我が家のお猫様の優雅な毎日

アメショのタカヤ君とマンチカンのマル君、虹の橋のレン君のお気楽日記♪

猫の首輪の鈴の意味とは

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 猫に食われないようにするには、どうしたらよいか、と、ネズミたちが集まって相談した結果、「猫の首に鈴をつけたらよい」、と決まったまではよかったが、では、誰が猫の首に鈴をつけに行くか、となると………名乗り出る者はいなかった、という物語だったか、寓話だったか。
 言うは易く行うは難し、の典型だけど、しかし、ふと、考える。
 仮に、勇気あるネズミが名乗り出て、首尾よく、猫の首に鈴をつけるのに成功したとして、果たしてそれが、猫の接近をネズミに知らせるため、充分に役立ってくれるものだろうか、と。

 前回も書いたけれど、猫が普通に、つまり静かに歩いている時、首輪の鈴は、ほとんど音を立てないのだ。首を動かしたり、走り出したりした時は別として、普通にスタスタと歩いている時、鈴は、チリとも鳴らないのである。
 販売されている猫の首輪の鈴が、小さいからなのではないか、と考えた私は、当時、レンの首輪に最初からついていた鈴を外して、別の鈴に付け替えた。手芸用品店で売っている、ひとまわり大きめサイズの鈴だったのだが、結果は同じ。レンが普通に歩いている時、鈴は全く鳴らなかった(早歩きする時は、鳴るようになったと思う)。
 うう~む、猫という動物は、こうも静かに音を立てないで歩くことができるのか、と、感心するやら、困るやら。とにかく、ふと気がついた時には、すぐそばに猫がきている、という状況がやたらと多いので、ぶつかりそうになったり、蹴飛ばしそうになったり、実際に蹴飛ばしてしまったことも、二度三度(いや、それ以上)。
 それだけではない。夜中にテレビを見ていて、ふと感じる、気配と視線………「振り返れば奴がいる」、じゃなかった、猫がいる。アンタは織田裕二かっっっ!

 閑話休題。
 こんな調子なので、たとえ、あの寓話の中に勇気あるネズミがちゃんと出てきて、猫の首に鈴をつけられたとしても、多分、そのネズミの行動は、単なる徒労に終わった可能性が高い。
 だって、普通に歩いていてさえ、殆ど鈴の音は立てない動物なのだ(まさかとは思うが、そんなのはうちの猫だけってことは……ないよな、多分)。獲物のネズミに忍び寄る時は、当然ながら抜き足差し足忍び足、いつも以上に音を立てずに接近するのが当たり前だろう。チリン、と音がして、ネズミがハッと気づいた時は、多分、猫が自分めがけて襲いかかる瞬間だった、ということになるのではあるまいか。
 我が家にはネズミはいないので、猫の獲物の対象は、オモチャか、さもなければ飼い主の私である。
 次男猫のタカヤに、私は言いたい。お願いだから、音もなく近づいてきて、いきなり背後から腰や背中に抱きついてくるのは、やめなさいっっっ!
 ………もちろん、彼の首輪にも鈴はついているのだが、当然のごとく、役には立っていない。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。

スポンサーサイト

Newer Entry本日の2枚・まさかの左腕(2008年)

Older Entry本日の2枚・ちんまり寝(2008年)

Comments

ほほ~!初めて聞きました!
実家の猫は鈴の音結構します~
と言うか、何よりあめぶらさん、文章うまいですね~!!!!
このお話が好きだったのを思い出しました(*^▽^*)
そうですよね!
今になったら、猫は気配を消すのが最も得意な動物って分かるけれど、
子供の頃はドキドキしながら読んだっけ( ´艸`)
猫の鈴・・普通に音はあまりしないのですが・・
旦那の部屋では音がする←完全に知ってでいやがらせなら・・猫様ってすごい~
私が寝ている部屋では音を立てないように歩く癖に・・
旦那の部屋では旦那がいらつくように音を立てます~~
マル君 さるぐつわ状態はビックリしたでしょうね。
そんな事があると付けるの躊躇しちゃいますね。
でも音を立てずに歩けるのは猫様だからでしょう。
いつの間にか後ろにって事しょっちゅうですもん。
あっ私も何度か蹴っ飛ばしちゃったことあります(^^ゞ
 
うちは首輪は大丈夫だけど鈴はダメでしたね。
子供の頃につけていたら発狂するほど嫌がり
鈴をかみつぶしていました(^_^;)
人の何倍も耳の良い猫様だからかな。
おネコ様は賢いから、特におとなになると、鈴を鳴らさず歩く術を身につけるのでしょうか(^^;)
確かに音をたてませんね~
うちも、首輪に鈴つけてましたが、
後ろ足で頬っぺたをカシカシ掻いてるときとか、
ジャンプして着地したときとか、
もっと言えば、ドアを開けてほしいときに、
わざとチリリン・・・と鳴らしてアピールしてました。
ってことは、
ネズミさんには全く意味のないものかもしれませんねぇ。
おもしろいです・
あめぶらさん、文才あります。是非、連載してほしいです!
蹴飛ばされるタカヤさん、背後から忍び寄るタカヤさん。
いろいろと想像しちゃいます。



« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキング
1日1回、1クリック有効
ぽちっとよろしく♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ




現在、少々多忙につき、
申し訳ございませんが、
コメント返しは休止して
おります。


本日までの総アクセス数
我が家のお猫様たち
タカヤ君♪

タカヤ(男の子)
アメリカンショートヘア
(ブルーシルバータビー)
2005.10.19.生まれ


マル君♪

マル(男の子)
マンチカン
(レッドタビー)
2011.11.05.生まれ


レン君♪

レン(男の子)
アメリカンショートヘア
(シルバータビー)
2001.3.25.生まれ
2011.2. 2.虹の橋へ
(享年9歳と10ヶ月)
(「虹の橋通信」の担当ニャン)


当ブログの画像の著作権その他は、管理人「あめぶら」の所有となります。

著作権を放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

アダルト・中傷その他の不快なコメントにつきましては、当方の判断で削除いたします。
月別アーカイブ
QRコード
QR
お気に入りリンク
ブログ内検索