我が家のお猫様の優雅な毎日

アメショのタカヤ君とマンチカンのマル君、虹の橋のレン君のお気楽日記♪

〇〇にハマる

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 マイブーム、と呼ぶほどのものではないが。
 数ヶ月前、つまり今年の春ごろから、さつま芋にハマっている。
 ことの起こりは、たまたまネットで取り寄せてみた「冷凍焼き芋」が美味しかったからで、それをきっかけに、今はスイーツ並みに柔らかくて甘い、ブランドさつま芋があることを知った(つまり、それまで知らなかった)。
 うちの近所でも、同じさつま芋を手に入れられるだろうか、と、まず勤務先のスーパーの野菜コーナーをのぞいてみると、おお、あるではないか。
 安納芋、紅はるか、シルクスイート etc ………焼き芋として取り寄せたのと同じ種類のブランド芋が並んでいる。さっそく、安納芋を買って帰って、電子レンジで、手軽にチン♪
 ひと口、ぱくり♪
 ん? あれ? 何かが違う。お取り寄せした焼き芋と同じ種類のさつま芋なのに、味が全然、違ってる。甘くないことはないけれど、ねっとり感やしっとり感が、まるでない。たまたま、質のよくない芋を買ってしまったのだろうか? いや、それにしても、この味の違いは………。
 原因は、わりとすぐに明らかになった。
 ネットでは、焼き芋ではない生のさつま芋を取り寄せることもできるが、たまたま、そのさつま芋の商品ページを見ていたら、ごく小さな文字で、こう記されていたのだ。
「安納芋や紅はるかなどのブランド芋は、電子レンジでチンしないでください。美味しくなくなります」

 がび~ん! と叫びたくなる時というのは、こういう時だ。
 私、美味しいブランド芋を、わざわざ不味くして食べていたのね、しくしくしく………。
 つまり、石焼き芋を作るのと同じ要領で、じっくり、じわじわと過熱しなければ、ねっとり、トロトロのスイーツのような焼き上がりにはならない、ということか。
 ネットで焼き芋になったモノを取り寄せるのが、一番お手軽だというのは判っているが、金額面を考えると、スーパーでさつま芋を買って、家で石焼き芋のように焼くほうが、断然、安上がりに決まっている。
 家庭で石焼き芋を作ることのできる鍋、あるいは電子レンジで石焼き芋を作ることのできる容器、というのもあるけれど、うう~む、そういうモノを買ってまで、石焼き芋を作りたいか?
 答えは否、だったのだが、でも、ねっとりとジューシーなブランドさつま芋の石焼き芋の味もまた、ちょっとばかり、忘れがたい。何とか、鍋や容器を買わずに家で作る方法はないものか?
 ぐるりとキッチンを見渡して………
 使えるとしたら、これしかないな、と白羽の矢を立てたのが、パンを焼くオーブントースターだった。これなら、加熱して中の温度が熱くなりすぎた時は、サーモスタットが働いて、一時的に加熱を中断してくれる。つまり、熱くなりすぎない状態で、じっくりじわじわと焼けるはずだ。
 安納芋を買ってきて、再度、チャレンジ!
 洗った安納芋をホイルでくるんで、時々、上下をひっくり返しながら、30分。そのあとは、ホイルを開いた状態にして、これまた上下をひっくり返しつつ、30分から40分ぐらい。
 中に火が通っているかどうか、確認するために竹串を刺すと、その竹串の穴から、黄色い蜜がジュワッと吹き出してきた。おお、焼けている、焼けている!
 果たして結果は………大成功であった。私としては珍しく。
 ネットで取り寄せた石焼き芋と同じくらい、ねっとり、しっとり、トロトロにジューシーなブランド芋の焼き芋が、できあがったのだ。
 文字通り味をしめた私は、それから時々、勤務先のスーパーで安納芋や紅はるかを買ってきては、オーブントースターで焼き芋にして食べた。
 小ぶりの芋なら、一度に3個は焼くことができるので、余った分は冷凍庫へ。この冷凍焼き芋、冷蔵庫で自然解凍して、冷たいまま食べても、甘くて美味い。
 ただ、今のこの時期、焼き芋を作るには少々暑すぎる。それに、目当てのブランド芋も、さすがに旬を過ぎたらしくて、店頭に並ばなくなってきた。
 しばらく中断して、秋に新しい芋が出るのを、待つかな。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。

