我が家のお猫様の優雅な毎日

アメショのタカヤ君とマンチカンのマル君、虹の橋のレン君のお気楽日記♪

殆ど連想ゲーム

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 もう20年以上前(またもや、すごいタイムラグ)、印刷会社に勤めていた頃だが、「テープ起こし」という作業をときどきやった。
 「テープ起こし」とは、カセットテープに目覚まし時計のベルを聞かせて眠りから覚ます作業、というわけでは、もちろん、なくて(誰ですか、本気で信じたのは)。要は、カセットテープに録音された会議や講演の内容を、イヤホンで聞き取りながらワープロ入力する作業なのだが。
 何しろ、録音された声の中には、おそろしく早口の人や、発音不明瞭な人が山ほどいらっしゃるので、テープの音声を聞き取る耳と、ワープロのキーボード、そしてワープロの画面、と、3ヶ所に同時に神経を集中しなければならず、うまく聞き取れなかったりすると、次第に、入力する手にも殺気がこもってくる。
 ダン! ダン! ダダダダダッ! ダダン! ダンダンッ! ダダダダダダンッッッ!
 と、私の席から、キーボードを叩きつける異様な音が聞こえてきたが最後、上司も同僚も恐れをなして、誰も、周囲に近づいてこなかった(ような気がする)。
 最悪なのは、その当時、勤務先と取引が多かった土木関係各社の会議の入力で、何がどう最悪なのかといえば、専門用語が多すぎるのだ。
 どんな業界にも専門用語はあるはずだが、土木関係や医療関係(こちらはやったことはないが)の専門用語ほど難解な言葉はあるまい、と、私は未だに信じて疑わない。

「〇〇の、×××のキョーキャクにつきましては………」
 キョ、キョーハク? いや違った、キョーカク? キョーカクといったら胸郭? 胸がどうしたって? いや、これも違う。ああ、そうか、キョウキャク、つまり「橋脚」か!
「××の、△△△のクッサクにおきましては………」
 ク、クサク? 何が臭いって? いや、クッサクか。「掘削」、つまり掘ることか!
「△△の、〇〇〇の道路のカクフクについてですが………」
 カクフク? 道路に書いたり拭いたり? カクフク、カクフク………ああ、「拡幅」!
 他にもまだあるが、書いていたらきりがないから、このへんでやめておく。
 まったく、連想ゲームかいっっっ!

 しかし、専門用語と同じくらい困ったのが、この業界だけに通じる略語の数々。就職活動を「就活」と略したり、育児休業を「育休」と略すような、そんな簡単なレベルではなかったのだ。
 ハンコウさん、という呼び名が、やたらと出てくるのだが、誰かの名前だろうと見当がつくだけで、そもそも、どんな漢字を使うのかが判らない。同様に、ホンシさん、という呼び名も多発していて、こちらもハンコウさんと同様、漢字が不明である。
 判らない言葉は、とりあえずカタカナで入力していくことにしていたが、それにしても、ハンコウさん、ホンシさん、ハンコウさん、ホンシさん、と連発されるので、気になって仕方がない。
 変わった読み方の名前だよなぁ、どんな漢字を使うんだ?

 この私の疑問は、聞き取り入力も終盤にさしかかった時点で、やっと明らかになった。
 ハンコウさんは、「阪高さん」。ホンシさんは、「本四さん」。
 ちなみに、ふたつとも、人の名前ではない。
 阪神高速道路公団、略して「阪高」。
 本州四国連絡橋公団、略して「本四」。

 ………アンタら、それって、略しすぎやろっっっ!

 この略し方で、即座にフルネームを想像できる人間がいたら、別の意味でコワい。そんなことが可能なのは、それこそ、土木や建築関連の職業についている人間だけだろう。
 こうして、すったもんだの果てに、どうにか、業界の専門用語や略語を理解できるようになった頃には、聞き取るべきテープの残り時間は、あと数分になっていたりするのである………。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。

