我が家のお猫様の優雅な毎日

アメショのタカヤ君とマンチカンのマル君、虹の橋のレン君のお気楽日記♪

本日の2枚・本邦初公開!(2001~2002年)

Category: レン(虹の橋)  
さて、皆さん。
こちらのキュートなヘソ天坊やは、誰でしょう?





まぁ、考えなくったって、カテゴリ名を見ればお判りかと思いますが。

ちなみに、このヘソ天坊やは、1年後……


scan-009.jpg


見事な、おっさん猫となりました(まだ2歳にもなってないのに!)。


私がデジカメを買ったのは、タカヤさんが来たあとのこと。
それまで、レン君の写真はフィルム式カメラで写したものしかなく……

しかも被写体が動くので(当たり前か)、まともに写せたものは殆どありません。
その、数少ないフィルム写真を、コンビニでスキャンしてデジタル化。
こうして、初公開となりました。

レン君が生後半年ぐらいのモノと、1歳半ぐらいの時のモノです。


ワタシが使ったのは、セブンイレブンの機械ですが……
ほかのコンビニでも、スキャンできるところはあるんじゃないかな。

古いフィルム写真をお持ちの方、お試しあれ♪


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。

スポンサーサイト

タガが外れる時

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 真夏の大阪は、亜熱帯気候地帯と化す。
 毎年、今の時期になると、「季節限定で北海道に移住できへんもんやろか」と思ってしまう大阪人は、決して、私ひとりではないはずである。
 で、北海道、と言って思い出したのが、少々、時期を外した話になってしまうけど、毎年、春と秋に全国の有名デパートで必ず開催される「北海道展」や「北海道フェア」。
 いうまでもあるまい。北海道特産の美味いモノがズラリとならぶ、あの催し。
 もちろん私も、その美味いモノに釣られて出向いたことが、何度かある。そして、自慢にも何もなりゃしない話だが、ほぼ毎回、目的のモノをまともに買えず、すごすごと引き上げざるを得なかった。
 理由は簡単かつ明快、人が多すぎるのだ、人がっ!

 私は人混みが大の苦手である(まぁ、好きな人はおるまいが)。子どもの頃から今に至るまで、混雑したバーゲンセールの売り場や師走の市場になど、まともに突撃したことは一度もない。安かろうが美味かろうが、あんなとこに突入するくらいなら何も買わないほうがマシ! と思うくらいの人混みギライなのである。
 その私が、新聞やチラシの写真に釣られて、たまには何か美味いモノ(主にスイーツ)でも仕入れるべ、などと、つい考えてしまったこと自体が、今にして思えば無謀だったのだ。
 私はスーパー勤務なので、休みは平日であることが多い。そしてスーパーもデパートも、かき入れ時は土日と祝日。ならば私が休みの平日は、デパートも、それほど混んではおるまい。
 ………と、そう考えた私が、バカだった。
 美味いモノは人を呼ぶ。その美味いモノが居並ぶ北海道展や北海道フェアに、平日も土日祝日も、一切関係なかった。会場は、美味いモノを求めて開店直後から店内に突入、目当ての品目がけ、闘牛場の黒牛のごとくに角を振り立て突進する「おばちゃん」の群れで、あふれかえっていたのだ。

 某女流作家さんが、あの手の会場に群れを成す人々を指して曰く、
「みな、明らかにタガが外れている」
と評していたが、まさにその通り。ああいった会場では、美味いモノを求めんとするあまりの、一種の狂気が渦巻いている(としか思えん!)。
 あっちで押し合い、こっちでへし合い、押されれば押し返して人だかりに突入し、目当てのスイーツやら干物やら寿司やらを買い求めるおばちゃんたちは皆、タガが外れまくっている。
 おばちゃんとは、どこでもそういった種族なのだ、といってしまえばそれまでだが、ここは大阪。食い倒れの街・大阪のおばちゃんの迫力と情熱を甘く見たが最後、痛い目に遭う、と相場は決まっている。
 目をらんらんと輝かせ、山の中でハンターに出くわしたイノシシのごとくに猪突猛進、いや、この場合はおばちゃんたちのほうがハンターなのだが………アレを食べたい、コレも買わねば! との鼻息も荒く突撃してくるその勢いに勝てる者など、もはやこの世には存在するまい。北斗神拳の継承者ケンシロウだって、ぶっ飛ばされるんじゃないだろうか。

 結局、タガがはずれまくったおばちゃんの群れを前に、ただでさえ人混みギライの私が太刀打ちできるはずもなく、すごすごと(何も買わずに)立ち去るよりほか、ないのだった。
 電車賃まで使ってデパートにやってきて、何も買わずに帰る。
 虚しさもここに極まれり、と言わずして、何としょう。
 こんな私だから、北海道フェア以上に、絶対に立ち入れない空間が、もうひとつ、ある。
 これまた季節外れな話だが、毎年2月の、バレンタインフェアの会場だ。
 あそこの混み具合のすさまじさについては、やはり突入を試みたものの虚しく敗北した作家さんのエッセイその他で、もはや、行かずとも知り尽くしている。
 どんな美味いチョコ、珍しいチョコが並ぼうと、私があそこへチョコ(この場合、自分チョコ)を買いに行く日は、永遠にやってこないだろう、多分。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の3枚・ビー玉のお目目(2008年)

Category: タカヤ  
タカヤさん、おくつろぎでらっしゃいますか?


ジャマせんといてや~~~♪
025_201706300847215e6.jpg


あ~~~、はいはい。
でも、ついでに、お顔のアップを1枚……


ジャマすんなって言うとるやろが!
026_20170630084722a6b.jpg


ス、スミマセン……


ホンマ、物わかりの悪いやっちゃ!
030_201706300847248cd.jpg


あ~~~、けど、タカヤさんの横顔。
お目目がビー玉みたいで、キレイ~~~!


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の3枚・魅惑の下半身(2008年)

Category: レン(虹の橋) & タカヤ  
こちら、ごくごく普通の、お猫様のお座りポーズでございますが。


034_20170630084442c34.jpg


お手手がなくなると、リスの下半身に見えます。


033_20170630084441089.jpg


ささ、皆さん、お好きにモフッてやってください♪


ぼくにゃんには、できへんポーズやな……
022_2017063008444000c.jpg


アンタは、その大股開きだけで十分ですよ。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


〇〇は数字の7がお好き?

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 朝の出勤時。
 玄関を一歩踏み出したところで、つま先で何かを蹴飛ばした感触。
 ん? 何だ? と思ったら、仰向けにひっくり返ったセミの亡骸だった。
 あ~~~、今年も、セミ嫌いには憂鬱な季節がめぐってきたか。
 私はセミは平気だが、見るのもダメ、という女性も多いので、そろそろ各所に繁殖を終えたセミの亡骸が転がり出すこの季節、戦々恐々としている人も多かろう。
 つまり、今回はセミの話になるので、苦手なかたはスルーしていただきたい。

 地上に出たセミの寿命は、短ければ1週間か10日前後、長ければ2~3週間か1ヶ月ぐらい。梅雨明け前、つまり夏のはじめに早々に羽化したセミならば、そろそろ寿命が尽きてもおかしくないし、死に場所が地面の上ならばいいが、マンションの廊下で行き倒れたまま力尽きる、という例も、都会の場合は少なくない。
 セミ嫌いの女性のためにも、なるべく、マンション内や家の近くでのご臨終は、控えていただきたいものだ。私だって、家を出た途端にセミの亡骸を蹴飛ばす、なんて事態は、できれば避けたいのが人情である。
 だって、「お、お助けくだされ~~~」とドアにすがりついてきた行き倒れのセミを、見て見ぬふりして死なせたみたいで、後味が悪いじゃ~ありませんかっ!
 ………って、そんなふうに考えるのは私だけ? ちょっとヘンですかね?

