしたら、どうなるか?
 あ、前述の「化粧」というのは、印刷・出版界の業界用語のひとつで、本を規格の大きさにするために端を断裁機で切り落としたり、カバーをかけたりする作業のこと。本を「キレイに」するための行程なので、「化粧」と呼んでいる。別に、本にファンデーションを塗ったり、アイラインを引いたりしてるわけではないので、念のため。

 閑話休題。
 とにもかくにも、△△製本所の社長が「まいどぉ~♪」とやってきた時点で、せっせと作った×××を、表立っては会社内に持ち込めなくなっていまうわけだが、そうかといって、いつまでも製本部に積み上げていたのでは最後の「化粧」ができないから、そこは密かに、こっそりと、社内の、人目につかない場所に運び込んでおかねばならない。
「表の道は通るな! 裏道を使うんやっっっ!」
 かくて、ミッションは決行されるのである。
 どんな場所でも、裏通りというのは、表通りと違ってデコボコしていることが多い。台車に×××を積んで運ぶのはいいが、ガタガタと揺れるので、落下しやすい。しかも、急いで運ぼうとすると、台車の車輪がガラガラと音を立てて「何事や」と言われかねないから、ふたり一組(ひとりは台車を押す役、もうひとりは台車の上の×××を抑える役)で、息をひそめつつ密かな前進を続けることになる。
 ごくごく普通の印刷会社で、ごくごく普通に編集作業を仕事としていたはずなのに、いったい何が悲しくて、こんな人目をしのぶ作業をやる羽目になってしまったのさ、私! と、誰もが思っていたに違いないが、こういう極度の(というほどでもないが)緊張が続くと、人間、なぜが精神状態が異様にハイになるものである。
 ハイにでもならなきゃ~やっとられんわっ! というのもあったが、何しろそこは、どんな状況でも何かしゃべっていないと落ち着かない大阪人の集団なので、
「この状況、ほとんど『コンバット』のノリや」
と、言い出す同僚が出てくるかと思えば、
「いや~、ここは『コンバット』というより、アレやろう」
と、台車を押しながら、チャッチャッチャチャ♪ チャッチャッチャチャ♪ と、あの懐かしのメロディーを、半ばヤケクソで口ずさみつつ、
「おはよう〇〇君(同僚の名)、今日の君の任務だが………」
などと口走って、一応仕事中だというのに、『スパイ大作戦』ごっこを始めるバカまで出てくる始末だった。そのバカとは、私のことであるが。
 ちなみに、何とか無事に(つまり秘密裏のうちに)×××を運び終え、△△製本所の社長も、何も気づかず帰っていったあとで、どうせハイになったついでやから、と、
「いや~、今日の気分は『スパイ大作戦』そのものでしたわ!」
と言ってやったら、うちの社長以下、社員一同に、なぜか異様にウケたと記憶する。別に、ウケようと思って言ったんではないんですがね………。

 ところで、『スパイ大作戦』。
 1966年に、アメリカで始まったテレビドラマ。日本での放送は1967年、まさに今から50年前だが、この当時の本放送については、私は、たとえ見たとしても、記憶できる歳ではないので、念のため。
 人気のドラマだったので、かなり繰り返し再放送されていて(今もどこかでされているはず)、私が見たのは、その再放送のほうである。
 そして、『スパイ大作戦』とは、放送に合わせてつけられた日本語のタイトル。
 英語の原題は、『 Mission Impossible 』。
 トム・クルーズ主演の大ヒット映画、『ミッションインポッシブル』が、このドラマをもとに製作されたものだ、と私が知ったのは、遅すぎるというか間が抜けてるというか、映画がテレビ放送された時だった。
 何しろ、テレビドラマのタイトルは『スパイ大作戦』で覚えてしまっているし、英語の原題のことなんか知らないから、『ミッションインポッシブル』と、タイトルだけ聞いても、全然、ピンとこない。
 映画に流れたテーマ曲を聞いて、やっと、「あ~~~!」と気づいたクチなんである。
 ビルの側面を突っ走るイーサン・ハントに、「ぎょえ~~~っ!」と叫びつつ、「うう~む、50年前にテレビのほうで、これができていたら………」と、思わず考えたが、いくら、当時のアメリカの特殊映像技術が、日本のそれをはるかに上回るものであっても、そりゃ~無理というものだわな。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。

