我が家のお猫様の優雅な毎日

アメショのタカヤ君とマンチカンのマル君、虹の橋のレン君のお気楽日記♪

本日の3枚・場所を考えて!(2008年)

Category: レン(虹の橋)  
ワタシの膝で、ごきげんで座っていたレン君なんですが。


041_20170403130546793.jpg


いきなり、何を思ったのか、その膝の上で、ごろりんと寝返り。


039_20170403130543950.jpg


ちょっと、ちょっと~~~!
そんなことしたら、落ちる、落ちる~~~!


040_20170403130545a14.jpg


間一髪、ワタシが支えたので、落下は免れたんだけど。

寝返りを打つ時は、お願いだから、場所を考えて下さいっ!


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。

スポンサーサイト

本日の3枚・親バカでもいい(2008年)

Category: レン(虹の橋)  
レン君、いい子でしゅね~~~♪ と、ナデナデ♪


そうやろ? ぼくにゃん、いい子やろ?



なっ♪ お母はん♪
031_201704031305407d0.jpg


実は、この時のレン君は、ベッドで仰向けになったワタシの左脇に、もぐり込んでいたのです。

で、しばらく撫でていると………


おやしゅみ~~~♪
032_20170403130542483.jpg


このように、ワタシの腕にお手手とアゴをのっけて、すやすや♪
ううう、可愛すぎる~~~!(親バカ)


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


入院狂騒曲の結末

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 両腕に、合計6ヶ所も注射針の穴をあけられたものの、それ以外は何も異常は起こらず、滞りなく無事に終わった検査入院。検査の結果が出るのは、2週間後。
 血液検査だと、込み入った検査でも1週間で結果が出るのに、2週間もかかるとは何事ぞ? やっぱり、アレだろうか? 採取した組織を培養して調べたりするから、時間がかかるんだろうか?
 シャーレや試験管を使って、組織の培養や顕微鏡での観察。う~む、殆ど「科捜研の女」の世界だ(テレビの見すぎやろ、私!)。自分でもやってみたい気がしないでもないが、いや、しかし………シャーレに乗るのは自分の肝臓(の組織の一部)。やっぱり、あんまり見たくない。
 自分の内臓(の一部)を、直接見てみたい人って、います?

 閑話休題。
 検査の結果、出た結論は、「原発性胆汁性胆管炎」。
 ミトコンドリア抗体という抗体が、増えすぎることによって発症する慢性肝炎で、れっきとした国指定の難病のひとつである(完治が難しいから)。
 実は、この病名、私が生体検査を受けたころまでは、「原発性胆汁性肝硬変」という名称だった。肝硬変、かんこうへん、カンコウヘン………聞いただけで、ギョッとする言葉だ。私も、検査前に名称を聞いた瞬間、ギョッとした。が、担当のドクター曰く、
「肝硬変っていうのは名前だけ。ほとんどの人は、慢性肝炎どまりです。肝硬変にまで悪化する事例は、ほとんどないですよ」
 ………だったらなんで、肝硬変なんて名称をつけるねんっっっ!
 思わず、ドクターにツッコミかけた私だったが、家に帰ってネット検索してみたら、「誤解を招きやすいので、病名を変えたほうがいいのではないか、との案も出ている」、とのこと。
 ふむふむ、なるほどね~。
 世の中、私のように、ツッコミかけて途中でやめる人間ばかりではない。相手が医者だろうがドクターだろうが(あ、同じか)、遠慮無用の問答無用でツッコんだ患者が、相当いたんだろう。「肝硬変でもないのに、病名が肝硬変だなんて、かなわんわ。なんとかしてぇやっ!」、ってな感じで………。
 などと考えていたら、それからちょうど1ヶ月後、うちでとっている新聞の医療の欄に、「以前は原発性胆汁性肝硬変と呼ばれていたが、原発性胆汁性胆管炎に変更された」との記事が掲載された。う~む、ナイスといえばあまりにもナイスなタイミングだ。

 ところで、抗体の異常で起こる肝臓病は、あとひとつある(正確に言うと、あとふたつあるのだが、そのうちのひとつは、私には直接の関係はなさそうなので、説明その他はパス)。
 抗核抗体の増殖によって起こる、「自己免疫性肝炎」というのがそれで、こちらも、国の指定難病なのだが、ド素人の私の目から見ても、原発性胆汁性肝硬変より、こちらのほうが、ちょっと厄介な病気らしい。
 というのも、原発性胆汁性肝硬変のほうは、ウルソデオキシコール、略称ウルソという肝臓病の薬の投薬で済むが、自己免疫性肝炎のほうは、ステロイドの投薬となるからだ。
 専門家でも何でもない私が、こんなことを言うのもどうかと思うが、ステロイドは、いろいろな副作用が強い。飲むと免疫力が低下するから、治療を開始すると、1ヶ月くらいは入院しなければならないのだそうで。
 最悪の場合、原発性胆汁性肝硬変、じゃなかった、胆管炎と自己免疫性肝炎、このふたつを同時発症している可能性もあった私は、「入院」の2文字におびえつつ、とりあえず、その「入院」はしなくてもよい病名だったことに、ホッと胸をなでおろしたのだった。
 どちらも同じく、完治困難な難病であるなら、少しでも簡単な治療で済むほうが、ずっとマシに決まっている(はずである)。

 というわけで、原発性胆汁性………あああ、もう、何回も入力しているうちに、わけが判らなくなってきた。この病名を、舌も噛まずにすんなり言えるドクターは、やっぱり、いろんな意味でスゴイと思えてくる。
 アカン、話がまた逸れた。
 とにかく、つまり、膠原病の慢性肝炎、というか胆管炎(胆管炎からくる慢性肝炎というべき?)の進行を食い止めるべく、ウルソ投薬が始まったわけだが、何しろ、慢性肝炎というのは自覚症状が殆どないから、薬を飲んでても、効いてるのかどうか、さっぱり判らないんである。
 まぁ、ちゃんと仕事にも行けてるし、日常生活そのものは、薬を飲み始めたということ以外、何の変化も悪化もないから、当分の間は、数ヶ月に一度の血液検査で様子をみながら、のんびりやっていこうと思う。
 だって、のんびりとやるしかないのだ。
 多分、一生、治らないんだもの(だからこそ、国指定の難病なのである)。