スポンサーサイト

相互理解の道は険しい

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 猫語の解読は、難しい。
 ゴハンやオヤツが欲しい時とか、遊んでほしい時、あるいは本格的に怒っている時の鳴き方だったら、だいたい判るが、それ以上となると複雑怪奇、適当に想像をめぐらすよりほかにない。
 ああ、ニャウリンガルよりもさらに高性能な、猫語の自動翻訳機があれば………と思う反面、いやいや、言葉が判らないからこそ、知らぬが仏で猫と暮らせるのではないか、という気も、しないでは、ない。
 だって、映画「ドクター・ドリトル」の中で、エディ・マーフィ演じる、動物の言葉が判るお医者さん、つまりドリトル先生相手に、彼の知り合いの飼い猫が、自分の飼い主を評して、曰く。
「こんなバカ、滅多にいないぜ。ケッケケ♪」
 ………まぁ、それは映画の中でのことなんだから、と、ご陽気に笑って済ませておいて、果たして、それでいいモンであろうか? 事実は映画よりも奇なり。もしも自分の飼い猫から、「あんなバカ」と思われているのだとしたら、腹が立つのを通り越して、なんだか、あまりにも悲しすぎるではないか。
 やはり猫語は、ある程度、複雑怪奇なままにしておくに限る。

 人間が猫語を理解する割合と、猫が人間語を理解する割合と、どちらが大きいかと聞かれたら、圧倒的に後者のほうが大きいはずだ、と、私は勝手に、ひとりで信じて疑わない。
 親バカと言われるのを承知で書くと、うちの猫は、もういない長男猫も含めて、自分の名前を正確に把握しているし(ちがう名前で呼んでも振り向かない)、「ごはん」、「おやつ」、「爪切り」、「病院」、「お薬」、「寝る時間」、「お部屋に行こう」、などなど、かなりの語彙の意味を理解している。
 うっかり「病院」などと口走ろうものなら、たちまち警戒されてしまうので、猫を病院に連れて行く必要がある時は、母も私も、不用意な発言をしないよう、万全の注意を払わなければならない。
 この前など、病院に行くのは猫じゃなくて私なのに、タカヤが警戒の目を向けてくるので、
「アンタの病院じゃ~ないんだよっ!」
と、必死で言い訳を繰り返さなければならなかった。
 動物学者の話を聞きかじってみたところによれば、犬と猫は、平均的に見て、人間の乳幼児と同レベルぐらいの知能を持っているのだそうで、なるほど、それならば「オヤツ」や「病院」、あるいはもっと複雑な言葉を理解できたとしても、頷ける。「好きなこと」と「嫌いなこと」をよく覚えているのも、人間の乳幼児とよく似ているし。
 だが、それならば、猫よりもはるかに高い知能を持つはずの人間が、猫語を、もっと正確に理解することができないのは、一体、どういうわけなんだか。
 それとも、そんなのは私だけか? ほかの飼い主の皆さんは、もっと正確に愛猫の言葉を理解しておられるのだろうか? だとしたら私も、タカヤとマルから、
「あんなバカ、滅多にいないぜ。ケッケケ♪」
と、陰で笑われているということに、なるような、ならないような………。
 嗚呼、いや、もう何も言うまい。
 もし、そうだとしたら、悲しすぎる。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


猫の首輪の鈴の意味とは

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 猫に食われないようにするには、どうしたらよいか、と、ネズミたちが集まって相談した結果、「猫の首に鈴をつけたらよい」、と決まったまではよかったが、では、誰が猫の首に鈴をつけに行くか、となると………名乗り出る者はいなかった、という物語だったか、寓話だったか。
 言うは易く行うは難し、の典型だけど、しかし、ふと、考える。
 仮に、勇気あるネズミが名乗り出て、首尾よく、猫の首に鈴をつけるのに成功したとして、果たしてそれが、猫の接近をネズミに知らせるため、充分に役立ってくれるものだろうか、と。

 前回も書いたけれど、猫が普通に、つまり静かに歩いている時、首輪の鈴は、ほとんど音を立てないのだ。首を動かしたり、走り出したりした時は別として、普通にスタスタと歩いている時、鈴は、チリとも鳴らないのである。
 販売されている猫の首輪の鈴が、小さいからなのではないか、と考えた私は、当時、レンの首輪に最初からついていた鈴を外して、別の鈴に付け替えた。手芸用品店で売っている、ひとまわり大きめサイズの鈴だったのだが、結果は同じ。レンが普通に歩いている時、鈴は全く鳴らなかった(早歩きする時は、鳴るようになったと思う)。
 うう~む、猫という動物は、こうも静かに音を立てないで歩くことができるのか、と、感心するやら、困るやら。とにかく、ふと気がついた時には、すぐそばに猫がきている、という状況がやたらと多いので、ぶつかりそうになったり、蹴飛ばしそうになったり、実際に蹴飛ばしてしまったことも、二度三度(いや、それ以上)。
 それだけではない。夜中にテレビを見ていて、ふと感じる、気配と視線………「振り返れば奴がいる」、じゃなかった、猫がいる。アンタは織田裕二かっっっ!