スポンサーサイト

オバさんは疲れたよ

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 このところ、NHKのBSプレミアムでは、深夜に他局制作のアニメを放送することが多い。何年か前は、確か「セーラームーン」をやってた(見てないけど)。さらにそのあとは、「ベルサイユのばら」をやってた(これも見てないけど)。もちろん、コマーシャルなしで(当たり前か)。
 BSとはいえ、NHKが他局のアニメを放送するようになろうとは、いやはや、少し前に石原裕次郎の没後30年企画で「西部警察」の最終回が放送された時もたまげたが、マジで、時代はどんどん変わっていくのですなぁ。
 ちなみに、去年の9月から今年の3月までの半年間は、「新世紀エヴァンゲリオン」全26話が放送されていた。エヴァンゲリオン、略して「エヴァ」。私にとっては、長らく、その主題歌「残酷な天使のテーゼ」しか知らなかった作品である。う~ん、歌は好きだったけど、内容は全然、見たことなかったなぁ。どんなアニメなんだ?

 と、いうわけで。全話、録画しておきましたとも。半年かけて。
 そして、つい先日、その全話を数日かけて、ぶっ通しで見ましたとも。
 おかげで頭の中ではまだ、使途だのアダムだのリリスだの、セカンドインパクトがど~したの、シンクロ率がこ~したの、と、意味不明のエヴァ用語がグルグル回っている。
 回ってはいるのだが、それでは、内容を正しく理解できたのかというと………

 よく、判らん (-_-;)

 面白くなかったのでは、ない。それなりに、ちゃんと、面白かった。面白かったのだが、ストーリー設定の細かい部分を理解しようとすると、アラフィフのおばさんの疲れた脳みそは拒絶反応を起こすようで、その内容に半分もついていけないのだ(アニメにもエヴァにも興味ない人には、もっと意味不明の話ですよね、スイマセン)。
 比較的若い時に見ていたら、きちんと理解できたし、それなりにハマっていたかもしれない。面白かったと思いながらも、よく判らんとも思ってしまったのは、ひとえに、我が脳みその老化現象の故であろう。
 ああ、私たち、出会うのが遅すぎたんですね、などと、どこぞの三流恋愛ドラマみたいなセリフをつぶやくしかない、今日この頃である。
 さらにちょっとショック?だったのは、キャラクターの顔と名前を覚えるのにも四苦八苦してしまう自分の姿を、そこに発見してしまったことだ。子どもの頃、あるいは20代ぐらいまでの若いころに見たアニメ(やドラマ)の登場人物の名は、少々ややこしくったって、きちんと覚えられたというのに!
 嗚呼、歳はとりたくない………しくしくしく。
 そんなわけで、私は、あのアニメを見終わった今でも、キャラの顔と名が混乱している。ええ~と、このおねえさんはなんて名前だっけ? ミサキ? いやちがった、ミサトか! 彼女が0号機のパイロット………じゃない、0号機のパイロットはレイだ! そして初号機のパイロットがアスカ? いやちがう、初号機に乗るのは主人公のシンジだった!
 そもそも、使途ってナンデスカ? 人類補完計画って、ナンデスカ?
 誰か、判りやすく教えてくださ~いっっっ!
 ………ああ、やれやれ、とにかく疲れた(アニメを見てて疲れるとは!)。
 もしも、どのキャラが一番好きか、と聞かれたら。
 ミサトの飼っていた?ペンギンが、可愛くて好きだと答えることにしよう。
 しかし、なんで彼女はペンギンを飼ってたのだ? よく判らん (-_-;)

