FC2ブログ

我が家のお猫様の優雅な毎日

アメショのタカヤ君とマンチカンのマル君、虹の橋のレン君のお気楽日記♪

お猫様の本日のお言葉・その21

Category: お猫様の本日のお言葉  
Ren アナタハ~神ヲ~信ジマスカ~~~?
無題


……なんて路上の宗教勧誘が、その昔、あったようですが。
(今も、やってるんだろうか?)

まぁ、神様を見た、とか、逢った、という人の数よりも、
幽霊を見た、という人の数のほうが多いでしょうね、多分。

ワタシは未だ、神様とも幽霊さんとも、お逢いしたことはないのですが。
(逢わなくて幸いだという気もしますが)

神様はともかく幽霊さんのほうは、やはり出るところには、出るようで


先日読んだ、世界史のエピソードを集めた、某本によると、
ヨーロッパで今も有名な、幽霊さんの産地(?)は、ロンドン塔。

謀反の罪(疑い&でっちあげも含む)で幽閉された王族や貴族が、
片っぱしから処刑された場所なので、当たり前といえば当たり前ですが。

このロンドン塔で一番有名な幽霊さんの名は……
アン・ブーリン王妃

少し前、「ブーリン家の姉妹」という映画が公開されましたが、
この映画の姉妹の……ええと、確か、お姉さんのほうかな?

英国王ヘンリー8世の2番目の王妃として、王女をひとり産みましたが、
男子に恵まれず、それがもとで無実の罪を着せられ、ロンドン塔にて、斬首。


まぁ、無念のあまり幽霊になったって、おかしくはないでしょうけれど。
このアン・ブーリン王妃の幽霊さん、馬車に乗って現れるんだとか。

それだけなら、大してコワくはないのですが……
(いや、十分にコワいといえばコワいのですが)

あろうことか、斬り落とされた自分の首を両手で持って、
つまり、体のほうには頭部がない状態で、ご登場なさるらしい
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
きゃ~~~っ! きゃ~~~っ!
そんな幽霊さんとだけは、お会いしたくないっ!

男の子を産まないからって、ヨメさんを殺すダンナもダンナだが、
そんな姿で、化けて出てくるヨメさんもヨメさんだ

どうせ化けて出るのなら、せめて、五体満足(?)な姿で、
出てくればいいんじゃないかと思うのですがねぇ……。

日本の幽霊さんに、こんなタイプ、いたかしらん?



閑話休題。

世界史が苦手だった人には、わけのわからないお話になりますが、
アン・ブーリン王妃の無念の死から、20数年後。

英国史上もっとも有名な一人の女王が、その頭上に至高の宝冠を戴きます。
彼女の名は、エリザベス1世。

後年、スペインの無敵艦隊を撃破し、英国の全盛時代をもたらすことになる、
この女王陛下の父の名は、ヘンリー8世。
そして、母の名は……アン・ブーリン王妃

いや~~~、こういう皮肉なコトが起こるから……
歴史って、面白いのですよ(好きな人にとっては、ですが)


処刑された王妃の娘が、何故、女王の地位にまで登りつめたか?
その経緯は、池田理代子さんが漫画で描いてくれてますので……
興味のある人は、どうぞ。
↓↓↓
女王エリザベス

女王エリザベス

価格:580円(税込、送料別)




                         


猫用ミルクで、栄養補給
↓↓↓
ネコちゃんの牛乳 200ml

ネコちゃんの牛乳 200ml

価格:180円(税込、送料別)




                         


日本史も世界史も奥深い……ぽちっとお願いします
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
スポンサーサイト




Newer Entryお猫様の本日のお言葉・その22

Older Entryお猫様の本日のお言葉・その20

Comments

どっちもあったことないっす。(いや、無理に会わなくてもいいです)

この本、読みましたよ~ 面白かった。
日本史も世界史も男性より女性の物語が面白いんですが、本当に嫉妬深いのは男のほうですねえ。

ヨーロッパの歴史はあちこちで政略結婚だの王家同士の結びつきが複雑で、途中でこんがらがってきます。

ちなみに先日NHKで『西太后と篤姫』の二人を取り上げてましたが、この二人って全く同じ時代に同じようにダメになっていく清朝と徳川幕府を女でなんとかしようとしたとか。
結果は同じようにどちらも滅ぶんですが、結果としては篤姫の方がましなのかなー?
貧乏にはなったけど徳川の子孫は今でも結構普通の生活している。
それに反して清朝の末裔はラストエンペラーの奥さんとか結構悲惨な死に方しちゃってるし。

をっと長くなっちまいました。

Renくん、きもちよさそーな顔してるねー
うりゃ!うりゃ!ってやりたいー(だから猫に嫌われるんだよね)
くろ子も幽霊に出会ったことはないなあ。
くろ子も時には信じるかな?
都合がいい時にだけね。(笑)
歴史も奥が深いねぇ。
幽霊?では無いと思うが・・私は中1の時母が亡くなりそのときに母の霊と話したよ・・きっと残された私を心配して~とおもいきや・・兄のことを頼んで消えた~yo~~
うーん、神社に行けば神様を、お寺にいけば、仏像を、教会に行くとアーメン♪と呟く私、どの神を信じるべき?(笑)
日本の幽霊は取り付いて怖そうですが、西洋の幽霊は怖がらせるだけっぽい?
私も教科書に載らない歴史、大好き!
それと…京都~大原三千里、私も言ってました(笑)
ちょっと ちょっと
私 そういうの苦手なのYO!
ついつい全部読んじゃったじゃない!!

今は夏じゃないんだからぁ~~~~(~_~;)
私は自分に都合の良い時だけ神様を信じます(^^ゞ
 
アン・ブーリン王妃の首を持った幽霊の話は知りませんでした。
なにも化けて出るときにまで首のないままでなくてもいいのにね^_^;
あ、その映画、見ました(^^)
だが、自分の首を持った幽霊の話は知らなかった~(--;)
ハイっ路上の神は信じませんが
猫なら普通に信じます(笑)
なるほど~!あめぶらさんは歴女(洋バージョン)なんですね☆
首を持った馬車にのる王妃・・・こわっ!?
でも日本でも運動場で自分の首を蹴るサッカー選手っていう怖い話を
聞いたことありますよ・・・どちらにせよ見たくないです。

神様も、幽霊も、都合良く信じてます(笑)
「時に~よっては~~信じま~~す」
きっと 私だったら そんな風に答えると思いますwww
基本的に 都合の良いように考える楽天家です(^^)v



« »

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ランキング
1日1回、1クリック有効
ぽちっとよろしく♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ




現在、少々多忙につき、
申し訳ございませんが、
コメント返しは休止して
おります。


本日までの総アクセス数
我が家のお猫様たち
タカヤ君♪

タカヤ(男の子)
アメリカンショートヘア
(ブルーシルバータビー)
2005.10.19.生まれ


マル君♪

マル(男の子)
マンチカン
(レッドタビー)
2011.11.05.生まれ


レン君♪

レン(男の子)
アメリカンショートヘア
(シルバータビー)
2001.3.25.生まれ
2011.2. 2.虹の橋へ
(享年9歳と10ヶ月)
(「虹の橋通信」の担当ニャン)


当ブログの画像の著作権その他は、管理人「あめぶら」の所有となります。

著作権を放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

アダルト・中傷その他の不快なコメントにつきましては、当方の判断で削除いたします。
月別アーカイブ
QRコード
QR
お気に入りリンク
ブログ内検索