 閑話休題。
 こんな調子なので、たとえ、あの寓話の中に勇気あるネズミがちゃんと出てきて、猫の首に鈴をつけられたとしても、多分、そのネズミの行動は、単なる徒労に終わった可能性が高い。
 だって、普通に歩いていてさえ、殆ど鈴の音は立てない動物なのだ(まさかとは思うが、そんなのはうちの猫だけってことは……ないよな、多分)。獲物のネズミに忍び寄る時は、当然ながら抜き足差し足忍び足、いつも以上に音を立てずに接近するのが当たり前だろう。チリン、と音がして、ネズミがハッと気づいた時は、多分、猫が自分めがけて襲いかかる瞬間だった、ということになるのではあるまいか。
 我が家にはネズミはいないので、猫の獲物の対象は、オモチャか、さもなければ飼い主の私である。
 次男猫のタカヤに、私は言いたい。お願いだから、音もなく近づいてきて、いきなり背後から腰や背中に抱きついてくるのは、やめなさいっっっ!
 ………もちろん、彼の首輪にも鈴はついているのだが、当然のごとく、役には立っていない。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


気がつけばそこにいるヤツ

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 夜も更けたので、さぁ寝るか、と毛布にもぐって、枕の上に勢いよく、ドスンと頭を乗っけたら。
「ふぎゃっっっ!」
 え? 何………? ふぎゃっ、って、何?
 と思う間もなく、枕(だと思っていたモノ)が、ゴソゴソっと音を立てて、私の頭の下で動いた!
 なんだなんだ、なんで枕が動くんだっ?
 そして、飛び起きた私の頭の下から、
「うみゃ~おぉぉぉ~~~っ!」
 抗議の声とともに這い出したのは、我が家の三男猫のマルだった。
 もちろん、マルが枕の上にいると知ってたら、最初から、ドスンと勢いよく頭を乗っけたりはしない。まったく、ついさっきまでいなかったはずなのに、いつの間に枕をぶんどっていたのだ、オマエさんは!

 実は、マルには、首輪をつけていない。
 我が家に連れてきた当初、つまり子猫の頃はつけていたのだが、ある日、何のはずみでそうなったのか、マルが、首輪を自分の下アゴにひっかけてしまう、という事態が発生。それも、一度と言わず二度三度! さるぐつわを噛ませたような状態になった、と言えば、判りやすいだろうか。
 自分で何とか外そうとして、マルは前足で口元をひっかいて大暴れ。
 母とふたりがかりで、暴れるマルを何とか捕獲し、首輪を外すことはできたものの、また、あんな事態になったら、と思うと、怖くて、首輪をつけられない。
 レンとタカヤは、子猫の時からずっと首輪をつけているが、その首輪を下アゴにひっかけたりしたのは、今のところ、我が家の猫ではマルだけである。なんであんな状態になったのか、未だに、原因がよく判らない。

 閑話休題。
 で、猫の首輪といったら、鈴が付き物。耳のいい猫には、あのチリチリという音は耳障りかもしれないが、鈴の音がしないと、猫が家の中のどこにいるのか、見当がつかなくて事故のもとなのだ、今回の、「枕だと思って勢いよく頭の下敷きにしてしまった事件」のように。
 とにかく猫は、動く時に音を立てない動物であり(鈴付き首輪をつけてても、静かに歩いてると鈴は鳴らない)、ふと気がついたら足元にいて、危うく蹴飛ばしかけた、なんていうのは日常茶飯事のできごとなので、マルにも、できるものならば、首輪をつけたい。
 つけたいのは山々だが、また、下アゴにひっかけでもしたら、と思うと、やっぱり逡巡する。
 逡巡しつつも、まぁ、私の頭の下敷きになったくらいで、そうそうケガをするわけもないだろうから、このままでもいいか………と思案しながら、今度こそ本物の枕に頭を乗っけた私の顔の周りを、「うにゃん! うみゃあ~~~ん!」と吼えながら、マルは、反時計回りにウロウロ、グルグル。
 当然、その過程においては、私の胸の上を遠慮会釈なく、ドスドスと踏みしめて歩くわけで。
 お、重い。
 レンやタカヤと比べれば、マルはかなり小柄な猫なのだが、それでも、3.5キロの物体に胸を踏んで歩かれたのでは、重いのに加えて………い、い、息苦しいではありませんかっっっ!
 ベッドの上のどこで寝てもいいから、私の胸を踏んで歩くのは、やめなさいっ!