スポンサーサイト

私は〇〇社員です

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 大阪人は、イラチである。
 イラチというのは、早い話がせっかちのことで、特に中小零細企業の社長や営業担当は、会社が自転車操業であることも多いから、仕事の発注、納期、納品、そして資金繰りに至るまで、考えると、じっとしていられないのだろう。とにかく1年じゅう、セカセカ、イライラ、ウロウロしている。
 私が若いことに勤めていたのも、そんな零細企業だったから、納期や資金繰りのことを考えて、じっとしていられない社長の気持ちは、何となく判る。
 判るが、しかし。やはり、物事には限度というモノもあるのだ。

 私の勤務先の営業開始は、午前9時からだった。社員の出勤は、繁忙期を除けば、だいたい8時40分頃からだったが、掃除当番なるものがあって、その当番に当たった社員だけは、8時すぎには出社していた。
 床を掃いたり、デスクを拭いたり、お茶用のお湯を沸かしたり、と、掃除当番はけっこう忙しい。嗚呼、それなのに、それなのに。その、バタバタと忙しい時に限って電話が鳴るのである。
 鳴る時刻はだいたい、8時半すぎ。もちろん、うちの会社は、まだ営業開始前の時間であって、掃除当番以外は、誰も出社していない。営業開始前なんだから、電話が鳴ろうが得意先が吼えようが、放っておけばよさそうなものだが、そこは、お互い自転車操業の零細企業の悲しさ。どんな注文が入ってくるか判らないから、一応、電話に出ないわけにはいかず、雑巾片手に受話器をとるしかない。
「はい、おはようございます、〇〇出版でございます」
「あ~~~、△△印刷やけど、社長はん、来てはる?」
「申し訳ありません。うちは9時からなので、まだ来ておりません」
「あ、そう。うちの始業は8時半やから、電話したんやけど、まだ来てない?」
 ………アンタんとこの始業時間のことなんか、知らんわっ! うちは9時からやと言うとろうが!
 資金繰りその他で頭がいっぱいの社長はんたちは、自分(の会社)の都合のことしか考えてないので、この手の電話は日常茶飯事。自分の会社の始業時間に合わせて、うちの社長や営業担当も、早めに出勤してくるもんだと思い込んでるのか、このおっさんは!
 そう怒鳴りたいのを、ググッとこらえて、
「社長に御用でしたら、9時前には出社してると思いますが………」
「あ、そう。ほな、社長はんが来はったら、うちに一番に電話するよう言うといてや!」
 ガチャン。
 こんな電話が、8時半から8時45分までの15分間に、月末近しともなると、3~4件かかってきたりする。仕方ないので、とにかく電話がかかってきた順に、メモをとって社長に報告。
「△△印刷さん、□□出版さん、××出版さん、皆さん全員、自分とこに一番に電話してくれって、言うてはりましたけど、どないしはります?」
 かくて、うちの社長は出社と同時に、その朝「一番」の電話を、数件にわたってかける羽目になるのである。皆さん、自分のところにかかってきたのが、ホンマに一番最初だと信じてたんだろうか?