 それに、今のところは、原発性のほうだけで済んでいるが、私の場合、抗核抗体が増えていることも確かなので、下手をすると、将来的には自己免疫性のほうも出てくるかもしれず………
「まぁ、血液検査で肝臓の数値をチェックしながら、異常が出てきた場合は、また検査入院して、肝臓の組織を調べてみるよりほかに、ないですな~~~」
 ………ドクター、他人事だと思って、のほほん、あっけらかんと言わんといてくれっ!
 ああ、しかし、ドクターがあまりにも神経質だったり、深刻に考える人だったりすると、患者は、ほぼ確実に、不安とストレスをため込むことになる。
 とすれば、「のほほん」としてる、と感じるくらいのドクターで、ちょうどいいってこと?


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の2枚・報われない親心(2008年)

Category: レン(虹の橋)  
レン君がまた、見事な開脚ポーズで身づくろいをなさっていたので。


んべ♪ んべ♪ んべ♪



いくらなんでも、そろそろ、アンヨは閉じましょうね~~~♪
と、手を添えたら。


何すんねん、ウルサイな!
007_201703301317593b6.jpg


と言わんばかりに、睨まれた。
飼い主の親心は、なかなか、報われない。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。



本日の2枚・落ちますよ!(2008年)

Category: レン(虹の橋)  
ぐっすりとお休みのところ、申し訳ないんですが、レン君。


045_20170330124748eea.jpg


もうちょっと、ベッドの真ん中で寝たほうが、よくないですかね?


046_20170330124749686.jpg


その体勢のまま、お尻を動かしたら……落ちるよ、絶対。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


6つの穴があきました

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 前回、膠原病からくる肝臓の異常、というか病名を生体検査で調べるため、2泊3日の検査入院をすることになった、と書いた。今回はその続き、前回は前置きが長くなりすぎて書けなかった、検査入院本編である。
 針というか管を刺して、肝臓の組織を、直接採取する。
 何やら恐ろしげだが、手術で腹をかっさばかれることを思えば、大したことない(はずである)。
 まず、エコーを見ながら、針を刺す位置を決めて。
 次に、痛み止めの点滴を開始。
 その次に、針を刺すお腹の表面に、局部麻酔。
 それが効いてきたところで、針を少し刺し入れて、肝臓の表面に局部麻酔。
 そして、組織採取の管を挿入。
 採取完了、以上、終わり。

 こう書くと、なんだか、ものすごくお手軽、かつ簡単そうである。
 実際、検査の所要時間は30分ぐらいで、まぁ、管を入れられた瞬間が痛くなかった、といえばウソになるが、ガマンできない激痛ではなかったし、痛かった時間は5秒もなかった(と思う)ので、簡単といえば簡単か。
 しかし、思わぬところに伏兵は潜んでいるのである。
 私の場合、組織採取の瞬間などよりも、検査開始の初期の初期、つまり痛み止めの点滴を開始するまでが、実は、ひと騒動となった。点滴の針が、入らなかったのだ。
 というか、優しいふたりの女性ドクター(検査はドクターふたりと看護師ひとりの3人体制)には、まことに申し訳ないのだが。おふたりとも、あまりお得意でなかったらしい。つまり、血管注射が。
 自慢じゃないが、私の腕の血管は、針を刺しやすい血管である。実際、それまで、血管注射で看護師が難儀した、という経験はない。それなのに、嗚呼、それなのに、ソレナノニ………!

「このあたりでいけますかね?」と、ブスリ。
 いたたたっ!
「あ~、痛いですか、ごめんなさい、場所を変えますね」
 血管注射は、針を刺された瞬間は痛いが、針が無事に血管に入れば、痛くなくなる。つまり、刺された痛みがいつまでも続くということは、針がうまく血管に入らなかったということで………
「このへんなら、どうかな?」と、また、ブスリ。
 いたっ! いたっ! いたたっ!
「だ、だめですねぇ、変えますね!」
 最初の2~3回までなら、まだいいのだが。
「では、このへんなら………」ブスリ。
 いてっ! いててっ!
「う~ん、どうしよう、このあたりは?」ブスリ。
 いて~~~っ! いてててっっっ!
「困りましたね~、こちらなら………?」ブスリ。
 い、痛いんだよっ!
 困ってるのはこっちや! エエ加減にせんかいっっっ!(心の叫び)

 針がなんとか無事に入って、痛み止めの点滴が開始されるまでに、私の両腕には、合計6ヶ所の、注射針の穴があいた。
 一般的に、ドクターよりも看護師のほうが、血管注射は上手い、というか、血管注射が上手いドクターはあまりいない、と、どこかで聞いたような、聞かないような………。ホンマやったんか、あの話。
 組織採取自体は無事に済んだが、採取以前の点滴騒動だけで、ドッと疲れた。
 採取した組織を調べて、結果が出るまでに、2週間(長いな、おい)。
 ここまでやって、まだ病名が「よく判りません」、なんて言われたら、本気で怒るよ、私!


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の2枚・届かにゃい(2008年)

Category: レン(虹の橋) & タカヤ  
昨日の記事の、続きです。

疲れて降参した、と見せかけて……


038_2017033012474679b.jpg


なんとか、最後のチャンスをつかもうとしたレン君なのですが。


037_20170330124745a93.jpg


……お手手の長さが、あと一歩のところで、足りませんでした。
これが逆の立場だったら、多分、届いていたんだろうなぁ。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の2枚・手と足をフル活用(2008年)

Category: レン(虹の橋) & タカヤ  
はっけよい! のこった、のこったぁ~~~っ!

と、声をかけたくなる、こちらの1枚……





ふたりの体格は、ほぼ互角なので、五分五分の勝負に見えますが。


035_201703301247420b1.jpg


長い手足をフルに使った、タカヤさんのパンチ&キックの前に……
いつも、兄の威厳が台無しになるレン君でございました。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


連呼は、や~め~て~~~!