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


嗚呼、地理的カン違い

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 前回、香川県の小豆島を「コマメジマ」「アズキジマ」と読んで下さった、私の、もと同僚について、また書く。もしかして、だいぶ前に一度くらい、書いたことがあるネタかもしれないのだが、彼女は漢字オンチというより地理オンチで、愉快なカン違いが多すぎるので、ダブっているかもしれないと思いつつ、やはり、書かずにはいられない。
 彼女とは別の同僚、Bさんとしておくが、そのBさんの出身地はどこだったか、とたずねたら、
「確か、四国の高松やって言うとったで~」
 ああ、高松ね、香川なのかぁ………と私がつぶやくと、
「ちゃうよ、高松やって言うたやろ、今」
 高松なんやろ? だから、香川……
「ちゃうって言うとるやんか! 香川やなくて、高松やっ!」
 高松は香川………いや、香川じゃなくって高松………
 一体なんなの、この意味不明な堂々巡りの会話はっ!

 私が、彼女のカン違いというか思い込みというか記憶違いというか、どれでも同じようなものだと思うが、そのことに気がつくのに、数秒かかった。
「アホかっっっ! 高松っちゅうのは、香川県の県庁所在地やっっっ!」

 確かに、県名イコール県庁所在地の名前、ではない場合も多いので、大阪に生まれ大阪で育ち、大阪以外の場所を知らない、「大阪で生まれた女」を地で行っていた彼女の思い込みも、ある意味、無理はないかもしれないのだが。
 それにしたって、香川県は、海をはさんでいるとはいえ、大阪のお隣さんのようなものではないか。いくらなんでも、あんまりでないかい、そのカン違い。
 ああ、しかし、日本地図を前にして、「沖縄と北海道なら、はっきり判る!」と豪語していた彼女のことだから、この程度の思い込みは、水に流して然るべきであろうか?
 彼女の地理オンチのレベルを測るべく、「淡路島は、何県?」と聞くと、
「ええ~と、ええ~と………兵庫県!」
 正解である。
 では、その兵庫県の県庁所在地は?
「ええ~~~っと………、あ、そうや、神戸市!」
 どうやら、大阪を含めた近畿圏内エリアについては、把握ができているようで、ホッとした。

 だが、この手の地理オンチというか、カン違い。どうやら彼女だけではないらしい、ということが、さほど日を置くことなく、明らかになった。
 大分県出身の同僚と、その大分のことについて話していたら(私の両親は大分県出身である)。横で聞いていた、まだ20代(その当時)の同僚が、にこやかに、こう、のたもうたのである。
「あ~、大分って、もうすぐ九州新幹線が通る場所ですよね~?」

 ………その当時、九州新幹線は、まだ開通してなくて、工事中だったけど。
 はっきりと、声を大にして、言おう。
 九州新幹線が通るのは、大分じゃなくって、熊本ですっっっ!


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。



« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ランキング
1日1回、1クリック有効
ぽちっとよろしく♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ




現在、少々多忙につき、
申し訳ございませんが、
コメント返しは休止して
おります。


本日までの総アクセス数
我が家のお猫様たち
タカヤ君♪

タカヤ(男の子)
アメリカンショートヘア
(ブルーシルバータビー)
2005.10.19.生まれ


マル君♪

マル(男の子)
マンチカン
(レッドタビー)
2011.11.05.生まれ


レン君♪

レン(男の子)
アメリカンショートヘア
(シルバータビー)
2001.3.25.生まれ
2011.2. 2.虹の橋へ
(享年9歳と10ヶ月)
(「虹の橋通信」の担当ニャン)


当ブログの画像の著作権その他は、管理人「あめぶら」の所有となります。

著作権を放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

アダルト・中傷その他の不快なコメントにつきましては、当方の判断で削除いたします。
月別アーカイブ
QRコード
QR
お気に入りリンク
ブログ内検索