 閑話休題。
 私は幼稚園の頃、母に「セミは7年、地面の下で暮らして、地上に出て1週間で死ぬ」と教えられ、
「それじゃ、セミは月曜日に生まれて日曜日に死ぬの?」
と、大真面目な顔で聞き返し、さしもの母も返答に窮したらしい。
 1週間というのは長さのことであって、曜日は関係ないんですけどね。幼稚園児に、そこまでわかろうはずもなし。1週間と聞いて、とっさに週の初めの月曜日と、終わりの日曜日を連想したのだろう。
 いくらなんでも1週間は短すぎるよな、と、大人になった今は思うが(実際、平均的にみて2~3週間は生きるそうだし)、しかし、セミの寿命=1週間、というのは、けっこう知られた通説という気がする。
 直木賞作家・角田光代さんのベストセラーには、「八日目の蝉」というのがあるし。
 しかし、なんで1週間なんだ? セミは7年間、幼虫として地下で過ごすから、同じ「7」という単位で、区切りがよくて自然にそう伝わったんであろうか?

 しかし。地下で幼虫として過ごす期間が7年間、というのは、あくまで日本のセミの話だ。アメリカ本土(どの州かは忘れた)には、7年間どころか、もっととんでもないセミがいる。
 その名も、「17年ゼミ」!
 17年間を幼虫として地中で暮らすセミで、17年ごとに一斉に羽化、つまり大量発生するんだそうである。セミの大量発生。セミ嫌いが聞いたら卒倒しそうだ。
 日本の場合は、毎年、ほぼ一定量のセミが羽化する(はずである)。つまり、今年羽化したセミは7年前に生まれたセミ(の幼虫)だし、来年羽化するであろうセミは、8年前に産みつけられた卵からかえった幼虫。毎年毎年、このサイクルが繰り返されている。
 しかし、17年ゼミはちがう。それこそ、17年に一度しか羽化しないのだ。
 17年ですよ。17年といったら、アナタ、その年にオギャアと生まれた赤ん坊が、ハイスクールの学生になってる年月ですよ!
 とにかく17年に一度の大量発生だから、子どもや若い人は、セミなんか見たことがない(アメリカには日本のようにいろんな種類のセミはいないらしい)。
 だから、17年ゼミ発生の年になると、州でも市でも町でも、人々がパニックを起こさないよう、PR活動に余念がない。曰く、「セミは毒など持っていません。人を刺すこともありません。よって、セミにさわっても死ぬことはありませんので、落ち着いて行動するように」………って、おいおい (-_-;)
 日本だったら、ありえない話だ(ヒアリじゃないんだからっっっ!)

 そして、ひとたび発生した17年ゼミは、まさしく町じゅうを席巻し、ほぼ1ヶ月にわたって覆いつくす。セミ嫌いが聞いたら目を回しそうな話だ。
 マンションの廊下やベランダに亡骸がひとつ転がっている、などといった可愛いレベルではない。無数のセミが町じゅうを徘徊し、どれが生きてるセミで、どれが死んでるセミなのかも判らないくらいであるという。セミの亡骸を踏まずに歩くほうが困難だ、なんて話もある(ああ、セミ嫌いが聞いたら………以下略)。
 彼らは約1ヶ月の間、次々と羽化してはせっせと次世代の子作りに励み、17年後に羽化すべき卵を残して、自分たちは土に還ってゆく。
 自然界の摂理ってスゴイ、といえばそれまでだが、しかしなぁ………。
 なんだって、17年なんだ?
 こちらにも「7」の数字がある。セミの皆さんは、数字の「7」がお好きなのだろうか。

 私はこの話を、アメリカに留学経験のある女性のエッセイで知った。
 もう30年ほど昔の話だし、エッセイというのは本にまとめられた時、その内容に数年の時差が生じることも多いから、その30年の間に最低1回(下手すりゃ2回)、17年ゼミは大量発生しているということになる。
 17年もの間、幼虫として地下で生活するセミ。
 う~ん、アメリカといふ国は、虫に至るまで、日本とはかなりスケールがちがふ (-_-;)


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の3枚・方向転換スポット(2008年)

Category: タカヤ  
今のエアコンの室内機は、一番上の部分がネット状になっているので。

猫が乗って、爪でネットを破られたりしては大変、というわけで、
キッチン用品をうまく利用して、「猫返し」を取り付けたのだけど。


以前のエアコンの室内機は、最上部がプラスチックで覆われていたから、
そこまでは工夫していなかった。

よって、お猫様は、乗り放題。
と言うか……


よっこらせ、っと♪
006_20170626143736b20.jpg


エアコンは、カーテンレールの上へ戻る際の、格好の方向転換スポットでした。
(レールづたいにエアコンに乗り、そこで向きを変えてレールに戻るんです)

レン君もタカヤさんも、レール渡りはお得意だったけど。


ふふん♪ ふん♪ ふふ~~~ん♪
008_20170626143738e85.jpg


やっぱり、タカヤさんのほうが、足取りが軽やかでしたねぇ。
レン君は、どこか、ぎこちなかったような……


さっ♪ もどろうっと♪
010_20170626143739fe8.jpg


ちなみにマル君は、この位置までバック、つまりお尻から戻っていっては、
四六時中、後足を踏み外しかけています。

もう、方向転換はできないのだと、いい加減に学んでほしい……。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の2枚・ほぐしてみたくなる(2008年)

Category: レン(虹の橋)  
レン君、お願いです。
あんまり、お顔を隠して寝ないでくださいよ。


そんなこと、ぼくにゃんの勝手や♪
002_201706261437349a3.jpg


それはそうなんですけどね。
そうやって、可愛いお顔を隠されると……


003_20170626143735049.jpg


そのお手手の間に、指を突っ込んで……
ほぐしてみたくなっちゃうんですよぉ~~~!


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


てんこ盛り大好き

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 猫はきれい好きな動物。
 排泄行為のあとは、砂かけを欠かさない……ものだと、思っていたのだが。
 猫を飼ってみて判ったのは、この砂かけ行動ひとつをとってみても、猫それぞれの個性が出る、ということだ。十人十色ならぬ十猫十色。我が家の3匹の砂かけは、同じ猫かと疑いたくなるくらい、異なっている。

 一番、ごくごく「普通」の砂かけをしたのは、長男のレンだった。小の時も大の時も、そこそこの量の砂を、ザッザッと軽くかけてから、出てきた。
 いや、一度だけ、大の時に砂をかけ忘れたことがある。たまたまそばにいた私が、トイレをのぞいて、
「レン君、お砂をかけてないよ~?」
と声をかけたら、なんと!
 ズドドドッ、と音を立てて駆け戻ってきて、トイレに飛び込み、いつものようにザッザッと砂かけをしたのには、驚いた。この子、人の言葉をちゃんと理解してる! と、親バカちゃんりん丸出しで感動したものだ。