 繰り返して何度も見ていれば、もっと理解できるのかもしれないんだけど。我がテレビの録画機能はテレビとの一体型なので、見終わったら消していかないと、次の予約録画に必要な残り時間がなくなってしまう。
 だって、「エヴァ」のあとには、これまた他局のアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」が控えてるんだもの(現在放送中)。これも、タイトルしか知らなかったアニメだけど。まぁ、こちらはライトノベルが原作の学園コメディタッチらしいから、「エヴァ」ほど、頭は混乱するまい(と思う)。
 ちなみに、ヒロイン涼宮ハルヒの人物像はというと、出るとこは出てるナイスバディな美少女。成績優秀、運動神経抜群、料理などの腕前もなかなかのもので、「性格以外は問題はない」のだそうだが。
 いえ、あの、それってつまり………「性格に大いに問題あり」ってことでしょ?
 で、彼女の、その性格、「唯我独尊」「傍若無人」「猪突猛進」だそうである。
 もしも彼女が実在したとして、おつきあいしたいとは、ちょっと、思わん (-_-;)
 まぁ、全話録画し終わったら、ちゃんと見る予定ではあるけどね。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


おトイレ事情と爪切りと

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 7匹の猫が、横一列にズラリと並んで、食事をしている。
 主人公(西島秀俊)はそれを確認しながら、今度は猫トイレの掃除にかかる。
 7匹もいるのだから、トイレ掃除も大変だ。
 せっせと掃除をし終わったところで、食事を済ませた7匹の猫たちがやってくる。
 たった今、掃除を済ませたばかりのトイレに入って、ちぃ~~~っと排泄。
 主人公、天を仰ぐ………。

 NHKで金曜午後10時に放送中のドラマ10、「ブランケットキャッツ」第2話の1場面である。
 もちろん、私は予約録画してあるので、例のごとく、あとでまとめて見るつもりなのだが、たまたま上記の場面に出くわして、笑いながら、うんうん、あるある、とうなずいてしまった。
 別に7匹も猫がいなくとも、猫を飼っておられる人なら、多少なりとも経験がおありだろう。
 何故? どうして? 今、そこで、それをするのだっ!
 と、猫相手に訴えたくなるような事態に、遭遇したという経験が。

 うちにも、同じようなことをするヤツがいる。タカヤはほとんどやらないのだが、マルは、ほぼ確実に、上記のドラマの猫たちと同じ行動をとるのである。
 私がトイレをキレイにしたとたん、さっさとやってきて、そのキレイにしたトイレに入り、さも当然といった顔で、用を足す。3つのトイレがすべて汚れていたというのなら、さもありなん、と納得するが。汚れていないままのトイレがあっても、そこで用は足さずに、私がトイレを掃除するのを見計らっているフシがある。
 猫がキレイ好きというのは、この十数年で骨身に染みているが、マルの場合、単に汚れてさえいなければ、どのトイレでもいい、というわけではないらしい。
 どうやら、私が掃除をしたばかりのトイレが一番キレイだ、と思っているらしいのだ。
 そんなことが、あるわけないでしょ。そっちのトイレ、まだタカヤさんが使ってないから、キレイでしょ。そっちを使えばいいじゃないの! と説教したところで、効き目はない。
 西島秀俊演じる、ドラマ「ブランケットキャッツ」の主人公ではないが、キレイにしたばかりのトイレを汚されることほど、気分が萎えるモノはない。私も毎回、天を仰いでいる。

 ………と、猫のおトイレ事情はさておき、「ブランケットキャッツ」の7匹の猫たちは、予告編などをチラリと見る限り、皆、なかなかの芸達者だ。
 高い場所から西島秀俊の背中に、ドスンと飛び降りて驚かせたり。そうかと思えば、おとなしく膝に抱っこされて、爪を切ってもらったり。
 ああ、そうだ、猫の爪切り!
 私にとって、おとなしく爪を切らせる猫ほど、ウラヤマシイ存在はない。タカヤもマルも、爪切りが大キライなのだ。最低、月に一度は爪切りをしないと伸びてきて危ないのだが、これが、母とふたりがかりの大騒動。無事に成功したためしがない。途中で大暴れして逃げ出すから、切ったのは前足1本だけ、などという情けない結果になる。
 トイレの掃除云々などより、こちらのほうが、我が家にとっては問題だ。
 掃除したばかりのトイレを汚したっていいから、爪ぐらい、おとなしく切らせてくれないだろうか。