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 今からちょうど3ヶ月ほど前だから、今年の1月の末のことになるが、わけあって、2泊3日の検査入院というヤツを、体験する羽目になった。
 事の起こりは、1年前。
 私自身が、膠原病の一種の強皮症だと診断されたことに始まる。
 詳しく説明しようとすると、専門用語の羅列になって、私自身の脳内回路が白目を剥きそうなので、なるべく簡潔に書こうと思うが、膠原病とは、抗体の異常によって起こる様々な病気の総称で、結論から言うと原因不明、完治が不可能もしくは困難な難病である。ネットで簡単に調べただけでも、10種類以上の病名が出てくるが、そのうちのいくつかは、国の指定難病に登録されている(ちなみに国の指定難病は、現在、300以上にのぼる)。

 閑話休題。
 私の強皮症は、症状としてはごくごく軽くて、大した問題はなさそうだったのだが(強皮症は、症状が全身に及んで悪化した場合のみ、国の指定難病となる)、その時の血液検査の結果をよく見ると、肝臓の異常を示す数値が、ちょっとばかり、高かった。
 お酒のせいかもしれないので、アルコール類を控えて(やめる、とは敢えて言わぬ)、様子をみること半年。数値は、改善どころか、微量ながらも増加の傾向。
 これはやはり、もうちょっと詳しく検査しましょうね、ということで、さらに細分化された血液検査、超音波検査、そしてMRI検査。その結果がどうであったかというと。
 まず血液検査の結果、いわゆるウィルス性肝炎、シロ。
 腫瘍マーカー、シロ。
 そして、MRI検査のほうも、ドクター曰く、
「肝臓には癌なし、胆管にも癌なし、すい臓にも癌なし! 癌じゃないですね~。今のところ、どこにも癌は見当たりませんね~」
 ………ドクター、お願いだから、癌、癌、癌、って連呼するの、やめてっ!
 癌じゃなくても、聞きたくありませんよ、その言葉!

 アカン、また話が逸れそうだ。
 とにかく、ここまで調べて異常がないということは、抗体の異常、つまり膠原病からくる肝臓病である可能性が高いので、生体検査をしてみましょう、という結論に達したわけである。
 生体検査。
 つまり肝臓に直接、針を刺して、組織を採取して詳しく調べるという、アレですな。
 針を刺す場所が場所だけに、やはり、大事をとって入院しなければならないのだそうで、できればやりたくないのが本音だが、組織採取して調べないことには、抗体異常による肝臓病は判別できないのだそうで。調べて病名を確定しないことには、治療の方針も定まらないのだそうで。
 仕方ない、2泊3日なんだし、ガマンしよう、と、1月末の検査入院が決まったのだが。
 その、検査入院自体の内容を書く前に、前置き部分が長くなってしまった。
 申し訳ないが、続きは、また今度。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


今日の一日一猫・人間だったら問題あり(2008年)

Category: レン(虹の橋)  
お~~~いっ? レンく~~~んっ!
何を見て、かたまってるんですか~~~っ?


う~~んと、え~~っと……よくわからへん♪
011_20170324112951753.jpg


多分、そんなことだろうとは思ったけどさ。

その丸見えポーズ、ニンゲンだったら、大いにモンダイありですよ。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の2枚・カバーの下には(2008年)

Category: タカヤ  
ベッドカバーを交換するため、新しいカバーをかけたところで、
別の用事を思い出したので、そちらを先に済ませ、もどってきたら。

かけていたベッドカバーの真ん中が、こんもりと盛り上がっておりました。
さては……、と、カバーをめくると。


ここって、にゃんだか、面白い~♪
010_20170324112949f5c.jpg


やっぱり入ってたな。出てくださいっ!


面白いから、出るの、イヤ♪
006_2017032411294894c.jpg


そんなところの、何が、どう面白いのか、理解不可能。

とりあえず、タカヤさんが飽きて出てくるまで、放置しておいた……はずです、多分。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


うちの猫、でかいですか?

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 人に抱っこされるのが平気か否か、これはもう、猫の性格による、としか言いようがないが、我が家の3匹の猫の中で、抱っこが可能だったのは、すでにいない長男猫のレンだけである。
 次男と三男は、抱き上げて10秒ともたずに暴れ出すので、とても、抱っこして玄関の外やベランダに連れ出すなど無理なのだが、唯一、レンだけは、それが可能な猫だった。
 夕方、マンション1階の郵便受けに夕刊を取りに行く時など、私に抱っこされてエレベーターに乗ったり、階段を降りたりしても平気だったくらいだ。ペットOKのマンションだから、犬や猫を連れていても、文句を言われることはないし、私も、気楽にレンを抱っこして、マンション内の廊下を闊歩していた。
 ただ、文句を言われたことはなくとも、連れていたレンに関して、実に率直な感想を述べられ、目が点になりかけたことなら………何度か、ある。
 レンを抱っこして、玄関の外に立っていたら、そばの非常階段を駆け下りてきた、小学校の中学年ぐらいの男の子(もちろん知り合いではない)が、レンを見て、一言。
「うわっ! でっかい!」

 あまりにも正直すぎる表現だったので、私の脳内回路が、その意味を把握するのに、しばらくかかった(もちろん、把握ができた時は、その小学生の姿は、とっくになかった)。
 ………はぁ? でっかい?
 今の子、でっかいって言ったよな?
 そうですか? うちの猫、そんなに、でっかいですか?
 ………って、アカン! 自問自答してる場合ではない!