 対して、次男猫のタカヤはというと、これが、我が家では一番「ずぼら」な猫である。まぁ、ずぼらといっても、そこは猫。砂かけをしないというわけではない。
 ただし、大の時に限る。彼は、小の時は砂をかけないのだ。
 消臭効果抜群のヒノキの砂を使っているので、小のほうは砂をかけなくても殆ど臭わないし、大の時はきちんと砂をかけてくれるので、これくらいのずぼらは、許容範囲内として大目に見ている。

 そして、三男坊のマルだが。砂かけにおいて、一番問題行動が多いのは、実は、我が家では彼である。といっても、砂かけを全然しない、というのではない。その逆だ。彼は、砂をかけすぎるのだ!
 小の時も大の時も、マルは、せっせと砂をかける。それはもう入念に、そして盛大に!
 出したブツの上に、砂をてんこ盛りにしないと気が済まないらしい。
 あまりにも入念の度が過ぎて、ブツがどこへ行ったか判らなくなるなど、日常茶飯事。マルが我が家に来て以来、猫トイレを掃除する時の私は、殆ど遺跡の発掘作業でもしてるような気分に陥っている。特に小の時など、砂の山をかなり慎重にほぐさないと、固まっているはずの砂を突き崩してしまうのだ。
 慎重に掘り進んだその結果、恐竜の骨でも出てきてくれればウレシイが、お出ましになるのは猫のブツ。化石発見の感動などとは、ほど遠い。

 ザッザッ、ザッカザッカ、と砂をかけまくる音が聞こえると、「ああ、マルだな」と、すぐ判る。ほどほどにしてくれないものか、と、彼が砂かけ中のトイレの前に立ち、
「マル君、そろそろ出てきてよ」
「もう、そのくらいでいいでしょうが」
「あとのお掃除が大変なんだよっ!」
と声をかけたこと数知れず。もちろん、効き目はない。
 私から何と言われようと、トイレの砂かけはてんこ盛りに限る、と、固く固く信じてやまないらしい。
 マル自身の大と小が、砂でてんこ盛りにされることについては、まぁいいというか、もう仕方がないというか、私もあきらめて久しいのだが。
 つい先日、タカヤが小のほうを済ませて、いつもの通り、砂かけをせず出てきたところに出くわした。すると、トイレのそばにいたマルが、間髪をおかず、タカヤが出てきたばかりのトイレの中に入っていく。彼も用を足したかったのか、と何気なく見ていたら………にゃんと!
 マルは、砂をかけられていないタカヤの小の痕跡の上へ、大真面目な顔でザッザッと砂をかけ、そして、自分は用を足すことなく出てきたのである!
 自分の痕跡だけでは飽き足らず、他猫の痕跡にまで砂をかける猫なんて、初めて見た。初めてといっても、私が直接知っているのは我が家の3匹だけだが。
 それからも、時々、マルがタカヤの小の痕跡に砂かけをするところを目撃した。毎回毎回、というわけではなさそうだが、タカヤが用を足した直後の場に居合わせた時、この行動に出ることが多い(と思う)。
 これも、きれい好きが成せるワザ?
 こんな猫、ほかにもいますかね?


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の2枚・ビキニのおぱんちゅ

Category: マル  
みにゃさん、本日は、ぼくにゃんの……
P5011538.jpg


せくちぃな、ビキニのおぱんちゅ、お見せしますにゃ♪
P5011529.jpg


この画像、4月の末のモノなんだけど。
マル君、半年に一度のエコー検査で、お腹を剃られちゃいまして。

いつもは、毛を剃らなくても大丈夫なんですが……
どうも、その日、機械の調子が悪かったらしい。
見事に、薄桃色の、ビキニのおぱんちゅ姿となりました。

今はもう、だいぶ生えそろっておりますので、ご心配なく!


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の3枚・またいでます

Category: マル  
ん? マル君? どんな格好で寝てるの?





ちょっと、角度的に、うまく写せないんですけど……


うるさいにゃ~~~!
P4211476.jpg


これって、椅子の手すりを、胸の部分でまたいで寝てるんですよね。


そんなこと、ぼくにゃんの勝手ですにゃ!
P4211481.jpg


そりゃ、そうなんだけど……寝苦しくないんですかい?


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


〇〇にハマる

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 マイブーム、と呼ぶほどのものではないが。
 数ヶ月前、つまり今年の春ごろから、さつま芋にハマっている。
 ことの起こりは、たまたまネットで取り寄せてみた「冷凍焼き芋」が美味しかったからで、それをきっかけに、今はスイーツ並みに柔らかくて甘い、ブランドさつま芋があることを知った(つまり、それまで知らなかった)。
 うちの近所でも、同じさつま芋を手に入れられるだろうか、と、まず勤務先のスーパーの野菜コーナーをのぞいてみると、おお、あるではないか。
 安納芋、紅はるか、シルクスイート etc ………焼き芋として取り寄せたのと同じ種類のブランド芋が並んでいる。さっそく、安納芋を買って帰って、電子レンジで、手軽にチン♪
 ひと口、ぱくり♪
 ん? あれ? 何かが違う。お取り寄せした焼き芋と同じ種類のさつま芋なのに、味が全然、違ってる。甘くないことはないけれど、ねっとり感やしっとり感が、まるでない。たまたま、質のよくない芋を買ってしまったのだろうか? いや、それにしても、この味の違いは………。
 原因は、わりとすぐに明らかになった。
 ネットでは、焼き芋ではない生のさつま芋を取り寄せることもできるが、たまたま、そのさつま芋の商品ページを見ていたら、ごく小さな文字で、こう記されていたのだ。
「安納芋や紅はるかなどのブランド芋は、電子レンジでチンしないでください。美味しくなくなります」

 がび~ん! と叫びたくなる時というのは、こういう時だ。
 私、美味しいブランド芋を、わざわざ不味くして食べていたのね、しくしくしく………。
 つまり、石焼き芋を作るのと同じ要領で、じっくり、じわじわと過熱しなければ、ねっとり、トロトロのスイーツのような焼き上がりにはならない、ということか。
 ネットで焼き芋になったモノを取り寄せるのが、一番お手軽だというのは判っているが、金額面を考えると、スーパーでさつま芋を買って、家で石焼き芋のように焼くほうが、断然、安上がりに決まっている。
 家庭で石焼き芋を作ることのできる鍋、あるいは電子レンジで石焼き芋を作ることのできる容器、というのもあるけれど、うう~む、そういうモノを買ってまで、石焼き芋を作りたいか?
 答えは否、だったのだが、でも、ねっとりとジューシーなブランドさつま芋の石焼き芋の味もまた、ちょっとばかり、忘れがたい。何とか、鍋や容器を買わずに家で作る方法はないものか?
 ぐるりとキッチンを見渡して………
 使えるとしたら、これしかないな、と白羽の矢を立てたのが、パンを焼くオーブントースターだった。これなら、加熱して中の温度が熱くなりすぎた時は、サーモスタットが働いて、一時的に加熱を中断してくれる。つまり、熱くなりすぎない状態で、じっくりじわじわと焼けるはずだ。
 安納芋を買ってきて、再度、チャレンジ!
 洗った安納芋をホイルでくるんで、時々、上下をひっくり返しながら、30分。そのあとは、ホイルを開いた状態にして、これまた上下をひっくり返しつつ、30分から40分ぐらい。
 中に火が通っているかどうか、確認するために竹串を刺すと、その竹串の穴から、黄色い蜜がジュワッと吹き出してきた。おお、焼けている、焼けている!
 果たして結果は………大成功であった。私としては珍しく。
 ネットで取り寄せた石焼き芋と同じくらい、ねっとり、しっとり、トロトロにジューシーなブランド芋の焼き芋が、できあがったのだ。
 文字通り味をしめた私は、それから時々、勤務先のスーパーで安納芋や紅はるかを買ってきては、オーブントースターで焼き芋にして食べた。
 小ぶりの芋なら、一度に3個は焼くことができるので、余った分は冷凍庫へ。この冷凍焼き芋、冷蔵庫で自然解凍して、冷たいまま食べても、甘くて美味い。
 ただ、今のこの時期、焼き芋を作るには少々暑すぎる。それに、目当てのブランド芋も、さすがに旬を過ぎたらしくて、店頭に並ばなくなってきた。
 しばらく中断して、秋に新しい芋が出るのを、待つかな。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の3枚・後ろから見ても♪

