我が家のお猫様の優雅な毎日

アメショのタカヤ君とマンチカンのマル君、虹の橋のレン君のお気楽日記♪

現実あるある・ドラマないない

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 刑事ドラマの演出は、どこまでが現実の捜査と同じで、どのあたりが違っているのか?
 なんて番組を、ちょっと前に、NHKのBSで、ちらっと見たことがある。ちょっと、といっても8月頃のことで、それを「ちょっと前」と言っていいのかどうかは疑問符であるが。
 風呂に入らなきゃならなかったので、本当に「ちらっと見た」だけなんだけど。
 確かビートたけしが司会?をやってて、「ちらっと見た」だけでも、なかなか面白かった。

 例えば、「〇〇〇殺人事件捜査本部」と書かれた紙が、その捜査本部の入り口に貼られているのをドラマでよく見る、というか、あれの出てこない刑事ドラマは見たことがないような気もするけれど。あの紙に書かれたタイトルのことを、ドラマでは「戒名」と呼ぶ。この呼び名は「現実あるある」でもあって、いわゆる警察関係者の間で使われる隠語みたいなものだ。
 被害者のご遺体に、現場検証の刑事たちが合掌する。これもまた、「ドラマあるある」であると同時に「現実あるある」なのだそうで、さて、それでは、その現場検証における刑事や鑑識の皆さん方は、実際には、どんな格好をしているか?

 その1。両手に白手袋。
 これは、刑事ドラマが今ほどリアルではなかった頃から、ドラマのほうでも当然のように「あるある」だったはずだと思う。現場に部外者の指紋を残したりしないように、現実の刑事さんはもちろん、ドラマの刑事も例外なく白手袋をはめている。ちなみに実際の刑事の場合はもっと徹底していて、現場の物証に不用意に手を触れないよう、ズボンのポケットに両手を突っ込んだ状態で見てまわるのだそうである。

 その2。両足に透明なビニールの靴カバー。
 これは、昔の刑事ドラマの再放送を見ていると判るけど、少し前まで、「現実あるある、ドラマないない」だった。最近のドラマでは、やはり、リアル感重視のためだろうか、ドラマのほうでも「あるある」になっている場合が多い。
 現場に不要な下足痕を残したり、靴底の土を持ち込んだりしないために、靴の上から、あるいは靴を脱いだ上から(現場が外とは限らない)、ちょっとブカブカな感じのビニールのカバーで、足首から下を覆うわけだ。

 その3。頭に透明のヘアキャップ。
 これは………こればかりは………いかにリアル感を重視したくとも、ドラマでは「ないない」の設定にせざるを得ない、しかし、現実においては絶対に、身につけねばならないアイテムである、らしい。
 透明のヘアキャップ。
 女性ならばご存じだろう。風呂に入る時、髪の毛が湯船に浸からないように、頭にかぶるアレのことだ。現実の刑事や鑑識の皆さんは、現場に入る時は必ず、このヘアキャップを装着なさる、とのこと。
 だって、人間の髪の毛は、何もしなくとも1日に200本以上、抜け落ちると言われている。頭頂部の毛の量や前髪の生え際の後退が気になる人には、ギョッとする話だと思うが、本当のことだ。
 現場の髪の毛。
 科学捜査が進んだ現在、これは現場に誰がいたかを特定する、重要な証拠のひとつ。その現場に、ドラマの刑事の皆さんがたは、ヘアキャップなしで堂々と立ち入っておられるようだが………これは立派な「現実ないない」。大事な物証の中に、不必要な刑事の髪の毛がまぎれ込んでは、エライことである。

 では、何故、ドラマのほうではヘアキャップをかぶらないのか?
 理由は至極単純で、せっかくヘアメイク係がセットした髪が、台無しになってしまうから。
 そしてもうひとつ。演じる役者のイメージダウンにつながりかねない、というのが理由らしい。
 うう~ん、そりゃそうだ。美男美女(でない場合もあるが)の、ヘアキャップ姿。そんなものを画面に出したら、シリアスなはずの刑事ドラマが、一瞬でお笑いの世界に転じてしまう。
 さあ、皆さんも想像してみましょう。
「捜査一課9係」のメンバーのヘアキャップ姿を。
「相棒」の右京さんのヘアキャップ姿を。
「遺留捜査」の糸村さんのヘアキャップ姿を。
「臨場」の倉石さんのヘアキャップ姿を(彼は刑事じゃなくて検視官ですが)。
「科捜研の女」のマリコさんや土門さんのヘアキャップ姿を。
「刑事7人」の天樹さんのヘアキャップ姿を(東山紀之のヘアキャップ、イメージダウン以前の問題)。