 もちろん、私だって、レンが小さな猫だと思っていたわけでは、決して、ない。
 アメリカンショートヘアの男の子は、それなりに大きくなると聞いていたし、実際、レンの体重は、最盛期には5.5キロほどあったから、「まぁ、お世辞にも、小さいとは言えんな」と思っていた。
 思ってはいたが、猫ブログを何気なく見ていると、同じアメショーでも、5キロどころか6キロ超え、7キロ超えの猫がざらにいるので、どうも、感覚が鈍くなってしまったらしい。
 つまり、私の目には、レンは「ちょっとだけ大きいサイズの猫」として映っていたのだが、もしかして、違ったのだろうか? ちょっとだけどころか、かなり大きいサイズだったのだろうか?
 この時の小学生の発言に輪をかけるように、別の日、同じようにレンを抱っこして外に立っていたら、今度はたまたま通りかかった、マンション内清掃員のおばちゃんが、
「うわ、びっくりしたっ! 大きいから犬かと思ったら、なんや、猫かいな!」

 犬かと思った………イヌカトオモッタ………ええ、そうなんです、アメリカンショートヘアという種類の犬なんです! って、ちゃいますやろっっっ! この子は、猫ですっっっ!
 また、別の日には(まだあるんかい、とツッコまないように)、とうとう、お隣の旦那さんから、
「いや~、こりゃまた、大きくて立派な猫ですなぁ~」
と、ほめられたんだか驚かれたんだか呆れられたんだか、よく判らないお言葉を頂戴するに及んで、猫ブログ内の大きな猫に感覚が鈍っていた私も、はっきりと認識せざるを得なかった。
 レンは、標準的な体格の猫と比べて、かなり大きいほうなのだ、と。

 確かに、日本人がもっともよく見慣れているはずの、いわゆる和猫と比較すると、レンの体格は、どう贔屓目に見たって、大きい。仕事帰りや買い物帰りに、時々、三毛やブチの野良猫を見かけるが、どの子も、レンと比べたら子猫並みの小ささだ。まぁ、野良だと栄養状態もよくないだろうから、余計に体格は小さいのだろうけど。
 それにしても皆さん方、5キロ台のレンを「でかい」だの「大きい」だのと言ってて、7キロや8キロサイズの猫を見たら、いったい何とおっしゃるつもりなんでしょうなぁ?
 猫に見えるけど、ホンマは猫じゃないんとちゃうか? とでも言い出しかねない。
 ああ、そういえば、ひとり、いた。
 7キロ超えの自分の愛猫(アメショーのオス)を、抱きかかえながら、
「こいつ、ホンマは、猫とちゃいますねん。タヌキですねん」
と、言った人が。
 こういう人を、こちらでは、「大阪人のカガミ」と呼ぶ。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の2枚・魔性のヒトミ(2008年)

Category: レン(虹の橋) & タカヤ  
お猫様のヒトミ。
それは、ある意味、魔性のヒトミと言わざるを得ない(ような気がする)。

だって、こ~んな真面目なお顔で……


じぃ~~~~~っ



と、見つめられただけで、うれしくなっちゃうし。

また、ある時は、こ~んなカワイイお顔で……


あのなぁ、お母はん♪
033_201703211240085dc.jpg


と、見つめられただけで、何でも言うこと聞きたくなっちゃうし。

ええ、早い話が、ただの猫バカのたわごとでございます、はい。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の2枚・どかない猫との攻防戦(2008年)

Category: レン(虹の橋)  
お猫様と一緒に生活するうえでの、必需品のひとつ。
それは、通称コロコロ、つまりカーペットローラーですが。

……レン君、そこ、どいて下さい。


なんでやねん?



お掃除したいからですよ。

ほら、どいてどいてっ!


今、どきたい気分とちゃうねん♪
028_20170321122856fe4.jpg


そして、お猫様の意志をご尊重した結果、掃除が手抜きにならざるを得ない、
というか、お猫様のいる場所だけ掃除できず、抜け毛もとれない。

こんなことは、十数年が過ぎた今でも、日常茶飯事。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


こういう時は鳴いてください

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 足元に猫が来ていることに気づかず、そのままドアを閉めてしまって、結果、猫をトイレや押入れに閉じ込める羽目になってしまった、という経験。
 猫を飼っておられる人なら、誰でも、一度や二度はあるのではなかろうか。
 以前も書いたが、とにかく音を立てないで歩く動物なので、すぐそばまで接近していても、まったく判らないことも多い。さらに、トイレや押入れや風呂場というのは、普段はドアが締め切り状態だから、猫たちは皆、興味津々、入ってみたくてたまらないのだ。
 で、飼い主が出入りする瞬間のスキをついて、入り込む。音もなくスルリと入ってしまうから、侵入したことに気づかれないままドアを閉められ、閉じ込められてしまう。
 先日も、「アオォ~~ッ! ンナオォ~~~ッ!(出せぇ~~っ! 出さんかい~~~っ!)」と、家の中じゅうに響き渡る大声に仰天、どこで鳴いてるのかと探し回り、ほどなく現場を突き止めた。
 風呂場である。ドアを開けると、三男坊のマルが、「よくも閉じ込めたなっ!」と言わんばかりの不機嫌な顔で、トコトコとお出ましになった。
 ほんの数分前、私が、風呂を沸かす準備のために中へ入った時、こっそりと後ろへついてきて、そのことを私に気づかれないまま、閉じ込められたというわけだが。

 しかし、マルのように、閉じ込められたと判った途端、即座に鳴きわめく猫は、まだいい。
 困るのは、閉じ込められても、なかなか声を出さない猫である。こちらとしては、鳴いてくれなきゃ場所の特定が難しいのだ。特に、朝はバタバタと忙しいから、何だか姿が見えない気がするけどなぁ、と思いつつ、そのまま放置してしまうことがある。
 やはり、つい先日の朝のこと。母が、
「タカヤは?」
と聞くので、家の中をグルリと見渡したが、姿が見えない。
 まだベランダの窓は開けていないから、外へ脱走した可能性はない。家の中のどこかにいるはず。
 もう一度、各部屋を、念を入れて探す。
 トイレも見た。風呂場も見た。どこにも見当たらない。が、そんなはずはない……!
「タカヤ~~~っ!」
 返事なし。もともと、あまりニャアニャアと鳴くタイプではない。お気に入りの毛織物をゲットして、引きずり回す時以外は、黙っていることが多い猫なのだ。
 静かでいいのかもしれないが、こんな時が、困る。
「タカヤさ~~~んっ!」
 もう一度、呼ぶ。
 と、どこかで、かすかな、「ニャ~~~」という鳴き声。
 どこで鳴いたんだ? もしかして、ここかっ?
 押入れの戸を開けた途端、ブルーシルバーのうずまき模様が、脱兎のごとくに飛び出してきた。