 ところで、余談になるが、「ブランケットキャッツ」に出演している7匹の猫の中の1匹は、本名を金時ちゃんという。その名とその外見からして、おそらく、ドラマ「猫忍」(映画もあったな)の『父上』役と同一人物、じゃなかった、同一猫であろうと思われる。あの色合い、あのデカさ、多分まちがいないと思うのだが………。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


そして誰もいなくなった

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 野生の生物が、この世に生まれて無事に大人になる、というか、次の子孫を残せるまでに成長できる確率は、生まれた数全体の、わずか3パーセントにすぎないという。
 まぁ、食物連鎖が上の階に行くにつれて、この確率は少しずつ高くなっていくわけだが、百獣の王ライオンでさえ、平均3~4匹生まれる子のうち、無事に育ち上がって次の子を残せるのは、野生の状態では半数ほどだというから、食うか食われるかの自然界の掟は、まったくもって厳しいモノだ。
 たった3パーセントしか生き残れなくて、よく、種の保存ができているもんだと感心するが、そこはそれ。食物連鎖が下位の生き物ほど、たくさんの子どもや卵を産むのが普通である。
 例えばホタルイカ。
 イカの仲間としては小型だが、その小さな体で、一度に1万個もの卵を産むという。
 ええ~と、その1万個の卵のうち、無事にふ化して成長するのは3パーセントだから、300匹。その300匹のうちの半数をメスと仮定すると150匹。
 その150匹のメスが、それぞれ1万個の卵を産むから、卵の数は150万個。150万個のうちの成長できる3パーセントは、ええと、ええ~と(ここで電卓を探す私)、45000匹。
 45000匹の半数をメスとして22500匹、そのメスが生む卵が、2億2500万個!
 その2億2500万個のうち………ああ、いや、計算はこのあたりでやめておこう。
 こりゃ、滅びることなく種族を保存できるのも無理はない。自然の摂理って、スゴい。

 なんでこんなことを書いたかといえば、自然界の生き物のドキュメンタリー番組を見ていて、小学生の頃に近くの田んぼでカエルの卵をとってきて、その成長過程を見続けたことを思い出したせいである。
 多分、トノサマガエルの卵だったと思うのだが、家にあった金属製の大きな洗面器に入れて、当時住んでいたアパートの、玄関のすぐ外の廊下に置いて観察した。
 何しろ昔のことだから、専門の飼育ケースも持っていなかったし、そもそも、成長したカエルを飼育する意図などなかった。小学生の私としては、卵からオタマジャクシへ、オタマジャクシからカエルへ、という変化の過程さえ見られればよかったから、家の外の通路に置いておいたのだ。
 手足が生えてカエルになれば、勝手に洗面器から出ていって、外の世界で普通にカエルとして生きていくはず。ワタシ的には、それで十分だった。
 卵からは、次々とオタマジャクシがかえり、私は母にキャベツの芯や煮干しをもらって、洗面器の中に入れてやった。煮干しを入れたのは、タンパク質ほしさに共食いするのを防ぐためだ。
 煮干しの成果もあって、オタマジャクシはすくすく育った。
 やがて手が出る~♪ 足が出る~♪ というのは文部省唱歌(だったか?)の歌詞だけど、あれって、実際には反対である。最初に生えてくるのは足で、あとから生えるのが手なんですよね。
 ………ああ、いや、そんなことはどうでもよろしい。
 オタマジャクシは次々とカエルになり、1匹、また1匹、洗面器から出ていった。
 そして、ある日。学校から帰ると、洗面器は、空っぽになっていた。
 う~ん、そして誰もいなくなった………。
 などと、当時の私が思うはずはないが、とにかく、あ~~~終わったな、と、小学生ながらに妙に感慨深く思った(ような気がしないでもない)。
 あの時のカエルの卵、全部で何個あったんだろう。50個ぐらいじゃなかったかと思うが、もしも私が育てなかったら、その50個のうち、無事に成長できたのは、せいぜい1~2匹だったはずである。
 もちろん小学生の私は、野生動物の生存の確率など知らなかったが、もしも知っていたら、
「全員無事に育ててやったのに、礼も言わずにドロンとは、この恩知らずっ!」
とでも、叫んでやったところだ。