 ………って、コレみんな、テレビ朝日の刑事ドラマの人気シリーズばっかりだな (-_-;)
 別に、テレビ朝日を贔屓したんではない。誰でも知ってる刑事ドラマを上げようと思ったら、ごくごく自然にこうなってしまっただけなので、誤解なきよう(テレ朝は刑事・警察ドラマの人気シリーズが多いのです)。
 ちなみに私は、今は亡き渡瀬恒彦も含めた「捜査一課9係」のメンバー全員のヘアキャップ姿を想像してしまい、かなり長いこと、笑いが止まらなくて困った。
 やっぱり、アレは「現実あるある」だけにしておいたほうがよろしいようで。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。

スポンサーサイト

この母にしてこの娘

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 脚本家の向田邦子さんは、テレビの連続ドラマの脚本ですき焼きのシーンを書くたび、ドラマのスタッフがここぞとばかりに高級な霜降り肉を用意するのに閉口し、とうとう、脚本の中に注意書きを記した。
「肉の値段は、グラム〇〇〇円まで!」
 ………いくら、すき焼きがご馳走だからって、庶民が、高級な霜降り肉なんか、そうそう食べられるわけがないんですからっ!という意味の注意喚起であったわけだが、どんなにリアリズムを追求したくとも、そこはフィクションの世界。すき焼きの肉はともかくとして、それ以外ではどうにもならないこともある。
 例えば、父親と息子が盛大なつかみ合いの親子ゲンカをした結果、障子は破れ襖は倒れ、ちゃぶ台がひっくり返ってその上の食器が畳の上に散乱、というハチャメチャな場面が出てきたとして、昔のドラマではたいていの場合、次のシーンに移った時は、破れたはずの障子も襖も、きちんと元通りになっていたものだ(今はどうだろう?)。
「あれだけメチャメチャになったら、掃除や修理だけで大変でしょうに、なんですぐに元通りなのよ」
と、向田さんに文句を言うご友人もいたらしい。
 言いたいことは判らないでもないが、そんなテレビドラマ上の「お約束」に文句を言われたって、向田邦子さんも困っただろう。

 どうも、フィクションの世界を見ながら、ついつい現実感丸出しの余計な心配をしてしまう人というのは多いらしく(特に女性に)、それはうちの母も例外ではなかった。
 何しろ、あのパニック映画の金字塔「タワーリングインフェルノ」のラストを見ながら、
「あ~あ、後の訴訟や賠償金問題が大変だよ」
などと、言ってのけたことがある人なんである。
 確かに、あれだけの火災が現実に起こったとしたら、そういうことになるけれど。
 フィクションと現実を、一緒にしないでください。映画の感動が雲散霧消するでしょっ!

 もっとも、私も人のことは言えない。
 何年か前、山下智久君主演の連続ドラマで、主な登場人物はといえば、その山下君を長兄とする4人の兄弟姉妹(今の時代に兄弟姉妹が4人ってのもスゴイが)、というのがあったんだけど(タイトル思い出せない)。
 その4人の中の妹2人(立場的には姉と妹)が、大ゲンカ。姉が、食べていたインスタントラーメンを妹の顔面に思いきりぶちまけ、あとはもう、つかみあう姉妹ふたりと、止めに入る兄弟ふたりの大乱闘、というシーンがあった。ちなみに、乱闘のさなかに家の壁から、兄弟姉妹の父親の遺影が落下してきて騒ぎが鎮まる、という「お約束」付きでもあったのだが。
 あたり一面、飛び散ったラーメンの汁まみれ。
 ああいうシーンは、そうそう何回もリハーサルができないから、撮影したスタッフも役者も大変だっただろうが、見ていた私はといえば、
「あ~あ、畳も座布団もラーメンまみれ。全員で掃除するにしたって、あとが大変だよ。ラーメンの汁の匂いは残るし、シミになるだろうし、座布団は買い替えたほうが早いかもねぇ………」
などと、母に負けず劣らず現実感丸出しのことを考えていたのだ。
 嗚呼、この母にしてこの娘。
 片付けも掃除も、手慣れたテレビスタッフの仕事なんだから、大変も何もなかろうに(畳なんかは、丸ごと取り替えりゃ~済む話)。
 ちなみに、ラーメンをぶちまけた姉の役は………前田敦子であったと思う(多分)。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