 30分以上前、押入れの戸を開け閉めした時に入り込んだのだと判ったが、タカヤは、出してもらえるまでの約30分間、私が呼ぶまで、ニャアともミャアとも鳴かなかった。押入れの奥で、誰かが戸を開けてくれるのを、ただただ、黙って待っていたのだ。
 我慢強いといえば我慢強いのだろうが、探す場所の特定に時間はかかるわ、いったいどこにいったのか、とハラハラさせられるわ、とにかく心臓によろしくない。
 閉じ込められたと判った時点で、「出せぇ~~~っ!」と、大声で鳴きわめくマルのようなタイプのほうが、探しやすいことだけは確かだ。うるさいのが、たまに傷だけど。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の3枚・レン君と指タッチ♪(2008年)

Category: レン(虹の橋)  
レン君の、お手手とアンヨが、てんこ盛り♪





どれをさわっちゃおうか、悩みますなぁ~~~♪


……これにしよっと♪


012_20170318123427072.jpg


ちなみに全体図は、こうなっておりました。


013_20170318123428d97.jpg


ああ~~~そのお腹にも、手を突っ込んでみたいっ!
(多分、おそらく、撮影のあとで突っ込んだはず……)


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の3枚・タカヤさんと指タッチ♪(2008年)

Category: タカヤ  
タカヤさん、写真撮影のお時間ですよ~~~♪
と、ご機嫌をうかがいつつ……





かわいい、焦げ気味のくりいむぱんを、パシャリ♪


036_20170318124012708.jpg


ついでに、こんなことまでして、遊んじゃいましたが。


035_20170318124011487.jpg


タカヤさんにしては珍しく、怒りもせずにじっとしてたので、写せたんですよね。

普通、お手手をさわられるのはキライで、すぐに引っ込めるので……
写してるヒマなんか、まず、ないんですが。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


ナメたらアカンぜよっ!

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 電話といえば、携帯やスマホがメインとなって、すっかり久しい感があるけど、実は私には、前々から考えていた素朴な疑問が、ひとつある。携帯やスマホにも、いわゆるイタズラ電話や無言電話というヤツは、かかってくるのだろうか?
 私の携帯(ガラケーです)には、記憶する限り、一度もかかったことはないが………。

 まだ、私がうら若き乙女であった頃、つまり、電話といえば固定電話が当たり前であった頃は、電話帳に番号を載せていなくても、たまに、イタズラや無言の電話がかかってくるという事態は、どうしても避けられなかった。私と同年代の女性で、一人暮らしの経験者ならば、判ってもらえるのではないかと思う。
 中でも、厄介かつ不気味なのが、無言電話というヤツだ。
「はい、もしもし?」
「……………」
「もしもし? どちら様ですか?」
「……………」
 この後、数秒の沈黙が続いて、プツリと切れる。
 1回だけで済めばいいが、1分と待たずして、再度の呼び出しベルが鳴る。
「もしもし?」
「……………」
「もしもし? どちら様?」
「……………」
 やはり数秒後、無言のまま、プツリ。
 この野郎、どこのどいつか知らないが、無言のイヤガラセ電話やな………!

 電話というのは、顔が見えない。だからこそ、イタズラや無言のイヤガラセ電話もかけてこられるというわけだが、しかし、自分の顔をさらさずに済む、という点では、無言電話をかけられたほうにとっても、また同じである。
 無言電話をかけてきたほうは、最初の応対で、私を女と知って、風にも耐えぬか弱き乙女を連想したのかもしれないが、それこそ、お生憎様というモノ。私は、年齢的に乙女であったというだけで、「か弱き」なんぞという単語とは、昔も今も無縁なのだ。

 閑話休題。
 2回目の電話が無言で切れて、やはり1分と間をおかず、再々度、つまり3度目の呼び出しベルが鳴った瞬間、私は、通勤用のバッグに入れてあった、防犯ブザーをひっつかんだ!
 ここで鳴ったが百年目! 仏の顔も三度まで! いや、ちょっと違う、三度目の正直っ!(これも、なんだか違う気がしないでもないが………)
 ベルの音が、きっかり3回鳴ったのと同時に、左手で受話器を持ち上げて、その通話口のすぐそばで、防犯ブザーを、スイッチオン!

 ビビビビビィィィィィ~~~~~ッ!

 今にして思うと、ご近所さんをびっくりさせてしまった可能性も高いが、何しろ、頭にかなり血が昇っていたから、そこまでは考えが及ばなかった。まぁ、パトカーが飛んでくる、なんて事態にはならなかったから、誰も通報はしなかったのだろうな(それもまた、少しモンダイのような気も………)。
 防犯ブザーのスイッチを切って、改めて受話器を耳に当てると、もちろん、電話は切れていた。
 懲りずに4度目をかけてきたら、今度はどうしてくれようか、と、手ぐすね引いて待っていたが、その後、二度と再びかかってこなかったところを見ると、充分すぎるほどに懲りたのであろう。鼓膜がおかしくなったのかもしれぬ。
「思い知ったか! ナメたらアカンぜよっっっ!」
と、なぜか、土佐弁(それも男言葉)で気炎を吐いた私。
 高知に住んだことがあるわけでもないのに、なんで、こんな時に土佐弁が? あれからウン十年が経過しているが、未だに謎のままである。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の2枚・指タッチ♪(2008年)

Category: レン(虹の橋)  
ばんにゃいポーズで熟睡中の、レン君のお手手に……





うふふ♪ うふふ♪ の……指タッチ♪


028_20170316131750c54.jpg


で、よく考えたら、こんなことしても目を覚まさなかったのは、レン君だけ。
タカヤさんとマル君は、速攻で起きてしまうんですよね。

やっぱり、レン君は……鈍感なタイプだったのか?