 しかし、こんなのは、まだいい(あまりよくないが)。
 某同僚は、掃除当番の時、やっぱり8時半すぎに電話が鳴ったので仕方なく出てみたら、案の定、得意先から、社長か営業担当はいないか、との電話。
 彼女は電話応対が苦手で、その上、掃除中でイラついてたので、思わず、
「まだ始業前なんで、会社には誰も来ておりませんっっっ!」
と、叫んでしまった。
 それを聞いた先方曰く、
「会社には誰も来てないって、ほな、今、電話に出てるアンタは、誰やっ?」
 ………同僚は、右手に受話器、左手に雑巾をつかんで、ふるふると震えながら、いっそこのまま受話器を叩きつけるか、さもなければ、
「はい~~~、実は私、幽霊社員なんです~~~。うらめしや~~~」
とでも言ってやろうか、と、マジで数秒間、真剣に考えたらしい。
 考えた末、どちらも実行には至らなかったので、すべては平和裏のうちに終わったけれど。受話器を叩きつけるのは論外としても、ここは一応、大阪なんやから、「幽霊社員どすえ~~~」ぐらいは言ってやりゃ~よかったのに、と、今でも思うことがある私だった。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


十人十色、営業七色

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 私は短大を出てから十数年、小さな印刷会社でワープロや編集作業を担当していたが、特に編集作業の場合、図面や写真の確認などのため、相手先の営業担当と話すことも多かった。
 十人十色というか、営業七色というか(そんなことわざはないです)。
 どんな会社も、営業担当は押しの強い人が多い。押しが強くなければ、営業なんて勤まらないからだが、結果として、その仕事を請け負った私たちが振り回される羽目になる。
 それが、仕事の内容で振り回されるのであれば、まだいい。
 しかし、仕事とは全然関係ないことで振り回される場合も多々あるので、特にいろいろと問題の多い営業担当(早い話がブラックリスト入りの要注意人物)が、「まいどぉ~~~♪」とやってこようものなら、編集の部屋全体に緊張が走る。漫画でいうと、黒のバックに稲妻が走ったような感じだ。

 某会社の某営業担当は、お客様用のお茶(日本茶)を入れに立とうとした私を制止して、いけしゃあしゃあと、こう、言い放った。
「あ~~~、ワシ、お茶やなくって、向かいの喫茶店のコーヒーがエエわ!」
 は、はぁぁ~~~っ? 何ですかっ?
 唖然と口を開けた私にはかまわず、
「あそこのコーヒー、美味いねん。出前してもろて!」
 ………他社の営業担当なんだから、一応、お客様ではあるけれど。
 喫茶店までご指名なさったお客様は、私が記憶する限り、このおっさん(もはや営業と呼ぶのも片腹痛し!)ただひとりである。
 大企業であったなら、給湯室に、お茶、コーヒー、紅茶その他の一式がそろっているのだろうが、零細企業に、そんな充実した給湯室はない(あくまで私が勤務していた会社は、ですが)。ついでに書くと、飲み物も、日本茶1種類しか、置いてない!
 経費節減が当たり前やのに、金払って、コーヒーを出前してもらえ、だとぉっ!
 金は出すから出前して、というのであれば、まだ判るが。
 コーヒーの代金は、こちら持ちなのである。

 また、別の会社の某営業担当は、とにかく、電話で話す時の声が小さな人だった。多分、受話器を口もとに近づけずに話すタイプだったのだろうと思うが。
 こちらとしては、先方の指示や変更を聞き逃すまいと必死なので、声が小さくて聞き取りにくいと、かなり焦る。聞き間違えて、印刷のやり直し、なんてことになったら、責任問題だからだ。
 あまりにも聞き取りにくいので、ある日、とうとう業を煮やして、しかし、それでも一応お客様なのだから、礼儀正しく丁寧に、
「申し訳ございません、お声が、少しだけ遠いのですが~~~」
と、言ってみたところ、そのおっさん(営業と呼ぶのも………以下略)、にこやかに、
「あ~~~、すまんなぁ~~~。うち、電話料金を払うとらんさかいに、その分、声が聞こえにくくなっとるんやわ、きっと」
 ………私は、手から受話器を取り落としそうになった。
 こんな時に、意図的なボケをかますな、おっさんっ! 電話料金を払うとらんかったら、まず、電話そのものが通じへんはずですやろがっっっ! と、ツッコミたかったが、やめておいた。
 いくら、ボケとツッコミが大阪の文化みたいなものだといっても、自分よりはるかに歳上の、しかも仕事上の目上の人相手にツッコむのは、ちょっと勇気がいるのである。ツッコんだあとの責任を、自分で取れるというのなら、話は別だが。