Category: マル  
みにゃさん、うちのお母はんは……
P4201447.jpg


ぼくにゃんのこと、前から見ても可愛いけど……
P4201450.jpg


後ろから見ても可愛い、っていうのは、何故ですにゃ?
P4201461.jpg


そりゃ、アンタ……
その、プリプリした、ぷりちーな、プリおけちゅが見えるから♪

ほかに、どんな理由がある、と?


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の2枚・自分ちの子が一番♪

Category: マル  
民放の猫番組、「旅猫ロマン」を見ていたら。


じぃ~~~~~っ♪



マル君も、すぐそばまで来て、ご鑑賞タイム♪
岩合さんの時もだけど、猫の番組だと、やってくるんですよね。


あ~、テレビの前の缶チューハイは、見なかったことにしてくださいな。

お酒の量は、病気(原発性胆汁性胆管炎)のこともあって、減らしたけど……
週に1~2回ぐらいは、飲みたいじゃ~ないですか!


ぼくにゃんのほうが、ずっとカワイイですにゃ!
P3311399.jpg


あ~、はいはい。

マル君、猫の飼い主さんはね……
み~んな、心の中で、そう思ってるんですよ。

自分ちの子が一番にゃ! と……


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


オバさんは疲れたよ

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 このところ、NHKのBSプレミアムでは、深夜に他局制作のアニメを放送することが多い。何年か前は、確か「セーラームーン」をやってた(見てないけど)。さらにそのあとは、「ベルサイユのばら」をやってた(これも見てないけど)。もちろん、コマーシャルなしで(当たり前か)。
 BSとはいえ、NHKが他局のアニメを放送するようになろうとは、いやはや、少し前に石原裕次郎の没後30年企画で「西部警察」の最終回が放送された時もたまげたが、マジで、時代はどんどん変わっていくのですなぁ。
 ちなみに、去年の9月から今年の3月までの半年間は、「新世紀エヴァンゲリオン」全26話が放送されていた。エヴァンゲリオン、略して「エヴァ」。私にとっては、長らく、その主題歌「残酷な天使のテーゼ」しか知らなかった作品である。う~ん、歌は好きだったけど、内容は全然、見たことなかったなぁ。どんなアニメなんだ?

 と、いうわけで。全話、録画しておきましたとも。半年かけて。
 そして、つい先日、その全話を数日かけて、ぶっ通しで見ましたとも。
 おかげで頭の中ではまだ、使途だのアダムだのリリスだの、セカンドインパクトがど~したの、シンクロ率がこ~したの、と、意味不明のエヴァ用語がグルグル回っている。
 回ってはいるのだが、それでは、内容を正しく理解できたのかというと………

 よく、判らん (-_-;)

 面白くなかったのでは、ない。それなりに、ちゃんと、面白かった。面白かったのだが、ストーリー設定の細かい部分を理解しようとすると、アラフィフのおばさんの疲れた脳みそは拒絶反応を起こすようで、その内容に半分もついていけないのだ(アニメにもエヴァにも興味ない人には、もっと意味不明の話ですよね、スイマセン)。
 比較的若い時に見ていたら、きちんと理解できたし、それなりにハマっていたかもしれない。面白かったと思いながらも、よく判らんとも思ってしまったのは、ひとえに、我が脳みその老化現象の故であろう。
 ああ、私たち、出会うのが遅すぎたんですね、などと、どこぞの三流恋愛ドラマみたいなセリフをつぶやくしかない、今日この頃である。
 さらにちょっとショック?だったのは、キャラクターの顔と名前を覚えるのにも四苦八苦してしまう自分の姿を、そこに発見してしまったことだ。子どもの頃、あるいは20代ぐらいまでの若いころに見たアニメ(やドラマ)の登場人物の名は、少々ややこしくったって、きちんと覚えられたというのに!
 嗚呼、歳はとりたくない………しくしくしく。
 そんなわけで、私は、あのアニメを見終わった今でも、キャラの顔と名が混乱している。ええ~と、このおねえさんはなんて名前だっけ? ミサキ? いやちがった、ミサトか! 彼女が0号機のパイロット………じゃない、0号機のパイロットはレイだ! そして初号機のパイロットがアスカ? いやちがう、初号機に乗るのは主人公のシンジだった!
 そもそも、使途ってナンデスカ? 人類補完計画って、ナンデスカ?
 誰か、判りやすく教えてくださ~いっっっ!
 ………ああ、やれやれ、とにかく疲れた(アニメを見てて疲れるとは!)。
 もしも、どのキャラが一番好きか、と聞かれたら。
 ミサトの飼っていた?ペンギンが、可愛くて好きだと答えることにしよう。
 しかし、なんで彼女はペンギンを飼ってたのだ? よく判らん (-_-;)

 繰り返して何度も見ていれば、もっと理解できるのかもしれないんだけど。我がテレビの録画機能はテレビとの一体型なので、見終わったら消していかないと、次の予約録画に必要な残り時間がなくなってしまう。
 だって、「エヴァ」のあとには、これまた他局のアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」が控えてるんだもの(現在放送中)。これも、タイトルしか知らなかったアニメだけど。まぁ、こちらはライトノベルが原作の学園コメディタッチらしいから、「エヴァ」ほど、頭は混乱するまい(と思う)。
 ちなみに、ヒロイン涼宮ハルヒの人物像はというと、出るとこは出てるナイスバディな美少女。成績優秀、運動神経抜群、料理などの腕前もなかなかのもので、「性格以外は問題はない」のだそうだが。
 いえ、あの、それってつまり………「性格に大いに問題あり」ってことでしょ?
 で、彼女の、その性格、「唯我独尊」「傍若無人」「猪突猛進」だそうである。
 もしも彼女が実在したとして、おつきあいしたいとは、ちょっと、思わん (-_-;)
 まぁ、全話録画し終わったら、ちゃんと見る予定ではあるけどね。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の3枚・見てくれなくとも

Category: タカヤ  
タカヤさんの「いいお顔」は、なかなか撮れないので。


きりりっ♪
P3171358.jpg


こんな横顔が撮れた時は、とっても、ウレシイ。
たとえ、それが……


じぃぃぃ~~~っ♪
P3171364.jpg


窓の外の鳥を眺めるのに、夢中になっているだけで……


あ~、カラス♪
P3171370.jpg


ワタシのほう(カメラのほう)を、全然、見てくれなかったとしても。
それはそれで、満足でございます、はい。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の3枚・いいんです、シアワセなら♪