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の3枚・やっぱり歪んでる(2008年)

Category: レン(虹の橋)  
レン君、お母はんは、アナタの可愛いお顔を、撮りたいんですよ。


だったら、撮ればエエやろ~~~♪



そりゃ~、そのお顔も、どっかのお相撲さんみたいで……
可愛くないことも、ないんだけどさぁ。


はぁ~~~♪ どすこい~~~どすこい~~~♪
008_20170312142209932.jpg


相撲甚句なんか歌ってないで、もう少し、マシなお顔になってほしい……


マシな顔って、これくらい~~~?
009_201703121422118f0.jpg


……いえ、どう見たって、歪んでます。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


願い事はほどほどに

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 紙に、歳の数だけ願い事を書いて、その紙を境内や参道に貼りつけておけば願い事がかなう、と言い伝えられているお地蔵さんを祀ったお寺が、九州にあった。
 いや、あった、というか、今もあるのだろうと思うが、残念ながら、名前が判らない。
 名前も判らないお寺やお地蔵さんのことを、なんで書けるのかといえば、そこに、私自身が2回ほど、お参りというか願掛けというか、早い話が行ったことがあるからで、それなのに名前が判らないのは、行ったのが30年以上前のことゆえ、年数がたちすぎて思い出せない(忘れたともいう)からである。
 当時、大阪ではなく九州の福岡に住んでいた私は、中学3年の時と高校3年の時の2回、両親と一緒に、そのお寺に行った。母の記憶によれば(母もお寺の名は忘れている)、そのお寺というかお地蔵さんは、福岡と大分の県境あたりにあったはず、ということだったが………この記憶も、どこまでが真実なのやら。

 で、なんでわざわざ親子3人で、そんなところまで出向いたのかといえば、早い話が苦しい時の神頼み、信ずるものは救われる。私の高校受験と短大受験の、つまりは合格祈願のためだった。
 ええ、しっかりと、歳の数だけ紙に願い事を書きつけて、参道の一角に、貼りつけておきましたとも。志望校に合格するか否か、私なりに切実なモンダイであったのだ。
 お寺の境内は、参道といわず建物といわず、どこもかしこも、人それぞれの願い事を書きつけた紙でびっしりと埋まって、見ているだけで壮観だったが、当然のことながら、貼るべきスペースは、すべて、過去の参拝者の皆さんの貼りつけた紙で満員御礼。新しく貼る場合、すでに貼ってある誰かの紙の上に、重ね貼りするよりほかにない。
 ごめんなさいねぇ、ちょっと、上に貼らせていただきますよ、と頭を下げながら、できるだけ古そうな紙の上を選んで、貼りつけたような記憶がある。なんで古そうなのを選んだかといえば、紙が古ければ古いほど、当然、参拝して貼りつけられた時期も古いわけで、その紙の願い事がかなったにせよ、そうでなかったにせよ、それなりに、とっくに時効だろう、と、勝手に解釈したからだが。
 あれから30年以上が過ぎ、当然のことながら、私が貼りつけた紙の上にも、次から次へと、新しい願い事の紙が貼られて貼られて、また貼られて………うう~む、今ごろ、どうなっているんだろう。

 紙に書かれた願い事を見ると、人生それぞれ、人さまざま、実にいろいろな願掛けがあったと思う。私のように合格を祈願したものもあれば、病気の平癒を祈願したもの、ごくごく自然に家庭の円満を願ったもの、恋の成就を願ったもの、その他諸々、エトセトラ。
 しかし、その中に、ただひたすら、
   金 金 金 金 金 金 金 金 金 金 ………
   金 金 金 金 金 金 金 金 金 金 ………
   金 金 金 金 金 金 金 金 金 金 ………
と、書かれた紙も、あったりして。
 気持ちはわからんでもないけど、なんだかなぁ。
 お地蔵さんへの願い事として、ちょっと、即物的すぎとちゃいますか?

 ちなみに、願掛けから数ヶ月後、中学3年の春と、高校3年の春。
 私は何とか、念願かなって、志望の高校と志望の短大への合格を果たすことができた。今となっては名は判らねど(これってバチ当たり?)、お地蔵さんのご利益のおかげであろう。ありがたや、ありがたや(合掌)。
 ところで、紙にひたすら「金」の1字を書き連ねておられた、どこぞの何某(なにがし)様の「お願い」は、その後、無事に成就なさったのであろうか?
 30年以上たった今になって、そのことがなんとなく気がかりな、今日この頃である。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の3枚・毎度のことながら(2008年)

Category: レン(虹の橋)  
以前に出したようなのと、同じ寝方の画像が、また出てきた。


002_20170312142203907.jpg


全く、どうして、お猫様という生き物は……
見た瞬間に、こちらがギョッとするような寝方を、してくださるんでしょうかね。


003_20170312142205545.jpg


このお手手、可愛いんだけど、痛くないのか、こんなポーズで。


004_20170312142206b59.jpg


しかも、前に回ってみたら、やっぱり今回も、突っ伏して寝ていた。

見ていて、こちらが息苦しくなってくる(ような気がする)。
……と、毎回、似たようなことを書いちゃってる(ような気もする)。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の3枚・目線をください(2008年)

Category: タカヤ  
タカヤさん、目線をください~~~♪


ん~~~、どないしよっかな~~~



こっちを見てくだされば、いいんです~~~♪


……こぉ、か?
017_20170312142120515.jpg


あ、惜しい!
ちょっとブレちゃった、もう1枚!


ほな、こんな感じか?
019_20170312142121200.jpg


ありがとうございます~~~!


なんてことない写真でも、目線をもらえたら、それだけでラッキー♪


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


それは〇〇工事です!