おそろしキャ〇ア

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 物書きのモノ知らず、ということわざがある。
 どんなに面白い小説を書く人であろうとも、世の中のすべての事象に精通してるわけじゃないのは当たり前で、実際、エッセイを読んでいると、その「モノ知らず」のおかげでドジを踏む作家さん、決して少なくないようだ。
 今は亡き高倉健の主演で映画化された「鉄道員(ぽっぽや)」の原作者、その「鉄道員」で直木賞をおとりになった作家の浅田次郎さんは、ある時、旅先のロンドン・ヒースロー空港の土産物売り場で、キャビアの250グラム缶を、家族へのお土産として、カード払いでお買い上げになった。
 キャビア。いわずとしれた世界の三大珍味。小さな50グラム缶でも、ウン万円出さねば買えないというアレを、それも250グラム缶でお買い上げとは。
 う~ん、さすが売れっ子作家だけのことはあるわい、と、聞けば誰もが思うだろう。私も思った。

 が、実はこの話には、かなりのウラとオチがある。
 最初にネタバレをさせていただくが、実は浅田次郎さん、キャビアの高級さをご存じなかったのだ。魚卵を塩漬けにした缶詰だから、同じ魚卵のイクラや明太子と同じようなモノだと思い込んでおられたのである。
 購入したのがロンドン、つまりイギリスだったことも災いした。ドルやユーロの表示なら、日本円に換算しやすいのだが、イギリスはポンドで表示してある。おまけに離陸時間がせまって焦っていたせいもあり、さらにカード払いであったから、浅田次郎さん、キャビアのお値段を認識せぬままに帰国した。
 そして大喜びした家族とともに、そのキャビアの250グラム缶を、最初はクラッカーに乗っけたりして優雅に召し上がっておられたらしいが、なにせ、250グラムである。だんだん面倒くさくなって、しまいにはスプーンですくって丸食いし、最後には飽きてしまって(値段を知らなかったから言えることだろうが)、残った分は、ご本人曰く、「猫どもにくれてやった」。もちろんこれも、値段を知らなかったから………以下略。

 実は浅田次郎さん、かなりの愛猫家でらっしゃって、「9匹の猫(その当時)はうまそうに、1粒残さずたいらげた」とのことだったが。
 そりゃ、うまそうに食ったことでしょうなぁ。だって、キャビアですよっ!
 もっとも私は、最初に読んだ時、
「そんな塩辛いモノ、猫に与えたらいかんでしょうっっっ!」
と、思わず叫びそうになったのだが、いや、しかし………キャビアだもんなぁ。そんな塩辛い、じゃなかった高価なモノを食べる機会のある猫なんて、そうそう存在しないよな。
 っていうか、キャビアを食べる機会なんて、猫どころか人間にだって、殆どないよな。
 そもそも、毎日食べ続けるわけじゃなし。塩辛くたって、1回ぐらいなら、まさに飼い猫冥利に尽きる経験をしたってことになるんだろうな、と、最後のほうでは妙な具合に納得してしまった。

 さて、もちろん、このエッセイには、1ヶ月後にカード会社から送られてきた請求書の金額、キャビアの250グラム缶1つが日本円にして18万円也、と記してあるのを見て、浅田次郎さんのお目目がキャビアのような点になる、というオチがつくのである。やれやれ。
「家族はともかく猫に食わせたのは、我が人生の痛恨事であった」
と、そのエッセイは結ばれていたのだが。
 いやいや、浅田さん。
 キャビアを食する幸運に預かった猫たちから、そのうち恩返しがあると思いますよ、私は。
 

★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


口金が丸タイプの小型サイズ♪ ハンドメイドマーケット「tetote」に出品中♪

【送料無料】作品36 黒猫と三毛のがま口財布(小)

作品名:【送料無料】作品36 黒猫と三毛のがま口財布(小)
クリエイター:ねこぎんちゃく
作品価格:1,010円

作品の詳細をもっと見る


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


ハンドメイドマーケット「tetote」でのクリエイター名は、「ねこぎんちゃく」と申します。
猫と巾着、猫の腰ぎんちゃく、などと考えていたら、こんな名前になりました♪
クリックすると、ワタシのクリエイターページへジャンプします。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


何度言わせますねんっ!

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 私の身長は、中学生の頃から、150センチしかない。
 いや、150センチしか、なかった。
 その150センチしかなかった身長が、今年の勤務先の健康診断で計ったら、148センチになっていた。寄る年波で、縮んだのである。去年はまだ、149センチはあったはずだが………(今のところ、まだ「いつの間にか骨折」はしていないと思われる)。
 ただでさえチビだったのに、これ以上チビになってて、どないすんねん、私っ!