 あれから、40年以上が過ぎた(ああ、歳がバレる………)。
 あの当時、私と両親が暮らしていたアパートの周囲では、私が育てたカエルたちの子孫が、今も、ゲコゲコと元気よく鳴いているのだろうか。
 別に、恩返しなどいらない。
 このまま、あの地で、連綿と、命をつなげていってほしいものである。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


ワタシ、英語、ワカリマセ~ン

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 ちょっと前に録画しておいた、映画「タワーリングインフェルノ」を見た。
 いまどきの若い人には、「なに、それ?」かもしれないが、1974年(日本公開は1975年)に当時のハリウッドの2大映画会社が共同で作り上げた、パニック映画の金字塔である。
 130階建ての超高層ビルの落成記念パーティーのさなか、手抜き工事による火災が発生。燃え上がる炎、爆発、火だるまになって落下する人間。最上階に取り残された人々を救うべく、消防隊長オハラハン(スティーブ・マックィーン)と、ビルの設計者ダグ(ポール・ニューマン)が奔走する。
 今から40年以上前の映画であり、当然ながらこれまでに、字幕・吹き替え両方で何度となくテレビ放送されている。当然、私は何度となく見ていて、あらすじからセリフまで覚えてしまっているのだが、にもかかわらず、放送されると、またも録画して見てしまうのである。
 パニック映画と呼ばれる映画は山ほどあるし、映像技術の面から言えば、最近になって作られた映画のほうが、格段にレベルは上であるはずだ。しかし私は、「あなたにとって最高のパニック映画は何か?」と問われたら、ためらうことなく、この「タワーリングインフェルノ」をあげる。映像技術がどうの、という問題ではない。この映画が、私にとっては、「至上のパニック映画」なのだ。
 まぁ、初めて見たのが中学生の頃だったので、その強烈な印象が焼きついてしまって(やっぱり火事の映画だったからか?)、他の映画の入る余地がなくなってしまったのかもしれないが。
 ちなみに、私が見たのはテレビ初放送の時(多分)だったが、この映画を、公開された当時に劇場で見て、高層ビルやエレベーターの恐怖症になってしまった人がいる。さもありなん、としか言いようがない。あの迫力、あのリアリティ。テレビで見ていてさえ、相当に、おっかなかった。劇場で見たら、そりゃ、トラウマにもなるだろう。