Category: マル  
マル君は、ワタシのベッド(のド真ん中)が、大好き。


ふふん♪ ふん♪ ふふ~~~ん♪
P3141247.jpg


そして、ワタシと目が合うと……


さぁ、ぼくにゃんを撫でるのですにゃ!
P3141251.jpg


と言わんばかりの、おぽんぽん丸見せポーズになる。

甘えてるだけなんだ、と思う反面……
とってもエラそうに命令されている、という感じが、しなくもない。

しなくもない、のだが……

あ~~~♪ ぼくにゃんシアワセ~~~♪
P3141255.jpg


ええ、いいんです。
お猫様さえシアワセなら、それで……♪


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


おトイレ事情と爪切りと

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 7匹の猫が、横一列にズラリと並んで、食事をしている。
 主人公(西島秀俊)はそれを確認しながら、今度は猫トイレの掃除にかかる。
 7匹もいるのだから、トイレ掃除も大変だ。
 せっせと掃除をし終わったところで、食事を済ませた7匹の猫たちがやってくる。
 たった今、掃除を済ませたばかりのトイレに入って、ちぃ~~~っと排泄。
 主人公、天を仰ぐ………。

 NHKで金曜午後10時に放送中のドラマ10、「ブランケットキャッツ」第2話の1場面である。
 もちろん、私は予約録画してあるので、例のごとく、あとでまとめて見るつもりなのだが、たまたま上記の場面に出くわして、笑いながら、うんうん、あるある、とうなずいてしまった。
 別に7匹も猫がいなくとも、猫を飼っておられる人なら、多少なりとも経験がおありだろう。
 何故? どうして? 今、そこで、それをするのだっ!
 と、猫相手に訴えたくなるような事態に、遭遇したという経験が。

 うちにも、同じようなことをするヤツがいる。タカヤはほとんどやらないのだが、マルは、ほぼ確実に、上記のドラマの猫たちと同じ行動をとるのである。
 私がトイレをキレイにしたとたん、さっさとやってきて、そのキレイにしたトイレに入り、さも当然といった顔で、用を足す。3つのトイレがすべて汚れていたというのなら、さもありなん、と納得するが。汚れていないままのトイレがあっても、そこで用は足さずに、私がトイレを掃除するのを見計らっているフシがある。
 猫がキレイ好きというのは、この十数年で骨身に染みているが、マルの場合、単に汚れてさえいなければ、どのトイレでもいい、というわけではないらしい。
 どうやら、私が掃除をしたばかりのトイレが一番キレイだ、と思っているらしいのだ。
 そんなことが、あるわけないでしょ。そっちのトイレ、まだタカヤさんが使ってないから、キレイでしょ。そっちを使えばいいじゃないの! と説教したところで、効き目はない。
 西島秀俊演じる、ドラマ「ブランケットキャッツ」の主人公ではないが、キレイにしたばかりのトイレを汚されることほど、気分が萎えるモノはない。私も毎回、天を仰いでいる。

 ………と、猫のおトイレ事情はさておき、「ブランケットキャッツ」の7匹の猫たちは、予告編などをチラリと見る限り、皆、なかなかの芸達者だ。
 高い場所から西島秀俊の背中に、ドスンと飛び降りて驚かせたり。そうかと思えば、おとなしく膝に抱っこされて、爪を切ってもらったり。
 ああ、そうだ、猫の爪切り!
 私にとって、おとなしく爪を切らせる猫ほど、ウラヤマシイ存在はない。タカヤもマルも、爪切りが大キライなのだ。最低、月に一度は爪切りをしないと伸びてきて危ないのだが、これが、母とふたりがかりの大騒動。無事に成功したためしがない。途中で大暴れして逃げ出すから、切ったのは前足1本だけ、などという情けない結果になる。
 トイレの掃除云々などより、こちらのほうが、我が家にとっては問題だ。
 掃除したばかりのトイレを汚したっていいから、爪ぐらい、おとなしく切らせてくれないだろうか。

 ところで、余談になるが、「ブランケットキャッツ」に出演している7匹の猫の中の1匹は、本名を金時ちゃんという。その名とその外見からして、おそらく、ドラマ「猫忍」(映画もあったな)の『父上』役と同一人物、じゃなかった、同一猫であろうと思われる。あの色合い、あのデカさ、多分まちがいないと思うのだが………。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の3枚・ワルすぎる!

Category: タカヤ  
タカヤさん、お目目をあけてくれませんか~?


ん~~~、どないしよっかな~~~♪
P3101224.jpg


そんなこと言わずに、お願いします~~~!


ん~~~、これくらいでエエか~~~?
P3101228.jpg


あ~~~、できれば、もうちょっと……


いちいち、注文がウルサイ!
P3101244.jpg


……だって、アナタの今の目つき、ワルすぎるんですもの。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の3枚・際立つ短さ

Category: マル  
かなりお久しぶりの、マル君、登場!

毎度のことで、2ヶ月ほど前の画像ですが……


P3081206.jpg


いや、しかし、高い場所にいるところを、下から写すと……


P3081210.jpg


お手手とアンヨの短さが、ホンマ、際立つなぁ……


ん? にゃにか言った?
P3081212.jpg


言ってません! 短足だなんて、言ってません~~~!
というか、アナタは、そこが可愛いのです!


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


そして誰もいなくなった

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 野生の生物が、この世に生まれて無事に大人になる、というか、次の子孫を残せるまでに成長できる確率は、生まれた数全体の、わずか3パーセントにすぎないという。
 まぁ、食物連鎖が上の階に行くにつれて、この確率は少しずつ高くなっていくわけだが、百獣の王ライオンでさえ、平均3~4匹生まれる子のうち、無事に育ち上がって次の子を残せるのは、野生の状態では半数ほどだというから、食うか食われるかの自然界の掟は、まったくもって厳しいモノだ。
 たった3パーセントしか生き残れなくて、よく、種の保存ができているもんだと感心するが、そこはそれ。食物連鎖が下位の生き物ほど、たくさんの子どもや卵を産むのが普通である。
 例えばホタルイカ。
 イカの仲間としては小型だが、その小さな体で、一度に1万個もの卵を産むという。
 ええ~と、その1万個の卵のうち、無事にふ化して成長するのは3パーセントだから、300匹。その300匹のうちの半数をメスと仮定すると150匹。
 その150匹のメスが、それぞれ1万個の卵を産むから、卵の数は150万個。150万個のうちの成長できる3パーセントは、ええと、ええ~と(ここで電卓を探す私)、45000匹。
 45000匹の半数をメスとして22500匹、そのメスが生む卵が、2億2500万個!
 その2億2500万個のうち………ああ、いや、計算はこのあたりでやめておこう。
 こりゃ、滅びることなく種族を保存できるのも無理はない。自然の摂理って、スゴい。

