我が家のお猫様の優雅な毎日

アメショのタカヤ君とマンチカンのマル君、虹の橋のレン君のお気楽日記♪

入院狂騒曲の結末

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 両腕に、合計6ヶ所も注射針の穴をあけられたものの、それ以外は何も異常は起こらず、滞りなく無事に終わった検査入院。検査の結果が出るのは、2週間後。
 血液検査だと、込み入った検査でも1週間で結果が出るのに、2週間もかかるとは何事ぞ? やっぱり、アレだろうか? 採取した組織を培養して調べたりするから、時間がかかるんだろうか?
 シャーレや試験管を使って、組織の培養や顕微鏡での観察。う~む、殆ど「科捜研の女」の世界だ(テレビの見すぎやろ、私!)。自分でもやってみたい気がしないでもないが、いや、しかし………シャーレに乗るのは自分の肝臓(の組織の一部)。やっぱり、あんまり見たくない。
 自分の内臓(の一部)を、直接見てみたい人って、います?

 閑話休題。
 検査の結果、出た結論は、「原発性胆汁性胆管炎」。
 ミトコンドリア抗体という抗体が、増えすぎることによって発症する慢性肝炎で、れっきとした国指定の難病のひとつである(完治が難しいから)。
 実は、この病名、私が生体検査を受けたころまでは、「原発性胆汁性肝硬変」という名称だった。肝硬変、かんこうへん、カンコウヘン………聞いただけで、ギョッとする言葉だ。私も、検査前に名称を聞いた瞬間、ギョッとした。が、担当のドクター曰く、
「肝硬変っていうのは名前だけ。ほとんどの人は、慢性肝炎どまりです。肝硬変にまで悪化する事例は、ほとんどないですよ」
 ………だったらなんで、肝硬変なんて名称をつけるねんっっっ!
 思わず、ドクターにツッコミかけた私だったが、家に帰ってネット検索してみたら、「誤解を招きやすいので、病名を変えたほうがいいのではないか、との案も出ている」、とのこと。
 ふむふむ、なるほどね~。
 世の中、私のように、ツッコミかけて途中でやめる人間ばかりではない。相手が医者だろうがドクターだろうが(あ、同じか)、遠慮無用の問答無用でツッコんだ患者が、相当いたんだろう。「肝硬変でもないのに、病名が肝硬変だなんて、かなわんわ。なんとかしてぇやっ!」、ってな感じで………。
 などと考えていたら、それからちょうど1ヶ月後、うちでとっている新聞の医療の欄に、「以前は原発性胆汁性肝硬変と呼ばれていたが、原発性胆汁性胆管炎に変更された」との記事が掲載された。う~む、ナイスといえばあまりにもナイスなタイミングだ。

 ところで、抗体の異常で起こる肝臓病は、あとひとつある(正確に言うと、あとふたつあるのだが、そのうちのひとつは、私には直接の関係はなさそうなので、説明その他はパス)。
 抗核抗体の増殖によって起こる、「自己免疫性肝炎」というのがそれで、こちらも、国の指定難病なのだが、ド素人の私の目から見ても、原発性胆汁性肝硬変より、こちらのほうが、ちょっと厄介な病気らしい。
 というのも、原発性胆汁性肝硬変のほうは、ウルソデオキシコール、略称ウルソという肝臓病の薬の投薬で済むが、自己免疫性肝炎のほうは、ステロイドの投薬となるからだ。
 専門家でも何でもない私が、こんなことを言うのもどうかと思うが、ステロイドは、いろいろな副作用が強い。飲むと免疫力が低下するから、治療を開始すると、1ヶ月くらいは入院しなければならないのだそうで。
 最悪の場合、原発性胆汁性肝硬変、じゃなかった、胆管炎と自己免疫性肝炎、このふたつを同時発症している可能性もあった私は、「入院」の2文字におびえつつ、とりあえず、その「入院」はしなくてもよい病名だったことに、ホッと胸をなでおろしたのだった。
 どちらも同じく、完治困難な難病であるなら、少しでも簡単な治療で済むほうが、ずっとマシに決まっている(はずである)。

 というわけで、原発性胆汁性………あああ、もう、何回も入力しているうちに、わけが判らなくなってきた。この病名を、舌も噛まずにすんなり言えるドクターは、やっぱり、いろんな意味でスゴイと思えてくる。
 アカン、話がまた逸れた。
 とにかく、つまり、膠原病の慢性肝炎、というか胆管炎(胆管炎からくる慢性肝炎というべき?)の進行を食い止めるべく、ウルソ投薬が始まったわけだが、何しろ、慢性肝炎というのは自覚症状が殆どないから、薬を飲んでても、効いてるのかどうか、さっぱり判らないんである。
 まぁ、ちゃんと仕事にも行けてるし、日常生活そのものは、薬を飲み始めたということ以外、何の変化も悪化もないから、当分の間は、数ヶ月に一度の血液検査で様子をみながら、のんびりやっていこうと思う。
 だって、のんびりとやるしかないのだ。
 多分、一生、治らないんだもの(だからこそ、国指定の難病なのである)。

 それに、今のところは、原発性のほうだけで済んでいるが、私の場合、抗核抗体が増えていることも確かなので、下手をすると、将来的には自己免疫性のほうも出てくるかもしれず………
「まぁ、血液検査で肝臓の数値をチェックしながら、異常が出てきた場合は、また検査入院して、肝臓の組織を調べてみるよりほかに、ないですな~~~」
 ………ドクター、他人事だと思って、のほほん、あっけらかんと言わんといてくれっ!
 ああ、しかし、ドクターがあまりにも神経質だったり、深刻に考える人だったりすると、患者は、ほぼ確実に、不安とストレスをため込むことになる。
 とすれば、「のほほん」としてる、と感じるくらいのドクターで、ちょうどいいってこと?


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。

スポンサーサイト

Newer Entry本日の3枚・親バカでもいい(2008年)

Older Entry本日の2枚・報われない親心(2008年)

Comments

自分の内臓、見れない派です…。
もっと簡単な治療とかも、ソッポ向いてる内に済ませてもらい
たい位ですから~

結構大変な思いをした様ですが、ドクターは合う方に出会えた
感じで、良かったですね~
Irisは、大きな病気はないですが、それでも長年通ってるのも
あり… たまにどうしても違うドクターしかいない時があって
対応が全然違う時ありますもの…。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます



« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ランキング
1日1回、1クリック有効
ぽちっとよろしく♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ




現在、少々多忙につき、
申し訳ございませんが、
コメント返しは休止して
おります。


本日までの総アクセス数
我が家のお猫様たち
タカヤ君♪

タカヤ(男の子)
アメリカンショートヘア
(ブルーシルバータビー)
2005.10.19.生まれ


マル君♪

マル(男の子)
マンチカン
(レッドタビー)
2011.11.05.生まれ


レン君♪

レン(男の子)
アメリカンショートヘア
(シルバータビー)
2001.3.25.生まれ
2011.2. 2.虹の橋へ
(享年9歳と10ヶ月)
(「虹の橋通信」の担当ニャン)


当ブログの画像の著作権その他は、管理人「あめぶら」の所有となります。

著作権を放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

アダルト・中傷その他の不快なコメントにつきましては、当方の判断で削除いたします。
月別アーカイブ
QRコード
QR
お気に入りリンク
ブログ内検索