 これ以外にも、別の某会社の某営業担当は、強引に他社の仕事をもぎ取った(早い話が横取りした)とか、そのことを恨まれて、カーブの多い山道を車で走っていた時、いきなり後ろからトラックに追突されて、グイグイと押されて崖から車ごと落とされそうになった、とか………おいおい、どこぞのハリウッド映画に出演しはったんですか、と言いたくなるような逸話の持ち主だった。
 あな、おそろしや、「営業の世界」である。
 皆さん、今もお元気であろうか。崖から落っことされてないだろうか。
 今となっては、それだけが気がかりだ。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


〇〇ですやろかと聞かれても

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 天然ボケ、という言葉がある。略して、天然。
 まったく意識せずにボケを連発して、まわりからツッコまれる人のことで、大阪には、ざらにいる。というか、ボケとツッコミが文化のひとつなので、目立つというだけかもしれないが。
 大阪で、「アンタ、天然やなぁ」とか、「あの子、天然入ってる」と言われたら、それは、「愛すべきアホなヤツ」という意味であることが多いので、関東圏の皆さん、もし言われても、あまり気になさらないように。

 閑話休題。
 今だから言うが、私はウン十年もの間、大阪で暮らしていながら(生まれは大阪ではないので)、かなり長いこと、この「天然」の意味をカン違いして暮らしていた。
 あろうことか、天然=天然パーマ、だと信じ込んでいたのだ(アホである)。
 だから、天然=天然ボケ、の意味だと知った時は、かなり驚いた(アホの上塗りである)。
「天然って、天然ボケの人のことやったんっ?」
と、仕事中に大声で聞いてしまい、社内を思いっきり、沈黙させた(アホの中のアホである)。
「おいおい、アンタ、天然って何のことやと思うとったんや?」
「いや、その、天然パーマのことやろうと………」
 大爆笑した同僚たちは、そのあとで、こう付け加えてくださった。
「そういうアンタみたいなヤツのことを、ホンマもんの天然っちゅうんや!」
 ………うう~む、名言だ(感心しとる場合か、私っ!)。

 そういうわけで(どういうわけ?)、私も含めて、大阪は天然な人が多い。
 先日も、勤務先の精肉売り場で、せっせと豚肉の仕分けをしていたら、隣で同じ作業をしていた同僚が、お好み焼き用の豚肉の脂身を眺めながら、ふと、聞いてきた。
「なぁ、豚肉って、よく食べる?」
「う~ん、どっちかって言えば、豚肉より鶏肉かなぁ。豚もキライやないけど」
「私は豚肉、好きとちゃうねん。………自分がブタやから

 私が、手に持っていた豚の肩ロースのパックを、その場にバラまきそうになったのは、言うまでもない。まったく、職場でいきなり、何を言わはりますねんなっっっ!
 相手が自分の親兄弟や身内、さもなきゃ極めて親しい友人同士であったなら、
「うん、そうやな、ブタはブタでもイノブタや」
「いや~、ブタというより、イノシシのほうやろ~」
などと、ツッコんでも問題はないと思うが(いや、場合によっては問題もあるが)。いくら何でも、同僚相手にそこまでツッコんだら、後でエライことになりかねない。
 私は、のけぞりかけた体をささえつつ、
「フォローに困ることを、言わんといてくださいっっっ!」

 ちなみに、その同僚、膝の痛みで整形外科に通っている。
 整形外科で、膝や腰の痛みというと、ドクターからダイエットを薦められることも多い。彼女もご多分にもれず、体重を減らすよう言われ続けているのだが、中高年のダイエットというのは、なかなかうまくいかないのが常である。
 そんなある日の診察の時、同僚は、たまたま着ていたのが、可愛いブタの模様を描いた服であったことに気づかず、目の前のドクターに、ぽつりと一言。
「先生、私って、やっぱりブタですやろか?」
 ………ドクターは、持っていたカルテを取り落としそうになったらしい。
「ブタの模様の服着て、ブタですやろか、と聞かれても、僕はなんてフォローすりゃエエの?」
 その時のドクターの心中、察するに余りある。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