 なんでこんなことを書いたかといえば、自然界の生き物のドキュメンタリー番組を見ていて、小学生の頃に近くの田んぼでカエルの卵をとってきて、その成長過程を見続けたことを思い出したせいである。
 多分、トノサマガエルの卵だったと思うのだが、家にあった金属製の大きな洗面器に入れて、当時住んでいたアパートの、玄関のすぐ外の廊下に置いて観察した。
 何しろ昔のことだから、専門の飼育ケースも持っていなかったし、そもそも、成長したカエルを飼育する意図などなかった。小学生の私としては、卵からオタマジャクシへ、オタマジャクシからカエルへ、という変化の過程さえ見られればよかったから、家の外の通路に置いておいたのだ。
 手足が生えてカエルになれば、勝手に洗面器から出ていって、外の世界で普通にカエルとして生きていくはず。ワタシ的には、それで十分だった。
 卵からは、次々とオタマジャクシがかえり、私は母にキャベツの芯や煮干しをもらって、洗面器の中に入れてやった。煮干しを入れたのは、タンパク質ほしさに共食いするのを防ぐためだ。
 煮干しの成果もあって、オタマジャクシはすくすく育った。
 やがて手が出る~♪ 足が出る~♪ というのは文部省唱歌(だったか?)の歌詞だけど、あれって、実際には反対である。最初に生えてくるのは足で、あとから生えるのが手なんですよね。
 ………ああ、いや、そんなことはどうでもよろしい。
 オタマジャクシは次々とカエルになり、1匹、また1匹、洗面器から出ていった。
 そして、ある日。学校から帰ると、洗面器は、空っぽになっていた。
 う~ん、そして誰もいなくなった………。
 などと、当時の私が思うはずはないが、とにかく、あ~~~終わったな、と、小学生ながらに妙に感慨深く思った(ような気がしないでもない)。
 あの時のカエルの卵、全部で何個あったんだろう。50個ぐらいじゃなかったかと思うが、もしも私が育てなかったら、その50個のうち、無事に成長できたのは、せいぜい1~2匹だったはずである。
 もちろん小学生の私は、野生動物の生存の確率など知らなかったが、もしも知っていたら、
「全員無事に育ててやったのに、礼も言わずにドロンとは、この恩知らずっ!」
とでも、叫んでやったところだ。

 あれから、40年以上が過ぎた(ああ、歳がバレる………)。
 あの当時、私と両親が暮らしていたアパートの周囲では、私が育てたカエルたちの子孫が、今も、ゲコゲコと元気よく鳴いているのだろうか。
 別に、恩返しなどいらない。
 このまま、あの地で、連綿と、命をつなげていってほしいものである。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の3枚・失言でした……(2008年)

Category: レン(虹の橋)  
アンヨを身づくろい中のレン君。
こんなポーズは、ちょっと珍しいですね~~~♪


んべ♪ んべ♪ んべ♪
011_201706141622447e2.jpg


ついでに、アンヨ、ぴ~~~んっ♪
010_201706141622427bc.jpg


おお、このポーズも珍しいかも。
アンヨの長さでは、タカヤさんに負けるけど……


あ~~~? なんやて?
012_20170614162245a26.jpg


あわわわ、いえ、あの、なんでもございません、はい。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の3枚・見られてますよ(2008年)

Category: レン(虹の橋) & タカヤ  
タカヤさんは本当に、封筒を開封した時の紙の切れ端が、大好き。


目標、ロックオン!
006_20170614162241b43.jpg


いくでぇ~~~っ!
004_2017061416223918e.jpg


がぶっっっ!
003_20170614162238089.jpg


タカヤさん、後ろでレン君が、あきれて見てるのに、気づいてます……?


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


ワタシ、英語、ワカリマセ~ン

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 ちょっと前に録画しておいた、映画「タワーリングインフェルノ」を見た。
 いまどきの若い人には、「なに、それ?」かもしれないが、1974年(日本公開は1975年)に当時のハリウッドの2大映画会社が共同で作り上げた、パニック映画の金字塔である。
 130階建ての超高層ビルの落成記念パーティーのさなか、手抜き工事による火災が発生。燃え上がる炎、爆発、火だるまになって落下する人間。最上階に取り残された人々を救うべく、消防隊長オハラハン(スティーブ・マックィーン)と、ビルの設計者ダグ(ポール・ニューマン)が奔走する。
 今から40年以上前の映画であり、当然ながらこれまでに、字幕・吹き替え両方で何度となくテレビ放送されている。当然、私は何度となく見ていて、あらすじからセリフまで覚えてしまっているのだが、にもかかわらず、放送されると、またも録画して見てしまうのである。
 パニック映画と呼ばれる映画は山ほどあるし、映像技術の面から言えば、最近になって作られた映画のほうが、格段にレベルは上であるはずだ。しかし私は、「あなたにとって最高のパニック映画は何か?」と問われたら、ためらうことなく、この「タワーリングインフェルノ」をあげる。映像技術がどうの、という問題ではない。この映画が、私にとっては、「至上のパニック映画」なのだ。
 まぁ、初めて見たのが中学生の頃だったので、その強烈な印象が焼きついてしまって(やっぱり火事の映画だったからか?)、他の映画の入る余地がなくなってしまったのかもしれないが。
 ちなみに、私が見たのはテレビ初放送の時(多分)だったが、この映画を、公開された当時に劇場で見て、高層ビルやエレベーターの恐怖症になってしまった人がいる。さもありなん、としか言いようがない。あの迫力、あのリアリティ。テレビで見ていてさえ、相当に、おっかなかった。劇場で見たら、そりゃ、トラウマにもなるだろう。

 いかん。映画の評論をやりたいのではなかった。
 閑話休題。
 この「タワーリングインフェルノ」のタイトルは、英語の読みを、そのままカタカナに置き換えたものだが、そういえば、今の洋画、というかハリウッド映画のタイトルは、大半がこの形式、つまり、日本語に訳したタイトルではなく、英語の原題をカタカナにしたものが多くなってるんだよなぁ、と思ったのが、今回の話の元ネタみたいなモノである。
 というのも、私と一緒にこの映画を何度となく見ている母に、こう聞かれたのだ。
「タワーリング、は何となく判るけど、インフェルノって、何?」
 ………ああ、そうだ、そうなのだ。
 母に限らず、英語をよく知らない、習っていても苦手だった人間(私のことである)にとって、英語の原題のカタカナ表記は時として、いや、かなりの割合で、タイトルの意味そのものが全くつかめず、映画の内容も想像しにくい、という困った事態を招くのである。
 例えば、「ダイ・ハード」。大好きな映画のひとつだけど、タイトルだけは、未だに意味がよく判らないままの私。だって、「ダイ」は「死」でしょ? 「ハード」は、「硬い」とか「過激」って意味でしょ? どない訳せっちゅうねん!
 サメ映画の金字塔「ジョーズ」。ジョーズって何っ? と思っていたら、最近になって、「顎」のことだと知った。まぁ、直訳して「顎」なんてタイトルをつけるわけにもいかなかっただろうけど。
 海洋パニック映画、「ポセイドン・アドベンチャー」。私は最初、この映画、海の男の冒険物か何かだと思い込んでいた。だって、アドベンチャーといったら、「冒険」じゃ~ないですか!
 海の男といったら、「パイレーツ・オブ・カリビアン」。まぁ、これは、何とか判る。直訳すれば、「カリブ海の海賊たち」とでもなるのだろうから。
 そして、「ミッションインポッシブル」。ミッションは判るけど、インポッシブルって、何だっけ? 自慢にも何もならないが、中学・高校と英語を習ってきたにもかかわらず、私の英語力といったら、この程度である。嘆かわしい。
 インポッシブル、インポッシブル、impossible ………とブツブツつぶやきながら何とか調べて、やっと、原題の直訳が「遂行不可能な任務」だと判ったが、英語読みじゃ~さっぱり意味が判らんから、昔の日本語訳「スパイ大作戦」を使ってくれたほうが、よっぽどありがたかったよ、と言いそうになった。
 もっとも、「スパイ大作戦」なんてベタなタイトル、今の若い人からはそっぽ向かれるだろう、たぶん。

