我が家のお猫様の優雅な毎日

アメショのタカヤ君とマンチカンのマル君、虹の橋のレン君のお気楽日記♪

猫あるある今昔

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 もう、お亡くなりになったけど。佐野洋子さん、という人がいた。
 誰のことか判らず、「?」となった人もおられるだろうが、絵本作家さんで、あの名作「100万回生きた猫」を描いた人、と言えば、「ああ………」とうなずく人も多いのではないか。

 佐野洋子さんは絵本のほかにも、何冊かのエッセイを遺しておられるのだが。
 そのエッセイによれば、幼少の頃から、佐野洋子さんは「重箱」が欲しかったという。ええ、お正月におせちを詰める、あの重箱のことですね。
 戦前のお生まれで、いわゆる大陸からの引き揚げ者だったから、高価なモノはなかなか手に入れられなくて。それでも欲しいと思い始めてから30年近く経って、ついに、念願の三段重ねの、ずっしりとした重箱を手に入れた。
 そして、手に入れた初めての年の暮れ。昆布巻きやカズノコ、キントンその他のおせち料理を三段の重箱にぎっしりと詰め終わり、ああ、重箱あってこそのお正月、とにんまり笑って、ふと気がついた。
 そうだ、うちには猫がいる!

 猫の前足は器用だから、重箱のフタをはずして、中身を盗み食いするくらいは朝飯前。そんなことになっては大変と、佐野洋子さん、重箱に、十文字にヒモをかけたそうだ。
 これで安心、と眠りについて、そして目覚めた翌朝、つまり元旦の朝。
 佐野洋子さんが目にしたのは、バラバラに壊れた重箱と、飛び散った黒豆や里芋の煮物 etc ………。
 十文字にかけたヒモに猫が爪をひっかけて、テーブルの上から床下に、重箱全体を落としたんですな。
 一の重は完全にバラバラになり、二の重は四隅にひびが入り、フタは凹んでウルシがハゲて………。
 佐野洋子さん、オイオイと泣きながら曰く、
「二、三年使ったのなら少しはあきらめもついたかもしれません。まっさらな処女だったんだよ。嫁に行く朝、交通事故にあった金襴緞子(きんらんどんす)の花嫁みたいではないですか」
 うう~む、処女だの、金襴緞子だのと、さすが戦前のお生まれだけあって、おっしゃることひとつひとつが、実に古式ゆかしいお人でいらっしゃる………。

 でもね、泉下の佐野洋子さん、ゴメンナサイ。
 ワタクシ、猫が重箱を落とした下りを読んで、そりゃもぉ、大爆笑しておりました。
 だって、いかにも、「猫あるある」なんだもの。
 もちろん、重箱を落とされたのが自分だったら………大笑いどころか、大泣きだっただろうけど。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。

スポンサーサイト


« »

06 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ランキング
1日1回、1クリック有効
ぽちっとよろしく♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ




現在、少々多忙につき、
申し訳ございませんが、
コメント返しは休止して
おります。


本日までの総アクセス数
我が家のお猫様たち
タカヤ君♪

タカヤ(男の子)
アメリカンショートヘア
(ブルーシルバータビー)
2005.10.19.生まれ


マル君♪

マル(男の子)
マンチカン
(レッドタビー)
2011.11.05.生まれ


レン君♪

レン(男の子)
アメリカンショートヘア
(シルバータビー)
2001.3.25.生まれ
2011.2. 2.虹の橋へ
(享年9歳と10ヶ月)
(「虹の橋通信」の担当ニャン)


当ブログの画像の著作権その他は、管理人「あめぶら」の所有となります。

著作権を放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

アダルト・中傷その他の不快なコメントにつきましては、当方の判断で削除いたします。
月別アーカイブ
QRコード
QR
お気に入りリンク
ブログ内検索