 とにかく、若い頃から今に至るまで、チビであるがゆえの悩みについては、さんざん味わい尽くしてきた。最大の悩みはやはり、高い場所に手が届かないことだが、それと同時に、この悩みが、背の高い人にはなかなか理解されにくいのだ、という事実にもぶち当たって悩んだ(今も悩み続けている)。
 何しろ背の高い人は、高い場所に平気で手が届く。高い場所にあるモノにも、不自由なく目が行く。背の低い者の悩みが理解しにくくて当たり前だが、それにしたって、あんまりじゃ~ないのっ! と叫びたくなるような経験を、私は、若い頃に勤めた印刷会社で、山ほど体験した。
 月に一度の月報などでは、表紙その他、古い版下(印刷物の原版)を再利用するのが普通だったから、当然、その古い版下を棚の中から探し出さねばならない。この棚が曲者で、私の目線よりも高い位置だったから、私は毎回、脚立代わりの椅子を持ってきて、その上に乗って探し回っていた。
 版下を置く棚は、社長の目の前。そして社長は、私より頭ひとつ分以上大きい、つまり背の高い人(多分180センチはあったと思う)だったのだが。
 私が脚立代わりの椅子を持ってくると、必ず、社長から声がかかるのだ。
「アンタ、何やってるんや?」
「椅子を台にしないと、届かへんのです。私、チビやから」
「ああ、そう………」
 会話は、そこまでで終わる。
 あとは黙々と版下探しにいそしむ私と、デスクで自分の要件を片付けていく社長。
 そして1ヶ月後。
 同じ月報の版下を探すため、私は棚の前に、台替わりの椅子を持っていく。
 すると、またもや、社長から声がかかる。
「アンタ、何してるねん?」
「版下を探すんです。椅子に乗らんと届かへんので」
「あ、そう………」
 会話は終了し、私も社長も、それぞれの作業を片付けていく。
 さらに1ヶ月後。
 版下を探すため、せっせ、と椅子を運んでくる私に、またもや社長の一言が。
「アンタ、椅子なんか持ってきて、どないするんや?」

 ………以下、エンドレス!
 入社してから辞めるまでの十数年の間に、私は何回、この同じ会話を社長と繰り返したであろうか。もはや、その回数は記憶にない(覚えていられないほど、繰り返されたから)。
 何度同じこと言わせますねんっ! と怒鳴りそうになったことは、もちろん、一度や二度ではない。しかし、社長は、繰り返す。私がキレそうになってることなど気づきもせずに、いつもいつも、同じ質問をオウムのごとく繰り返す。
 社長だってアホではない、というか、ホンマもんのアホだったら社長など務まるまいから、もちろん、その場ではわかっているはずだ。版下のある場所が、私には椅子がなければ手が届かないということを。
 しかし、自分が椅子や脚立など使わず、平気でとることができる場所のモノを、背の低い人間はとることができないのだ、と、理屈ではわかっていたとしても、背の高い人間が、背の低い人間と同じ目線に立つことは難しい(逆の場合なら、かかとの高い靴を履けば何とかなるが)。だから、すぐに忘れてしまうのだろう、多分。
 私だって、自分に関係ないことや興味のないことは、聞いたってすぐに忘却の彼方なのだから、エラそうなことを言えた立場じゃないが………毎回、同じことを繰り返すのって、疲れるんですよ、精神的に!

 それから十数年を経て、勤め先を変わった現在。
 私はやっぱり、背の高い同僚、特に男性陣との間の精神的ギャップに悩まされている。
 品物のダンボール箱を、こんな高い位置まで積み上げたのは、どこのどいつじゃっ! 私(を含めた背の低い女性陣)には、手が届かんと言うておろうがぁっっっ!
 

★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


口金が丸タイプの小型サイズ♪ ハンドメイドマーケット「tetote」に出品中♪

【送料無料】作品36 黒猫と三毛のがま口財布(小)

作品名:【送料無料】作品36 黒猫と三毛のがま口財布(小)
クリエイター:ねこぎんちゃく
作品価格:1,010円

作品の詳細をもっと見る


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


ハンドメイドマーケット「tetote」でのクリエイター名は、「ねこぎんちゃく」と申します。
猫と巾着、猫の腰ぎんちゃく、などと考えていたら、こんな名前になりました♪
クリックすると、ワタシのクリエイターページへジャンプします。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


アナタ、どちら様?