決意したにもかかわらず

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 マイブーム ああマイブーム マイブーム 寄せては返す 性懲りもなく

 なんだか、出来損ないの川柳、いや狂歌みたいな出だしになってしまったが、真面目な話、私は自分で自分に困り果てているのだ。一体、何をどうやったら、長続きしないモノに手を出して、次から次へと、新たなマイブームを生み出す羽目にならないようにできるのか、と。
 とにかく、私のマイブームは長続きしない。ああ、いや、長続きしないからマイブームなのであって、もしも長続きできたなら、それはもはや、マイブームにあらず。格上げして、趣味と呼ぶべきだろう。
 この十数年、私は、うんざりするくらい多くのモノに手を出しては、結局、最短1ヶ月で放り出す結果に陥っている。よく考えたら最短1ヶ月というのは、例の膠原病からくる肝臓の検査入院やら何やら、その他諸々雑事が多すぎた直後の最短1ヶ月だったから、まぁ、これは致し方がないか。

 詳しく説明すると長くなるので省くが、私は、1日4時間のパートの仕事と、日常の買い物、そして通院(膠原病のため)。これら3つの事情以外で、家の外に出ることが難しい。もちろん、全く出られないわけではないが、体の調子がよろしくない親に負担をかけるのもイヤなので、もういいや、別にどこかへ出かけなくたって生きていけるから、と、あきらめている。
 人間、一度あきらめてしまえば、別に遠出や外出不可能でも、大して不都合はないものだが、そのおかげで、私のエネルギーや関心事は、親や飼い猫のことも含めて、すべてが家の内側に向いてしまったらしい。
 だって、手を出してはいつの間にか忘れ去ってきた我がマイブームの数々を、今、改めて思い起こしてみると、皆、「家の中でひとりで出来ること」ばかりなのだ。
 ああ、いや、外出ができなくなった結果、家の中でも可能な内容を選ぶしかなかった、と言ってしまえば、それまでなのだが。

 最初のマイブームは、編み物だった。当時、猫ブログ内で流行っていた「あみねこ」の製作に私もハマり、もともと、指先を動かすことが好きだったから、一度やり方を覚えてしまうと、それこそ、「振りがついた」状態になって、とまらなくなった。編んでは組み立て、組み立てては、また編み………「あみねこ」だけで、何体作ったんだか、記憶にない。
 そのうち、「あみねこ」以外にも手を出すようになった。自分用に簡単なマフラーを編んだり、母に帽子を編んだりもした。今にして思えば、このマイブームが、多分、一番長続きした。3年ほども続いただろうか。だが、長男猫のレンの旅立ちと前後するようにして、急速に、熱が冷めたような気がする。
 編み物とほぼ同時に、洋裁にも手を出してみた。小型のミシンまで買って、バッグや小物をちょこちょこと作った。が、この熱が冷めるのは、確か、編み物よりも早かったと思う。理由は、必需品の縫い針やマチ針を使うのが、怖くなってしまったから。猫が、針や糸にちょっかいを出してくるので、少し、いや、かなり危険だったのだ(ならば、最初から手を出さねばよさそうなモノだが………)。
 編み物の熱が冷めたあと、半年ほどの間だが、ビーズ細工にも手を出した。これまた、猫がビーズにちょっかいを出すので、ヘタなことをしてビーズを飲み込まれては、と思うと怖くなり、やっぱりやめた。

