我が家のお猫様の優雅な毎日

アメショのタカヤ君とマンチカンのマル君、虹の橋のレン君のお気楽日記♪

火の手と水の手

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 本を読んでて知ったのだけど、「火の手」、「水の手」という言葉が、あるそうな。
 説明によれば、「水の手」というのは、またの名を「緑の指」。庭の草花や部屋の中の観葉植物を、さほど労せず、お手軽に簡単に育てることができる手、なのだそうで。
 となれば、「火の手」というのは………?
 もはや、説明など不要だろう。早い話が、その逆だ。どんなに一生懸命に、丹精込めて育てても、なぜか必ず、植物を枯らしてしまう手、ということになる。
 エッセイなどを読んでいると、この「火の手」の持ち主、文筆業を生業とする人の中に、それなりの割合で存在することが判る。私が知っているだけでも3~4人いるから、実際の数は、もっと多いんじゃないか?

 とにかく、「火の手」の持ち主というのは、植物を枯らしまくってしまうらしい。「水の手」の持ち主から、「簡単なのよ~♪」と懇切丁寧な指導を受けて、せっせとその通りに育てても、手元の観葉植物は、遅かれ早かれ枯れてしまう運命にあるそうで、育てるのにさほど手間のかからない、少々放置しても大丈夫なはずのサボテンさえ、枯らしてしまう人がいるというから、それはそれで、なんだか、ものすごい。
 世話した甲斐もなく枯れてしまった鉢植えを、やむなくベランダに放置しておいたら、あろうことか、枯れたはずの部分から次々に新芽が出て、すくすくと育ち始めた、なんて例もあるようで、ここまでくると、もはや、育てる本人の努力や勉強が足りなかったせい、というわけでもないような気がしてきた。
 きっと、「火の手」の持ち主の人は、自分自身でも気づかないところで、植物との相性が悪いんだろう、多分。

 閑話休題。
 で、私は、「火の手」「水の手」、どちらなのか? 実はこれが、まったく判らない。
 というのも、生まれてこのかた、本格的に植物を育ててみた経験がないからで、唯一、小学生の時の自由研究で、アサガオの鉢植えを育てたことぐらいしか、記憶にない。
 まぁ、この時のアサガオを枯らした覚えはないし、夏休みの間、次々と花が開くのを、それなりに楽しみにしていた気がするから、子どもの頃の私は、少なくとも「火の手」の持ち主ではなかったはずだが………。
 果たして、大人になった今でも、子どもの頃と同様にアサガオ、いや、別にアサガオでなくてもいいのだが、何か植物を育てることができるのか、否か?
 こればかりは、実演してみないことには、判りようがない。
 で、実演してみたのかというと………枯らしてしまった時の落胆が怖くて、未だに、サボテンひとつ育てていないのだった。

 サボテンであれ何であれ、ある程度の観葉植物を育てるとなったら、やはり、ベランダで(我が家はマンションだから)土いじりのひとつもやってみないことには、埒があかないだろう、という気もする。
 しかし、その「ベランダでの土いじり」は、ベランダが汚れることを極端に嫌う母によって、全面禁止の指令が出ているため、当分の間、実行不可能なのである。
 まぁ、今はとにかく、自分が「火の手」か「水の手」か、ということよりも、日々、ろくでもないイタズラばかり繰り返す「猫の手」の持ち主との付き合いのほうが、優先事項であることだけは、疑いようがない。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。

スポンサーサイト

Newer Entry本日の2枚・マル君を探せ(その1)

Older Entry本日の3枚・〇〇〇ジャック(2008年)

Comments

私は「火の手」ですよ完全に・・
今まで色んな植木鉢を頂いたり 種から育てても・・・
枯れます・・見事なまでに・・
お水や栄養なのをちゃんと上げていてもね
火の手は何に向くのかなぁ~
私は家の中で育てるものは枯らす傾向にあります(^^ゞ
外で育てるものは手をかけ10数年の物も沢山。
なのでどっちなのかな。
今はお猫様がいるので室内での植物は殆ど育てません。
結構猫に危険な植物が多いしね。
 
ハイドロカルチャーなら土ではないので汚れませんよ。
Let’sチャレンジ(*^。^*)
Iris、食べれる植物に対しては、結構気を使って育てるんですが
咲いてるのを見るだけのお花も好きなのに、実際自分で育てよう
とすると、お水上げるのを忘れるんです…。
だから、お花はあまり長持ちしないのです。
そして、サボテン・アロエ等も、もらったことはあるんですが
コチラは、反対に、毎日水を上げなくても大丈夫な事が裏目に
出て、存在を忘れてしまって、枯らしてしまった経験あり…。
なので、Irisに関して言えば、手の掛け方の前に、「水の目」
というのか「緑の目」というのか…
良く観察をする事を心掛ければ良いのかという事が判明して
多肉植物楽しんでます♪
ベランダ菜園も、プランターに土を入れる時と、水くれした
時の水の流れ方に気を付ければ、そんなに汚れないですよ!
その為の掃除は、特にしてないです。
「猫の手」のが、よっぽど手が掛かってますね~
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます



« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキング
1日1回、1クリック有効
ぽちっとよろしく♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ




現在、少々多忙につき、
申し訳ございませんが、
コメント返しは休止して
おります。


本日までの総アクセス数
我が家のお猫様たち
タカヤ君♪

タカヤ(男の子)
アメリカンショートヘア
(ブルーシルバータビー)
2005.10.19.生まれ


マル君♪

マル(男の子)
マンチカン
(レッドタビー)
2011.11.05.生まれ


レン君♪

レン(男の子)
アメリカンショートヘア
(シルバータビー)
2001.3.25.生まれ
2011.2. 2.虹の橋へ
(享年9歳と10ヶ月)
(「虹の橋通信」の担当ニャン)


当ブログの画像の著作権その他は、管理人「あめぶら」の所有となります。

著作権を放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

アダルト・中傷その他の不快なコメントにつきましては、当方の判断で削除いたします。
月別アーカイブ
QRコード
QR
お気に入りリンク
ブログ内検索