FC2ブログ

我が家のお猫様の優雅な毎日

アメショのタカヤ君とマンチカンのマル君、虹の橋のレン君のお気楽日記♪

8月の夏の盛りに師走(しわす)なり

Category: お猫様以外の何か  
「日本人の知らない日本語」なんて本が、ありますが。
↓↓↓
【送料無料】日本人の知らない日本語

【送料無料】日本人の知らない日本語
価格:924円(税込、送料別)



実際、外国人に限らず、日本人でも意味がよく判ってない、
あるいは、カン違いして覚えてる言葉って、時々、ありますよね。

特に、古い言葉とか古典的な言葉は、時代劇に出てくる程度で、
日常的には使われませんから、若い人のカン違いというのも、
無理なからぬことだとは、思うのですが。

以下は20年ほど前、emikoはんから聞いたお話です。
(emikoはんも、他の誰かから聞いたらしいです)



夏休みで実家に帰省中の、某大学の女子大生が、
受講ゼミの教授宛てに、実家から、暑中見舞いを出しました。

彼女の実家は、新幹線から在来線へ乗り継ぎ、その在来線の最寄り駅から、
バスで、たっぷり2時間はかかる、という……
早い話が、相当な山の中の、ド田舎。


彼女は、自分の実家が「草深い山奥」なのだと表現するため、
ハガキの片隅に、こう、書き添えました。

実家に帰省しています。

草葉の陰から、見ています♪

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
Takaya ソレって、こんな感じ……?
こんな感じ?


いえ、あの、タカヤさん

それだと、草葉の陰っていうより、「家政婦は見た」……
さもなきゃ必殺仕事人の「恨み、晴らします」の世界になっちゃいます。

コワいから、おやめになって。



閑話休題。

言うまでもないことですが、草葉の陰から云々というのは、
近いうちに死ぬ(かもしれない)人の言葉以外の、何ものでも、ない

少なくとも、「草深い山奥」の意味では、ございません。

書いた女子大生のほうには、何も悪気はなかったわけですが、
(何しろ、意味をカン違いして覚えてるわけですから)

数日後の朝、届けられたハガキを見て、ゼミの教授は……


何事かと、仰天(当たり前か……)


人に言えない悩みがあって、早まった行動に及んだのではないかと早合点し、
(そりゃ~ハガキの文面を読めば、そう考えるのが普通ですって)
大学の学生課へ飛んでいって、彼女の実家の住所を調べ、その足で……

新幹線に、飛び乗ってしまった
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
あとでよくよく考えてみれば、学生課に登録された彼女のデータには、
実家の住所と一緒に、そこの電話番号も記されてあった(はず)なので、
まず、とりあえず電話をかけて、ことの次第をきちんと確認してから、
新幹線に飛び乗ったとしても、遅くはなかったと思うのですが。

とっさにそこまで考えられなかった、というあたりに、
教授の狼狽ぶりというか……パニックぶりが、うかがえる
(20年前のことなので、携帯も、まだあまり普及してませんし)



……そして、それから、約半日後。
夏の長い一日も、とっくに暮れてしまった頃。

新幹線から在来線へ、さらに、バスならぬタクシーを飛ばして、
目は血走り、髪ふり乱し、口から牙ならぬ歯を剥き出し……(おいおい
て、いたのかどうか、さすがにそこまでは存じませんが。


とにもかくにも汗だく状態で、教え子の実家の玄関先まで、
どうにか、たどり着いた教授の姿に……

今度は、出迎えた女子大生のほうが……


何事かと、仰天(これもまた、当たり前か……)


次の瞬間、

き、教授! 何があったんですかっ?!