 このあたりから、なるべく、猫がちょっかいを出しても比較的安全なモノは何か? という基準で、手を出すものを選択し始めたのではないかと思う。
 次は確か、和手毬だった。遊ぶための手毬ではない。糸を巻いて毬の土台を作って、その上に専用の色糸で幾何学模様を描いていく、つまり飾り物の手毬だが、このブームも、1年ほどだった。
 その次は、エコクラフト。クラフトテープという再生紙で出来たテープを編んで、バッグやカゴを作るというモノだったが、こちらも挫折。編み続けているうちに、指が痛くなって腱鞘炎になりかけたからだ。
 次は(このあたりから順序が曖昧である)、粘土細工。白や半透明の樹脂粘土を使って、猫人形の製作を試みた。そして、言うまでもなく、また挫折した。やっぱり半年ほどだった。
 続いて、羊毛フェルト細工。これは1年ぐらいは続いただろうか。粘土と同様、猫人形を作っていた。しかし、小さなモノならばともかく、大きめのリアルな人形となると、どうしても、保管場所の問題が発生する上に、一度完成させてしまったら、何しろ人形なので、捨てることができない。これまた、挫折した。
 そして、オーブン陶芸。ここまでくると、比較的、最近の話だ。オーブンと専用の土を使って陶芸品が作れる、というので、それは面白そうだ、と、ネットで初心者向けの材料のセットをそろえた、まではよかったのだが、そこまでだった。なぜか、材料をそろえただけで、熱が冷めてしまったのだ。
 そういえば、組み紐(ミサンガ)作りに、一時期、ハマったこともあった。ラインストーンで、小物にデコレーションするのに夢中になった時期も、確か、あった………。
 それらすべてが、今や、忘却と挫折の彼方である。買いそろえた道具類だけが、虚しく部屋のどこか(収納した場所も判らなくなりかけてる)で、ほこりをかぶっている。
 嗚呼、もぉ、全く、情けないったらありゃしない!

 さすがに、このあたりまで来たところで、さしも学習能力の低い私の脳みそも、いい加減に懲りてきた。もうやめよう、何にも手を出すまい、何もしなくたっていいじゃないか、家でテレビを見てるだけだって、それなりに十分に幸せじゃないか、と、自分に言い聞かせてきた、はずだった。
 はずだったのだが、ふと気がつくと………
 新聞に出ている手芸用品セットの通販の広告を見ては、「おっ、可愛い♪」「これならできるかも♪」などと、見入っている自分の姿が、そこにあるじゃ~ありませんかっ!
 冗談じゃない! もう懲りたのだ! 懲りたったら、懲りたのだ!
 やるまいぞ、手を出すまいぞ! これ以上のマイブームは出すまいぞ!

 ………と、決意したにもかかわらず。
 ネットのショッピングサイトから手芸用品コーナーを検索しては、開始にあたってどんなモノが必要か、と細かなチェックを始めてしまう懲りない自分に気がついて、あ~あ、と自己嫌悪に陥っていたのが、実は2ヶ月ほど前のことになるんである。
 で、2ヶ月後の今、どうなっているのか、って?
 聞かないでくださいよ、自己嫌悪に拍車がかかるから!


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。



« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ランキング
1日1回、1クリック有効
ぽちっとよろしく♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ




現在、少々多忙につき、
申し訳ございませんが、
コメント返しは休止して
おります。


本日までの総アクセス数
我が家のお猫様たち
タカヤ君♪

タカヤ(男の子)
アメリカンショートヘア
(ブルーシルバータビー)
2005.10.19.生まれ


マル君♪

マル(男の子)
マンチカン
(レッドタビー)
2011.11.05.生まれ


レン君♪

レン(男の子)
アメリカンショートヘア
(シルバータビー)
2001.3.25.生まれ
2011.2. 2.虹の橋へ
(享年9歳と10ヶ月)
(「虹の橋通信」の担当ニャン)


当ブログの画像の著作権その他は、管理人「あめぶら」の所有となります。

著作権を放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

アダルト・中傷その他の不快なコメントにつきましては、当方の判断で削除いたします。
月別アーカイブ
QRコード
QR
お気に入りリンク
ブログ内検索