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 またもやタイムラグの大きな話で申し訳ないが、今から20数年前のこと。
 勤務先の同僚が毎日通っていた銭湯の(その当時、彼女の家には風呂がなかったから)、壁に取り付けられていた配水管が、壊れて落下した。
「で、何しろ客商売やろ? そうそう何日も休業するわけにいかんし、っていうんで、とにかく大急ぎで、修理することはした、らしいねんけどなぁ………」
と、同僚。
「修理することはしたけど? それで、どないしたんや?」
と、私。
「それがなぁ、営業再開したその日に、修理したはずの、壁の配水管が………」
「ふむふむ、配水管が、どないした?」
「また、落下してきよったねん」
「………」
「せっかく大急ぎで、突貫工事で修理したっちゅうのに、まったく………」
 あまりといえば、あまりにもあまりな展開だったので、私の言語中枢機能が回復するまでに、約2秒半ほどの空白があった(と、思う)。
「アンタ、そりゃ、突貫工事とちゃうやろ、欠陥工事やっっっ!」

 ボケ&ツッコミは、大阪の日常である。
 ボケた相手に素早くツッコむ、これが大阪人である。
 直木賞作家の三浦しをんさんが、ご自身のエッセイの中で語っておられるのだが、所用のため新幹線で大阪に来て、知り合いとの待ち合わせの駅名がうろ覚えなまま、
「あの~、コスモポリタン駅に行きたいんですが………」
と、駅員にたずねたところ、
「そりゃ、コスモスクエア駅ですわ」
と、即座にツッコまれたのだそうな。
 さすが大阪、と、三浦しをんさん、すっかり感心しておられたが。
 相手が客であろうとも、ツッコむべきところではツッコむのが大阪では普通、というか当たり前なので、それじゃ~こんな場合、東京というか関東圏では、駅員はどんな対応をするんや? と、私は真剣に考えてしまった。
 駅名の言い間違いには言及せず、さりげな~く、コスモポリタン、もといコスモスクエア駅への行き方だけをお伝えするのであろうか? うう~む………。

 ああ、いやしかし、それにしても最近の駅名って、難解なカタカナ語が使われとるんですなぁ。コスモポリタン、じゃなかった、コスモスクエア駅なんて、私も、三浦しをんさんのエッセイを読むまで、知らなかった。これでも一応、大阪人の端くれなのだが。
 ちなみに、コスモポリタンならぬコスモスクエア駅とは、大阪市営地下鉄の中央線、もしくはニュートラムの南海ポートタウン線、この2路線の始発及び最終駅だそうである。ネットで検索したら、あっという間に出てきた。いやぁ、便利だなぁ、検索システムって。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の3枚・大丈夫、大丈夫?(2008年)

Category: レン(虹の橋)  
あの~~~、レン君?

その寝方、落ちますよ……?


ん~~~? 大丈夫、大丈夫……
012_201703091409268cd.jpg


いや、大丈夫じゃ~ないでしょ、それは……


大丈夫、大丈夫……
013_20170309140928ff9.jpg


だから、どう見ても、大丈夫じゃないんですってばぁ~~~!


ぼくにゃんが言うんやから、大丈夫~~~♪
015_20170309140929ce3.jpg


……そ、そんなモンなんですかね?
ワタシが心配性なだけ?


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の3枚・お腹の〇〇(2008年)

Category: レン(虹の橋)  
ぐっすりと熟睡中の、レンお坊ちゃま♪





お腹のほうを写してみますと、見事に、もふもふだったので。


008_20170309140923cb1.jpg


撮影のついでに、お腹の皮を、つまませていただきました♪


009_201703091409259e9.jpg


実は、レン君は、お腹をさわられるのが大キライ。

下手にさわると、噛みついてくるような子だったので。
こんな時ぐらいしか、お腹にさわるチャンスは、ありませんでした。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


次男は他力本願

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
「ドアを開けるのは普通の猫です。開けたドアを自分で閉めたら、化け猫です」
と、誰かが、何かの本に書いてあったと記憶するのだが。
 まぁ、化け猫か否かは別として、自分でドアや引き戸を開けてしまう猫は、けっこう多い。
 我が家では、長男猫のレンが、そうだった。
 家の各部屋のドアノブが、昔のような、つかんで回すタイプではなく、お年寄りや障害がある人でも開けやすい、L字型のフックタイプだったから、一度コツを覚えてしまえば、あとは簡単だったようだ。
 ドアノブの真下に座り込み、後足でスッと立ち上がったかと思うと、L字型のドアノブに前足を乗せ、体重をかけて、グイッと押す。私の部屋のドアは内開き、つまり部屋の内側へ向けて開くタイプのドアだから、こうするだけで、猫1匹の力でも、実にたやすく開いてしまう。
 レンが、私の部屋のドアを、ノックもなしに(当たり前だが)勝手に開けて、堂々と入ってくるようになるまでに、大した時間はかからなかった。
 うう~む、お年寄りや障害のある人に優しい作りということは、つまり、猫にも優しい作りということなのね。などと、感心ばかりはしていられない。レンはあくまでも普通の猫であって、化け猫ではないから、ドアを勝手にあけることはできても、閉めることにまでは考えが及ばず、おかげで、冬場の私の部屋は、寒かった(エアコンの意味がないから)。

 猫を複数で飼っていると、猫から猫へ、同じような知恵やイタズラが伝授されることは珍しくないが、我が家の場合、この「ドア開けの極意」は、なぜか、次男のタカヤに伝わらなかった。
 親バカ承知で言わせてもらえば、タカヤは、かなり「かしこい」猫である。頭の良さだけに限っていえば、レンよりもずっと上だったはずなのだが、タカヤは、レンの「ドア開け」を、その後ろに座って見ているだけで、一度も、真似しようとしなかった。
 レンがドアを開けるのをじっと待ち、開いたところで、レンの後ろにくっついて一緒に入ってくるという、実にちゃっかりした猫だったのだ。
 自分でドアを開ける努力をするより、レンの「ドア開け」に便乗したほうが、ラクに決まっている。タカヤは、猫として、ラクな道を選択したわけだが、それでは、レンがいなくなってしまった6年前、あきらめて、自分でドアを開ける努力をするようになったか、というと、これまた、そんな気配は微塵も見せることがなかった。
 彼は、閉じたドアの前で、ひたすら、ミャアミャア、ウミャアウミャアと鳴き続け、根負けした私がドアを開けてくれるのを待つ、という戦法に打って出たのである。うう~む、どこまでも他力本願なヤツ。
 一度鳴き始めると、これが相当にしつこく(私に似たのか?)、特に夜だと、同居の親の安眠妨害にもなりかねないから、開けてやるよりほかにない。
 タカヤの催促を封じるためには、結果として、私の部屋のドアを開放しておくしかなかった。レンにせよタカヤにせよ、私の部屋に自由に入れないことが、いたくご不満であったらしく、ドアさえ開けておけば、文句は出ない。出ないのはいいが、しかし、そのおかげで私の部屋は、昔も今も、冬になると、寒い。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の2枚・プリ〇ちゅ♪