 昔の洋画タイトルの日本語訳には、かなりの異訳、つまり原題を無視したタイトルも多かったけど、その分、映画の内容は把握しやすかった、ような気がするのは、私だけなんだろうか?
 異訳といえば、すごいのがある。1930年代の大恐慌の時代に実在した、銀行強盗を繰り返す男女ふたりを主人公にした映画「ボニー&クライド(原題)」(1967年製作)というのがあるが、この映画、日本語で、こう訳された。
「俺たちに明日はない」。
 ………す、すごい。すごすぎる!
 何がどうすごいって、原題を完全に無視して訳したのもすごいけど、そのタイトルが、映画の内容と結末を的確に暗示してるのが、すごいじゃ~ないですかっ!(見たことない人には判りませんね、スミマセン)

 ところで、最後に、もうひとつ。
 母がたずねた、「タワーリングインフェルノ」のインフェルノ、とは、「地獄」のこと。
 つまり直訳すると、「そびえ立つ地獄」。
 う~ん、これは原題のカタカナ読みをタイトルにして、正解だったんだろうな、と思う反面、もし、日本語読みのタイトルがつけられていたとしたら、誰が、どんなふうに異訳してくれたんだろうか、と、考えないこともないな~。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の3枚・9年前のリフォームその5(2008年)

Category: レン(虹の橋) & タカヤ  
9年前のリフォーム回想、やっとラストです。

大きな音を出す作業は午前中で終わったので、午後の作業の合間に、
ちょこっとだけ、ドアをあけてやると……


ドキドキドキ……
037_20170610125232a42.jpg


ドキドキドキ……
038_20170610125234ae0.jpg


怖いもの見たさ?

ふたりそろって、こんなお顔で、様子をうかがっておりましたとさ。



そんなこんなで、ほぼ丸一日がかりのリフォーム工事、終了。
床は、こんなふうになりました。


049_20170610125235593.jpg


この工事で、我が家の部屋は、すべてフローリングとなり……
お猫様が、どこで嘔吐なさってもモンダイのない床となりました。

もちろん、ベッドの上という最難関は、どうしようもないですが。


……って、それが目的でリフォームしたわけではないですよ、はい。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の3枚・9年前のリフォームその4(2008年)

Category: レン(虹の橋) & タカヤ  
リフォーム回想、第4弾。

最初のうちこそ、外の物音に興味津々のお猫様でしたが。

やがて、ドガガガガ~~~ッ! と、大きな工事音が鳴り響くに及んで、
ふたりそろって、ワタシの部屋のベッド下に遁走。


こ、この音は、1999年に空から降ってくるという……



恐怖の大王の襲来とちゃうかっ……?
032_2017061012522942f.jpg


ハルマゲドンですか。ありましたっけね、そんなのが。

言っときますけど、1999年って、とっくに過ぎてますから。



さて、恐怖の大王ならぬ大きな工事音の正体は……


036_20170610125231caf.jpg


こんなふうに、下地となる板材を、ドリルで止める時の音なのでした。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


没後30年ということで

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 今年は、石原裕次郎の没後30年だそうである。
 彼は30年前、1987年の7月に、52歳で亡くなった。生きてたら、今年82歳か………。
 そんなわけで、少し前に、NHKのBSプレミアムでは、没後30年の記念特集を組んでいた。ゆかりの人たちとの対談とか、出演した昔の映画とか、ラインナップされていたけれど。
 その、ラインナップされた番組のひとつを見て、私は、のけぞった。
 だって、そこには、こう書いてあったのだ。
 西部警察・最終回。

 せ、せ、せ、西部警察ぅ~~~~~?!
 あ、あのですね、NHKですよね? NHKが「西部警察」を放送するんですか?
 NHKのBSなんですよね? NHKで「西部警察」が放送されるんですか?
 しつこいようですが、NHKですよね? BSとはいえ、NHKですよね?
 NHKで、あの、「西部警察」を………(しつこい!)

 などとエラそうに書いているが、実は私、「西部警察」をこれまで一度も見たことがない。「西部警察」だけじゃない。「太陽にほえろ!」、「Gメン75」、「大都会」、「特捜最前線」エトセトラ………昭和の後半を彩った数々の刑事ドラマを、私は一度も見ずに成長した。というのも、その当時、私は立派な未成年であり、家にはテレビはひとつしかなく、そのチャンネル決定権は母にあったからである。
 母は、あの当時の民放の刑事ドラマをひどく嫌っていた。現実離れしすぎている、というのがその理由で、まぁ、この点に関しては泉下の石原裕次郎氏も反論の余地が出ないだろうと思うが、そこはそれ、フィクションとして、現実にはちょっとありえないアクションを楽しもうと考えればよかっただろうに、母には、そういう発想ができなかったらしい。
 かくて私は、あの手のドラマを見せてもらえぬままに成長した。ちなみに、「西部警察」の最終回当時は、確か大学生だった(歳がばれますな)。
 よく考えたら、成人以降に再放送で見られた可能性もあったはずなのだが、親の刷り込みとはオソロシイもので、まぁ、別に見なくてもいいや………という気になってしまっていたらしく、かつてひとりで暮らしていた頃も、あの手の番組の再放送とは無縁なままに生きてしまったのだ。
 でも、どんな刑事ドラマだったのか、大まかなあらすじは知っている。私は見なくとも、周囲のクラスメートが見ていて、学校で話すからである。それを聞きかじっているうちに、覚えてしまったのだ。
 だからこそ、のけぞらずにはいられなかった。あの「西部警察」の最終回を、いくら没後30年だからって、NHKが放送するという事実に。第一、あれの主役って、渡哲也じゃなかったか? 彼はまだ生きてるぞ(弟は亡くなったけど)。まぁ、裕次郎もちゃんと出てるし………製作は石原プロだったからなぁ。

 見ていなくっても、知っている。これってかなり、すごいことだと思う。つまり、私みたいな芸能オンチでも耳にするほど話題になったドラマだ、ということだからだ。
 渡哲也率いる石原軍団、じゃなかった大門軍団(同じようなものか?)が、毎回、スゴイ車やヘリに乗ってライフル片手に暴れまわっていた、とか。
 裕次郎演じる小暮警視(だったかな?)が、毎回、ブラインドの隙間から目だけ出して外を眺めるシーンがあった、とか。ちなみに最近の某ドラマにて、主人公がこれと同じポーズをしたら、「裕次郎かいっ!」とツッコミが入っていた。
 聞いたところによれば、大門軍団が国会議事堂前で、バズーカ砲片手に暴れまわってた回もある、とか。これを教えてくれたのは昔の会社の同僚だったのだが、聞いてた私は、「それってニューヨークとか、香港やマカオとかでの映画の話か?」とツッコミかけた。
 毎回毎回、車が宙を飛ぶやら、回転して道路に突っ込むやら、爆発炎上して人が吹っ飛ぶやらでスゴかった、とか。ウィキペディアで調べたら、延べ4700台近い車をブッ壊したそうで(1回の放送につき、平均20台)。さすが、車の会社がスポンサーについてただけのことはある。気前がよすぎて卒倒しそうだ。

