我が家のお猫様の優雅な毎日

アメショのタカヤ君とマンチカンのマル君、虹の橋のレン君のお気楽日記♪

6つの穴があきました

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 前回、膠原病からくる肝臓の異常、というか病名を生体検査で調べるため、2泊3日の検査入院をすることになった、と書いた。今回はその続き、前回は前置きが長くなりすぎて書けなかった、検査入院本編である。
 針というか管を刺して、肝臓の組織を、直接採取する。
 何やら恐ろしげだが、手術で腹をかっさばかれることを思えば、大したことない(はずである)。
 まず、エコーを見ながら、針を刺す位置を決めて。
 次に、痛み止めの点滴を開始。
 その次に、針を刺すお腹の表面に、局部麻酔。
 それが効いてきたところで、針を少し刺し入れて、肝臓の表面に局部麻酔。
 そして、組織採取の管を挿入。
 採取完了、以上、終わり。

 こう書くと、なんだか、ものすごくお手軽、かつ簡単そうである。
 実際、検査の所要時間は30分ぐらいで、まぁ、管を入れられた瞬間が痛くなかった、といえばウソになるが、ガマンできない激痛ではなかったし、痛かった時間は5秒もなかった(と思う)ので、簡単といえば簡単か。
 しかし、思わぬところに伏兵は潜んでいるのである。
 私の場合、組織採取の瞬間などよりも、検査開始の初期の初期、つまり痛み止めの点滴を開始するまでが、実は、ひと騒動となった。点滴の針が、入らなかったのだ。
 というか、優しいふたりの女性ドクター(検査はドクターふたりと看護師ひとりの3人体制)には、まことに申し訳ないのだが。おふたりとも、あまりお得意でなかったらしい。つまり、血管注射が。
 自慢じゃないが、私の腕の血管は、針を刺しやすい血管である。実際、それまで、血管注射で看護師が難儀した、という経験はない。それなのに、嗚呼、それなのに、ソレナノニ………!

「このあたりでいけますかね?」と、ブスリ。
 いたたたっ!
「あ~、痛いですか、ごめんなさい、場所を変えますね」
 血管注射は、針を刺された瞬間は痛いが、針が無事に血管に入れば、痛くなくなる。つまり、刺された痛みがいつまでも続くということは、針がうまく血管に入らなかったということで………
「このへんなら、どうかな?」と、また、ブスリ。
 いたっ! いたっ! いたたっ!
「だ、だめですねぇ、変えますね!」
 最初の2~3回までなら、まだいいのだが。
「では、このへんなら………」ブスリ。
 いてっ! いててっ!
「う~ん、どうしよう、このあたりは?」ブスリ。
 いて~~~っ! いてててっっっ!
「困りましたね~、こちらなら………?」ブスリ。
 い、痛いんだよっ!
 困ってるのはこっちや! エエ加減にせんかいっっっ!(心の叫び)

 針がなんとか無事に入って、痛み止めの点滴が開始されるまでに、私の両腕には、合計6ヶ所の、注射針の穴があいた。
 一般的に、ドクターよりも看護師のほうが、血管注射は上手い、というか、血管注射が上手いドクターはあまりいない、と、どこかで聞いたような、聞かないような………。ホンマやったんか、あの話。
 組織採取自体は無事に済んだが、採取以前の点滴騒動だけで、ドッと疲れた。
 採取した組織を調べて、結果が出るまでに、2週間(長いな、おい)。
 ここまでやって、まだ病名が「よく判りません」、なんて言われたら、本気で怒るよ、私!


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。

スポンサーサイト

Newer Entry本日の2枚・落ちますよ!(2008年)

Older Entry本日の2枚・届かにゃい(2008年)

Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
血管注射・・私は血管が細いので一番細い針で・・しかも最低3度は「あれ~」とか言いながら
射しなおされます・・で・・毎回痛い思いします。
血管の注射は私はいつも大変な思いするんです。
看護師さんの話だと、私のは細くて、しかも血管に針を刺すタイミングで横に血管が逃げちゃうらしい(;´Д`)
なんで逃げるか…(゜o゜;

だから看護師さんダメ、ドクターダメ、婦長さん位なら無事に刺せる!

何か医療従事者が出来ないとか難しいとか、あたふたすると不安になって来ちゃいますよね(´-ω-`)

でも無事に検査が終わって良かった!
結果出るまで良かったは無いかあ…
注射禁止
e-9 ぁゎゎ… 「ひとの身体…どー思っているんだ!」って言いたくなっちゃいますね…
 刺すほうは、痛くないからおでんの煮え具合をみるみたいにプスプス刺すけど… たまりませんねー
これだけ科学技術が進んでいるなかで、あの注射の痛さくらい改善できないのか…
 って思っちゃいます。
 でも、結果を知るのが、プチこわいです。 
  e-330    <ののちゃんより>
あららら、災難でしたね(--;)
これだけ大変な思いをした検査だから、ちゃんと明快かつ良好な結果がでますように!
注射針… 普段は刺し易い方でも、そういう時もあるんですね~
Iris、点滴じゃなく採血をチョクチョクされる機会があるんですが
血管が分かり難いそうで、それでも、場所を変えたのは2回だけ
看護師さんでも、得意な方とそうでない方がいますけどね~
水分補給と、チョット温めておくと良いっていうのを知ってから
最近は、自宅を出る前に水を飲んで、寒い時には小さいカイロを
暫く付けておくと、それが効いてるのかは分かりませんが、今の
所は上手くいってます。
ろっっ6回も??(;´д`)
もう帰る~~と言えないところが
辛いですね
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます



« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ランキング
1日1回、1クリック有効
ぽちっとよろしく♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ




現在、少々多忙につき、
申し訳ございませんが、
コメント返しは休止して
おります。


本日までの総アクセス数
我が家のお猫様たち
タカヤ君♪

タカヤ(男の子)
アメリカンショートヘア
(ブルーシルバータビー)
2005.10.19.生まれ


マル君♪

マル(男の子)
マンチカン
(レッドタビー)
2011.11.05.生まれ


レン君♪

レン(男の子)
アメリカンショートヘア
(シルバータビー)
2001.3.25.生まれ
2011.2. 2.虹の橋へ
(享年9歳と10ヶ月)
(「虹の橋通信」の担当ニャン)


当ブログの画像の著作権その他は、管理人「あめぶら」の所有となります。

著作権を放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

アダルト・中傷その他の不快なコメントにつきましては、当方の判断で削除いたします。
月別アーカイブ
QRコード
QR
お気に入りリンク
ブログ内検索