 いかん。映画の評論をやりたいのではなかった。
 閑話休題。
 この「タワーリングインフェルノ」のタイトルは、英語の読みを、そのままカタカナに置き換えたものだが、そういえば、今の洋画、というかハリウッド映画のタイトルは、大半がこの形式、つまり、日本語に訳したタイトルではなく、英語の原題をカタカナにしたものが多くなってるんだよなぁ、と思ったのが、今回の話の元ネタみたいなモノである。
 というのも、私と一緒にこの映画を何度となく見ている母に、こう聞かれたのだ。
「タワーリング、は何となく判るけど、インフェルノって、何?」
 ………ああ、そうだ、そうなのだ。
 母に限らず、英語をよく知らない、習っていても苦手だった人間(私のことである)にとって、英語の原題のカタカナ表記は時として、いや、かなりの割合で、タイトルの意味そのものが全くつかめず、映画の内容も想像しにくい、という困った事態を招くのである。
 例えば、「ダイ・ハード」。大好きな映画のひとつだけど、タイトルだけは、未だに意味がよく判らないままの私。だって、「ダイ」は「死」でしょ? 「ハード」は、「硬い」とか「過激」って意味でしょ? どない訳せっちゅうねん!
 サメ映画の金字塔「ジョーズ」。ジョーズって何っ? と思っていたら、最近になって、「顎」のことだと知った。まぁ、直訳して「顎」なんてタイトルをつけるわけにもいかなかっただろうけど。
 海洋パニック映画、「ポセイドン・アドベンチャー」。私は最初、この映画、海の男の冒険物か何かだと思い込んでいた。だって、アドベンチャーといったら、「冒険」じゃ~ないですか!
 海の男といったら、「パイレーツ・オブ・カリビアン」。まぁ、これは、何とか判る。直訳すれば、「カリブ海の海賊たち」とでもなるのだろうから。
 そして、「ミッションインポッシブル」。ミッションは判るけど、インポッシブルって、何だっけ? 自慢にも何もならないが、中学・高校と英語を習ってきたにもかかわらず、私の英語力といったら、この程度である。嘆かわしい。
 インポッシブル、インポッシブル、impossible ………とブツブツつぶやきながら何とか調べて、やっと、原題の直訳が「遂行不可能な任務」だと判ったが、英語読みじゃ~さっぱり意味が判らんから、昔の日本語訳「スパイ大作戦」を使ってくれたほうが、よっぽどありがたかったよ、と言いそうになった。
 もっとも、「スパイ大作戦」なんてベタなタイトル、今の若い人からはそっぽ向かれるだろう、たぶん。

 昔の洋画タイトルの日本語訳には、かなりの異訳、つまり原題を無視したタイトルも多かったけど、その分、映画の内容は把握しやすかった、ような気がするのは、私だけなんだろうか?
 異訳といえば、すごいのがある。1930年代の大恐慌の時代に実在した、銀行強盗を繰り返す男女ふたりを主人公にした映画「ボニー&クライド(原題)」(1967年製作)というのがあるが、この映画、日本語で、こう訳された。
「俺たちに明日はない」。
 ………す、すごい。すごすぎる!
 何がどうすごいって、原題を完全に無視して訳したのもすごいけど、そのタイトルが、映画の内容と結末を的確に暗示してるのが、すごいじゃ~ないですかっ!(見たことない人には判りませんね、スミマセン)

 ところで、最後に、もうひとつ。
 母がたずねた、「タワーリングインフェルノ」のインフェルノ、とは、「地獄」のこと。
 つまり直訳すると、「そびえ立つ地獄」。
 う~ん、これは原題のカタカナ読みをタイトルにして、正解だったんだろうな、と思う反面、もし、日本語読みのタイトルがつけられていたとしたら、誰が、どんなふうに異訳してくれたんだろうか、と、考えないこともないな~。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。



« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ランキング
1日1回、1クリック有効
ぽちっとよろしく♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ




現在、少々多忙につき、
申し訳ございませんが、
コメント返しは休止して
おります。


本日までの総アクセス数
我が家のお猫様たち
タカヤ君♪

タカヤ(男の子)
アメリカンショートヘア
(ブルーシルバータビー)
2005.10.19.生まれ


マル君♪

マル(男の子)
マンチカン
(レッドタビー)
2011.11.05.生まれ


レン君♪

レン(男の子)
アメリカンショートヘア
(シルバータビー)
2001.3.25.生まれ
2011.2. 2.虹の橋へ
(享年9歳と10ヶ月)
(「虹の橋通信」の担当ニャン)


当ブログの画像の著作権その他は、管理人「あめぶら」の所有となります。

著作権を放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

アダルト・中傷その他の不快なコメントにつきましては、当方の判断で削除いたします。
月別アーカイブ
QRコード
QR
お気に入りリンク
ブログ内検索