 その、母が言うところの現実離れしすぎた刑事ドラマを、NHKが放送する。
 ふっふっふ………時代は変わったのですなぁ、お母さん!(母はNHK至上主義)
 かくて、私はうきうきと、自分の部屋の自分のテレビで、この最終回を録画した。とはいえ、他にも録画したまま消化しきれてないドラマがあるので、まだ見てはいないのだけど。
 子どもの頃は見せてもらえなかったドラマを、自分のテレビで、堂々と見られる。
 何だか、仇討ちでも果たしたかのような、いい気分でござる(忠臣蔵かいっ!)。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の3枚・9年前のリフォームその3(2008年)

Category: レン(虹の橋) & タカヤ  
リフォーム回想録、第3弾。

ワタシの部屋に避難させられた、お猫様ふたり。


にゃんか、聞こえる……
022_20170604084116657.jpg


にゃんだか、いろいろ、知らない音が……
026_20170604084118feb.jpg


最初のうちこそ、このように興味津々だったのですが。

そのうち、そうも言ってられなくなるんですよね~。

絨毯と畳を運び出すのが終わったら……
板を敷く前段階の工事音は、かなり大きかったから。


あ、ちなみに下の画像は、部屋の絨毯と畳を外した時のモノ。


027_20170604084119c5e.jpg


こんな場面を見る機会って、滅多にあるもんじゃ~ないですから。
しっかり、撮影しておいたんです。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の2枚・9年前のリフォームその2(2008年)

Category: レン(虹の橋) & タカヤ  
9年前に決行された、我が家のリフォーム回想、第2弾。

畳をフローリングに改装する部屋から、次々と運び出される荷物に、
何やら尋常ならざる事態だと悟ったらしい、お猫様たちは……


ぼくにゃん、ここに避難しとく!
011_20170604083943b51.jpg


隣の部屋に一時的に置かれた、折り曲げられたマットレスの下に入ったり。


ぼくにゃんは、ここに避難しとく!
012_20170604083945b31.jpg


あろうことか、改装する部屋に置かれたベッドの下にもぐり込んでました。

もちろん、このあと、工事のおじさんやお兄さんたちがやってきたので……
おふたりには、強制的に、ワタシの部屋へ避難していただきましたが。
(早い話が、閉じ込めておいた)


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


梅ジャムと粉砂糖

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 少し前、つまり6月の下旬、無事にできあがった梅シロップから、シワシワになった梅の実を取り出し、砂糖と煮込んでジャムにした。そのまま食べてもけっこう美味しかったが、数にして100個以上の梅の実、食べ切るには時間がかかりそうだったので、ジャムにしたほうが保存がきくだろうと考えたんである。
 ジャムを作るホーロー鍋は、ある。
 若い頃は、イチゴやキウイを、よくジャムにしたことがあって、その時に買っていた大きな鍋だから、シワシワの梅の実なら、2瓶分は楽に入る。
 鍋はあるが………問題は砂糖だ。
 うちに、砂糖、あったっけ?

 砂糖のない家なんて、あるわけないでしょ~、と言われそうだが、我が家では、もう20年以上前から、普通の白砂糖は買っていないし、置いていないのだ。
 父が糖尿病と診断されてしまったためで、とにかく料理の甘味料として砂糖を使うことがなくなったので、必然的に買わなくなった。調味料ケースにも、砂糖は入っていない。
 こりゃ、砂糖だけ買いに行かないとダメかな、と思いかけて、ふと、気がついた。
 そうだ、普通の白砂糖はないけど、ヨーグルトの粉砂糖なら、ある、と!

 昔、プレーンタイプのヨーグルトには、必ず小さな粉砂糖の袋がついていた。メーカーによって重さは違うが、だいたい5グラム入りか8グラム入りの。
 あの砂糖の袋がヨーグルトに入らなくなって、もう何年になるかは忘れたが、入っていた当時の粉砂糖の袋を、うちでは、母が全部、「捨てるのも勿体ないし、何かの時に砂糖が入り用になったら使えばいいから」と、保管してあったのだ。
 実際、梅酒の梅でジャムを作るとき、母は、保管してあった、この粉砂糖を使っていた。
 母にわざわざ聞くまでもない。あの粉砂糖、まだまだあるはずだ!
 キッチンの引き出しの奥をあさると、果たして、タッパーにぎっしりと詰められた粉砂糖の袋が、お出ましになった。スーパーの従業員として、一応書いておくのだが、砂糖や塩には、厳密な意味での消費期限は、ない。高温多湿など条件の悪い場所で保管したりしない限り、少々のことでは品質に問題が出ないのが、砂糖と塩なんである。
 ああ、もちろん、未開封の場合に限るけど。

 シロップから出した梅の実の重さを計って、それに見合った量の粉砂糖(だいたい梅の実の半分ぐらいの重さ)を鍋にブチ込んでも、タッパーの中には、まだ、あと数回分はジャムづくりに使えそうなほど、粉砂糖の袋が詰まっていた。
 やれやれ、まったく、何年分の粉砂糖をため込んでいたんだろう。ヨーグルトに粉砂糖がつかなくなってよかった。そうでなかったら、我が家の粉砂糖は、使う機会もそうそうないまま、増加の一途をたどったにちがいない。
 母は、昔人間にしては珍しく、あまりモノをため込んだり買い込んだりしない人なのだが、そこはやはり戦前生まれ(受けた教育は戦後のものですが)、こういうところに、昔人間の片鱗が見られるというのが、面白い。
 まぁ、ため込んでいたのが砂糖でよかった。
 本で読んだのだが、人によっては、梅干しを食べたあとの梅の種を、箱にぎっしりとため込んでいた、なんて人も、いらっしゃるようで………。
 梅干しの種。どうするつもりだったんでしょうなぁ、その人。

 え? 私が作った梅ジャムですか?
 ちゃんと出来ましたよ。梅の種を取りだすのが、ちょっと大変だったけど。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の2枚・9年前のリフォームその1(2008年)

Category: レン(虹の橋) & タカヤ  
昔の画像を眺めていると、なつかしい?光景と遭遇いたします。

例えば、2008年(今から9年前)の8月の末。
我が家において……


え? にゃに?
007_20170604083941c16.jpg


唯一の畳の部屋であった、この部屋(上の画像でレン君がいる部屋)を……
(畳の上に、絨毯を敷いてました)


にゃにか、楽しいことがあるんか?
009_2017060408394232c.jpg


フローリングに改装する、つまり、リフォームが決行されたのでした。

朝一番に開始して、夕方に終わるという一日仕事。
いや~、なつかしいな~~~♪

ということで、しばらくの間、このリフォーム時の画像を蔵出しいたします。
(まぁ、蔵出しなのは毎度のことで……スミマセン)


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。



« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ランキング
1日1回、1クリック有効
ぽちっとよろしく♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ




現在、少々多忙につき、
申し訳ございませんが、
コメント返しは休止して
おります。


本日までの総アクセス数
我が家のお猫様たち
タカヤ君♪

タカヤ(男の子)
アメリカンショートヘア
(ブルーシルバータビー)
2005.10.19.生まれ


マル君♪

マル(男の子)
マンチカン
(レッドタビー)
2011.11.05.生まれ


レン君♪

レン(男の子)
アメリカンショートヘア
(シルバータビー)
2001.3.25.生まれ
2011.2. 2.虹の橋へ
(享年9歳と10ヶ月)
(「虹の橋通信」の担当ニャン)


当ブログの画像の著作権その他は、管理人「あめぶら」の所有となります。

著作権を放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

アダルト・中傷その他の不快なコメントにつきましては、当方の判断で削除いたします。
月別アーカイブ
QRコード
QR
お気に入りリンク
ブログ内検索