FC2ブログ

我が家のお猫様の優雅な毎日

アメショのタカヤ君とマンチカンのマル君、虹の橋のレン君のお気楽日記♪

相互理解の道は険しい

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 猫語の解読は、難しい。
 ゴハンやオヤツが欲しい時とか、遊んでほしい時、あるいは本格的に怒っている時の鳴き方だったら、だいたい判るが、それ以上となると複雑怪奇、適当に想像をめぐらすよりほかにない。
 ああ、ニャウリンガルよりもさらに高性能な、猫語の自動翻訳機があれば………と思う反面、いやいや、言葉が判らないからこそ、知らぬが仏で猫と暮らせるのではないか、という気も、しないでは、ない。
 だって、映画「ドクター・ドリトル」の中で、エディ・マーフィ演じる、動物の言葉が判るお医者さん、つまりドリトル先生相手に、彼の知り合いの飼い猫が、自分の飼い主を評して、曰く。
「こんなバカ、滅多にいないぜ。ケッケケ♪」
 ………まぁ、それは映画の中でのことなんだから、と、ご陽気に笑って済ませておいて、果たして、それでいいモンであろうか? 事実は映画よりも奇なり。もしも自分の飼い猫から、「あんなバカ」と思われているのだとしたら、腹が立つのを通り越して、なんだか、あまりにも悲しすぎるではないか。
 やはり猫語は、ある程度、複雑怪奇なままにしておくに限る。

 人間が猫語を理解する割合と、猫が人間語を理解する割合と、どちらが大きいかと聞かれたら、圧倒的に後者のほうが大きいはずだ、と、私は勝手に、ひとりで信じて疑わない。
 親バカと言われるのを承知で書くと、うちの猫は、もういない長男猫も含めて、自分の名前を正確に把握しているし(ちがう名前で呼んでも振り向かない)、「ごはん」、「おやつ」、「爪切り」、「病院」、「お薬」、「寝る時間」、「お部屋に行こう」、などなど、かなりの語彙の意味を理解している。
 うっかり「病院」などと口走ろうものなら、たちまち警戒されてしまうので、猫を病院に連れて行く必要がある時は、母も私も、不用意な発言をしないよう、万全の注意を払わなければならない。
 この前など、病院に行くのは猫じゃなくて私なのに、タカヤが警戒の目を向けてくるので、
「アンタの病院じゃ~ないんだよっ!」
と、必死で言い訳を繰り返さなければならなかった。
 動物学者の話を聞きかじってみたところによれば、犬と猫は、平均的に見て、人間の乳幼児と同レベルぐらいの知能を持っているのだそうで、なるほど、それならば「オヤツ」や「病院」、あるいはもっと複雑な言葉を理解できたとしても、頷ける。「好きなこと」と「嫌いなこと」をよく覚えているのも、人間の乳幼児とよく似ているし。
 だが、それならば、猫よりもはるかに高い知能を持つはずの人間が、猫語を、もっと正確に理解することができないのは、一体、どういうわけなんだか。
 それとも、そんなのは私だけか? ほかの飼い主の皆さんは、もっと正確に愛猫の言葉を理解しておられるのだろうか? だとしたら私も、タカヤとマルから、
「あんなバカ、滅多にいないぜ。ケッケケ♪」
と、陰で笑われているということに、なるような、ならないような………。
 嗚呼、いや、もう何も言うまい。
 もし、そうだとしたら、悲しすぎる。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。

スポンサーサイト





« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ランキング
1日1回、1クリック有効
ぽちっとよろしく♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ




現在、少々多忙につき、
申し訳ございませんが、
コメント返しは休止して
おります。


本日までの総アクセス数
我が家のお猫様たち
タカヤ君♪

タカヤ(男の子)
アメリカンショートヘア
(ブルーシルバータビー)
2005.10.19.生まれ


マル君♪

マル(男の子)
マンチカン
(レッドタビー)
2011.11.05.生まれ


レン君♪

レン(男の子)
アメリカンショートヘア
(シルバータビー)
2001.3.25.生まれ
2011.2. 2.虹の橋へ
(享年9歳と10ヶ月)
(「虹の橋通信」の担当ニャン)


当ブログの画像の著作権その他は、管理人「あめぶら」の所有となります。

著作権を放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

アダルト・中傷その他の不快なコメントにつきましては、当方の判断で削除いたします。
月別アーカイブ
QRコード
QR
お気に入りリンク
ブログ内検索