君こそ、一体、何があったんだっ?!
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
……と、そりゃもう、漫才としか思えないようなチグハグな会話が、
草葉の陰……じゃなかった、草深い山奥の家の玄関先で、
くり広げられたそうにございます。


そういうわけですので(どういうわけ?)、
皆さん、ちょっと古い言葉を使う時は……

意味を確認したほうが、エエかもしれません。


師走の12月ならぬ、夏真っ盛りの8月に、
自分の師、というか教授を、走らせてしまった女子大生が、
今を去ること20年前、確かに存在したのですから。


Ren ぼくにゃんは、お空の上から見てますにゃ♪
ぼくにゃんはお空から♪


そうだねぇ、アンタのその、のほほんとしたお顔は……
どう見ても、草葉の陰って陰気な雰囲気じゃ~ないよねぇ。


                         


本屋大賞受賞作品
↓↓↓
【送料無料】謎解きはディナーのあとで

【送料無料】謎解きはディナーのあとで
価格:1,575円(税込、送料別)




                         


20年前の女子大生も、今はオバはんのはず……ぽちっとお願いします
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
スポンサーサイト




Newer Entryその言動の矛盾と不一致

Older Entry虹の橋通信・その12

Comments

その教授さん、素敵な先生なんでしょうね。
教え子の一大事だって新幹線に飛び乗っちゃうだもの(*^。^*)
 
でもさ、日本語って難しいけれどきちんと覚えた方がいいですよね。
ええ、当然私もです(^^ゞ
なぁんて素敵な教授さんなんでしょ~

それにしても草葉の陰からとは・・・
しかもお手紙でもらったとしたら
そりゃ焦りますよね~
ま~~なんて人の良い教授なんでしょ。
今時そんな人っていないよーな~~^^;
・・・と、感心いたしました

「日本人の知らない日本語」 持ってます!
これすごい面白いです~~(^0^)
そりや驚くは~
草葉の陰って・・「死」を想像して先生生きた心地しなかっただろうね~
でも、そんな教育をしているのが今の日本なのよね・・
それで師走!
あめぶらさんって説得力がありすぎです^^;
けど、その女性、教授さん、フツーにビックリですよね(どっちよーw
わたしの友人で
クラス会の出欠席のハガキに
今回、離婚しましたって
これはフツー、書かないでしょーww
草葉の陰から・・・
日本語、ちゃんと勉強しようね、みなさん!って思っちゃう話ですねぇ(笑)
それにしても、タカヤ君、迫力あるなぁ、ちょっと怖いかも!?(^_^;A
笑っちゃいけないような、笑っちゃいたいような、話です。
タカヤくんのお顔も怖すぎます~
レンくんは、ほんと草葉の影って感じじゃないですね~
すっごいエピソードですねぇ。
そんなドラマのような展開があるんだ~とビックリです。
でもでも そこまで 親身になって心配してくださる教授
素晴らしい方ですね。
その素晴らしい方に教えていただけるのって幸せです。
確かに 笑い話のようなお話ですけど
すごく 暖かい気持ちになりました(^^)

日本語って難しいよね。
でもいい教授だね~。
今なら携帯もあるけど
20年前じゃ そういうわけにもいかないもんね。
あめぶらさん いつも面白い本を
紹介してくれるんだなあ。
くろ子 参考にしてます。
その教授、年に二回走った事に?
その心優しい慌てん坊の教授は
その年 夏と冬に 二回走った事になるんかいな?(爆)

レン君のまん丸お顔見てたら。。。
「棚からぼた餅」。。。ちゃうかっ!! (^_^;)
良い話ですね
でも その教授 良いよな~と 思った(笑)
気が動転してたとは 思うけど
生徒の実家まで 新幹線乗って行ったなんて
生存確認というか 心配して行ったんだと思うし

素敵な教授だと思うな~

お騒がせ女子大生さんは 別としてね(笑)



« »

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ランキング
1日1回、1クリック有効
ぽちっとよろしく♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ




現在、少々多忙につき、
申し訳ございませんが、
コメント返しは休止して
おります。


本日までの総アクセス数
我が家のお猫様たち
タカヤ君♪

タカヤ(男の子)
アメリカンショートヘア
(ブルーシルバータビー)
2005.10.19.生まれ


マル君♪

マル(男の子)
マンチカン
(レッドタビー)
2011.11.05.生まれ


レン君♪

レン(男の子)
アメリカンショートヘア
(シルバータビー)
2001.3.25.生まれ
2011.2. 2.虹の橋へ
(享年9歳と10ヶ月)
(「虹の橋通信」の担当ニャン)


当ブログの画像の著作権その他は、管理人「あめぶら」の所有となります。

著作権を放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

アダルト・中傷その他の不快なコメントにつきましては、当方の判断で削除いたします。
月別アーカイブ
QRコード
QR
お気に入りリンク
ブログ内検索