我が家のお猫様の優雅な毎日

アメショのタカヤ君とマンチカンのマル君、虹の橋のレン君のお気楽日記♪

猫のこだわりに悩む

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 なくて七癖。猫にひと癖。
 我が家の次男猫タカヤには、悪癖がある。異様なまでに、毛織物が好きなのだ。
 うっかり脱ぎ捨てたセーターの上に、いつの間にか丸くなって寝ていた、というレベルならば問題はない(セーターが毛まみれにはなるけれど)。そのレベルでは済まないから、悪癖なのである。
 彼は、毛織物を見逃さない。しまい忘れたセーター、カーディガン、その他諸々を発見したが最後、口にくわえて、家じゅうを引きずりまわした挙句の果てに、牙を立てて食いちぎろうとする。くわえて引きずりまわしながら、「ニャオオオ~ン、ウニャオオオ~~~ン♪」と、くぐもった声で雄叫びを上げるその姿。どう見ても、毛織物を獲物に見立てて遊んでいるとしか思えない。
 それも、私たちの見ている前で、やる。というか、わざわざ隣りの部屋から、セーターをくわえて、持ちだしてくる。そして私たちの目の前で、これ見よがしに、「ウニャオオオ~~~ン♪」。
 何が言いたいのだ、オマエさん。

 昔、猫の放し飼いが主流であった頃。散歩に出た飼い猫が、捕らえた小鳥やネズミや虫を、飼い主のもとまでせっせと運び、ありがたくも貢いでくださるという話なら、さんざん聞いたことがあるが。
 もしかして、タカヤもあれがやりたいのだろうか? 毛織物を獲物に見立てて、私たちにプレゼントしているつもりなんだろうか? もともとが私のモノであるセーターを、得意満面、それも穴あき状態にしてプレゼントされたって、私は困る。ものすご~く、困る。
 被害が、私のセーターやカーディガンだけで済むのであれば、まだいいが(いや、あまりよくないが)、もちろん、私のモノだけで済んだためしは、これまで、ただの一度もない。
 一度など、母が父のために買ってきたセーター、それも、まだ商品タグがついたままだったセーターを、思いっきり、食いちぎってくださった。母が激怒したことは、言うまでもない。
「アンタなんか、もう、野良にしてやるっっっ! 出ていきなさいっ!」
と怒り狂う母をなだめるのに、私がどれだけ苦労したことか。
 もちろん、どんなに母が怒り狂おうが、タカヤに反省の色などなく(そもそも反省の色とはどんな色か?)、その数日後には、あろうことか母の手編みの父のカーディガンを引きずりまわして食いちぎり、再度にわたって激怒した母が、
「アンタなんか、もう、野良に~~~(以下、略)」
 嗚呼、もう………いい加減にしてくれっっっ!

 ちなみに、彼の好みは、毛織物に限られる。これならいくらでも食いちぎっていいから、とご進呈した、古くなったタオルや雑巾などには、目もくれないのだから、また困る。
 とにかく、彼の、この妙なこだわり、というか悪癖の被害を、こうむらないようにする方法は、私の知る限り、ただひとつしかない。セーター、カーディガンなどを脱いだら、絶対に、その場に置きっぱなしにしないことだ。
 タカヤが我が家に来て、11年。
 これが、我が家の家訓となっている。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。

スポンサーサイト


« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ランキング
1日1回、1クリック有効
ぽちっとよろしく♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ




現在、少々多忙につき、
申し訳ございませんが、
コメント返しは休止して
おります。


本日までの総アクセス数
我が家のお猫様たち
タカヤ君♪

タカヤ(男の子)
アメリカンショートヘア
(ブルーシルバータビー)
2005.10.19.生まれ


マル君♪

マル(男の子)
マンチカン
(レッドタビー)
2011.11.05.生まれ


レン君♪

レン(男の子)
アメリカンショートヘア
(シルバータビー)
2001.3.25.生まれ
2011.2. 2.虹の橋へ
(享年9歳と10ヶ月)
(「虹の橋通信」の担当ニャン)


当ブログの画像の著作権その他は、管理人「あめぶら」の所有となります。

著作権を放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

アダルト・中傷その他の不快なコメントにつきましては、当方の判断で削除いたします。
月別アーカイブ
QRコード
QR
お気に入りリンク
ブログ内検索