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 猫用ドア、というのが、ありますよね?
 部屋のドアの下のほうを、四角にくりぬいてある、アレ。
 ドアが閉まっていても、猫が自由に部屋を出入りできるようにしてあるわけだけど、放し飼いの猫の場合、そして家が一戸建ての場合、人間が出入りする玄関の横に、ちゃんと壁をくりぬいて、猫用ドアならぬ猫用玄関が作ってあったりする、らしい。
 私は、そういう猫用の玄関を漫画でしか見たことがないので、らしい、と表現するしかないのだが、なるほど、猫が帰ってきた時、いちいちドアや窓を開けるために人間が動く必要がなく、猫も、自分の好きな時に外出したり帰ったりできるわけで、確かに便利だ。猫が出入りできるくらいの大きさなら、よもや、人間は入れまいから、泥棒の心配もいらないし。
 ただ、いろいろと本を読んだり、話に聞いたりしたところによれば、この猫用の玄関、当然のことながら多少の弊害も、ある。その玄関を使って自由に出入りできるのは、そこの家の飼い猫だけではない、ということだ。

 某漫画家さん曰く。
 冬場にコタツでうたた寝していて、放し飼いの飼い猫が帰ってきた気配がしたので、顔を上げてみたらば。見知らぬ他人、もとい見知らぬ他猫が、襖の影からこちらを見ていて。
 目が合った瞬間、ミョ~に気まずかった、とか。
 猫だから気まずい程度で済むけど。人間だったら警察沙汰である。

 これもやはり、某漫画家さん曰く。
 放し飼いの飼い猫(メス)が帰ってきたので、「ああ、お帰り~」と声をかけたら。その飼い猫の後ろに、これまた見知らぬ他猫(オス)がくっついて入ってきたので、思わず、
「………アナタ、どちら様っ?」

 上記のような事例は、どうやら、発情期に頻発するらしい。普通、猫は警戒心が強いから、他猫のなわばり、ましてや知らない人間が住む家の中にまで入ってくることは、あまりないと思われるのだが。発情期となれば、話は別である。意中のメスを射止めるためなら、オスは少々の危険は厭わないものだ。
 ちなみに某小説家さんの家では、設置してある猫用玄関から、ある日、顔も体もでっかいアメショーのオスが、ヌッと入ってきたのに驚いて、
「こらっ! 何だ、オマエはっ!」
と叱りつけたところ、そのアメショー君、家の奥に向かって、「ニャアァ~~~ン!」と、ひと鳴き。
 途端に、小説家さんの飼っていた若いメス猫が、これまた「ニャアァ~~~ン!」と鳴きながら飛び出してきて、2匹そろって、あっという間に猫用玄関から逃げていってしまったそうな。
 こちらのお宅には、小説家さんが、いずれはメス猫のムコにと定めた、言ってみれば許婚(いいなずけ)に当たる若いオス猫もいたのだが。
 どうやら、メスのほうは親?の定めた許婚がお気に召さず、ガタイのよいヤンキー猫を相手と定めて、駆け落ちの道を選んでしまったものと思われる。
 愛娘?を目の前でかっさらわれた小説家さんも気の毒だが、同居までしていながら相手にしてもらえず、他猫と駆け落ちされてしまったオス猫のほうが、ある意味、もっと気の毒かもなぁ………。
 

★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


口金が丸タイプの小型サイズ♪ ハンドメイドマーケット「tetote」に出品中♪

【送料無料】作品36 黒猫と三毛のがま口財布(小)

作品名:【送料無料】作品36 黒猫と三毛のがま口財布(小)
クリエイター:ねこぎんちゃく
作品価格:1,010円

作品の詳細をもっと見る


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


ハンドメイドマーケット「tetote」でのクリエイター名は、「ねこぎんちゃく」と申します。
猫と巾着、猫の腰ぎんちゃく、などと考えていたら、こんな名前になりました♪
クリックすると、ワタシのクリエイターページへジャンプします。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。



« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ランキング
1日1回、1クリック有効
ぽちっとよろしく♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ




現在、少々多忙につき、
申し訳ございませんが、
コメント返しは休止して
おります。


本日までの総アクセス数
我が家のお猫様たち
タカヤ君♪

タカヤ(男の子)
アメリカンショートヘア
(ブルーシルバータビー)
2005.10.19.生まれ


マル君♪

マル(男の子)
マンチカン
(レッドタビー)
2011.11.05.生まれ


レン君♪

レン(男の子)
アメリカンショートヘア
(シルバータビー)
2001.3.25.生まれ
2011.2. 2.虹の橋へ
(享年9歳と10ヶ月)
(「虹の橋通信」の担当ニャン)


当ブログの画像の著作権その他は、管理人「あめぶら」の所有となります。

著作権を放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

アダルト・中傷その他の不快なコメントにつきましては、当方の判断で削除いたします。
月別アーカイブ
QRコード
QR
お気に入りリンク
ブログ内検索