Category: マル  
高い場所に乗った時のマル君は、ご機嫌で、尻尾をピンと上げるので。


ぼくにゃんのプリけちゅを、ご披露しますにゃ♪



プリプリの、可愛い、おけちゅ♪
略して、プリけちゅ♪

うう~む、品がいい表現なのか、よくない表現なのか、ちょっと判らん。


修正なしで出すのもどうかと思ったけど、まぁ、いいか。


ぼくにゃんの~可愛い~プリおけちゅ~~~♪
P1150965.jpg


可愛いのは、よ~く判ってるけど、そこから落ちないでくださいね。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の3枚・マル君を探せ(その3)

Category: タカヤ & マル  
さて、本日のマル君は、どちらに……

ああ、いたいた♪





今日は、ちゃんともぐり込めたのね~♪


P1140935.jpg


うふ♪ うふ♪ うふふっ♪
いや~~~カワイイんだから、も~~~♪


うるさいですにゃ、ジャマしないでにゃ!
P1140939.jpg


……はい、スミマセン m(_ _)m

猫トイレ・トライアングル

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 猫は、きれい好きな動物である。
 そんなことは、よ~く判っている。判っているから、猫がトイレを使用するたび、可能な限りまめまめしく、スコップ片手に掃除を繰り返してきた、のだが。
 最近、そのまめまめしさが、かえって仇になったのではないか、とも思える事態が、勃発し始めている。次男猫のタカヤも、三男猫のマルも、ちょっとトイレが汚れているだけで、使用をためらうようになってしまったのだ。
 汚れているといっても、ほんの1ヶ所、それも大ではなくて小のほうをした痕跡があるだけなのに、これじゃ~使えない、と言わんばかりに、トイレの前をウロウロ、そわそわ。
 いつも、どちらかがトイレを使うたび、可能な限り速攻で、私が掃除をしてしまうものだから、2匹とも、トイレは何の痕跡もないキレイな状態が当たり前、少しでも汚れたトイレなど、使うのは猫のプライドが許さん、と思うようになってしまったらしい。
 私だって仕事や買い物、その他もろもろ、することがあるんだから、そうそう、いつもいつも猫のトイレばかり見張ってはいられない。たまの汚れの見落としぐらい、勘弁してよと言いたいが、言ったところで相手が理解不可能なのも判っているので、今日もせっせとスコップ片手に、猫トイレ掃除に励んでいる。

 朝、私が起きると、猫たちも起きる。
 我が家の猫トイレは3つあって、これを仮に、A・B・Cと名づけておくが、まずは起床と同時に、マルがAのトイレで、チ~~~ッと小のほうを済ませる。もちろん、速攻で掃除完了。
 着替えて洗濯を始めたところで、Bのトイレから、ザカザカと砂をかきまわす音が。
 今度はタカヤが小のほうか? と確認しに行くと、思った通り。もちろん、これも速攻で掃除。
 さぁ、洗濯機を回してる間に、すべての部屋にワイパーをかけねば!
 と、思ったところへ、再び、今度はかなり激しく、ザッカザッカと砂をかける音。
 2匹とも、小のほうは済ませている。ということは、大のほうかっ? 出したのはどっちだっ? 朝は忙しいんだから、このへんで勘弁してくださいよ、も~~~!
 と、確認に行ったら、タカヤがCのトイレから出てくるところだった。こんもりと砂がかけられたブツを、これまた速攻で回収し、さて、今度こそ本格的にワイパーをかけるぞっ!
 と、気合いを入れたところへ………今度は、最初に掃除を済ませたAのトイレのほうから、ザッカ、ザッカ、ザッカ、ザッカ。アンタたちは、妖怪「アズキ洗い」かっっっ!
 ワイパーを握りしめて見に行った先では、マルが、出し終わった自分のブツに、せっせせっせと、懇切丁寧に砂かけをしておられるところだった。

 AからBへ、BからCへ、そして再びCからAへ。
 朝っぱらから、猫トイレのトライアングル。
 お願いよ。そんなにきれい好きだというのなら、自分たちのトイレは自分たちで、責任もって掃除していただくというわけに………いかないことが判っているから、今日も私はスコップ片手に………嗚呼、エンドレス!


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。



« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ランキング
1日1回、1クリック有効
ぽちっとよろしく♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ




現在、少々多忙につき、
申し訳ございませんが、
コメント返しは休止して
おります。


本日までの総アクセス数
我が家のお猫様たち
タカヤ君♪

タカヤ(男の子)
アメリカンショートヘア
(ブルーシルバータビー)
2005.10.19.生まれ


マル君♪

マル(男の子)
マンチカン
(レッドタビー)
2011.11.05.生まれ


レン君♪

レン(男の子)
アメリカンショートヘア
(シルバータビー)
2001.3.25.生まれ
2011.2. 2.虹の橋へ
(享年9歳と10ヶ月)
(「虹の橋通信」の担当ニャン)


当ブログの画像の著作権その他は、管理人「あめぶら」の所有となります。

著作権を放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

アダルト・中傷その他の不快なコメントにつきましては、当方の判断で削除いたします。
月別アーカイブ
QRコード
QR
お気に入りリンク
ブログ内検索