我が家のお猫様の優雅な毎日

アメショのタカヤ君とマンチカンのマル君、虹の橋のレン君のお気楽日記♪

肝臓は体のどちら側?

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 肝臓の組織採取のための検査入院をするまで、私は、肝臓というのは、体の向かって左側にあるものだと思い込んでいた(高校時代に生物の授業で何を習ってたのだ、私!)。
 だから、検査担当のドクターから、
「針は、体の右側から刺します」
と言われた時は、一瞬、「へっ?」と面食らい、肝臓って体の左側ですよねぇ? と、思わず聞きそうになったくらいだ。まさか、ドクターが内臓の位置を間違えるはずもなかろう、と考えたので、聞かなかったが。
 退院して家に帰ったら、ちょうど、テレビで健康関連の番組をやっていて、実に都合よく、人体模型図が画面に出てきたので、肝臓のある場所を、思わずガン見。
 果たして、しっかり、右側であった(当たり前やっ!)。けっこう大きな臓器なので、より正確に言うならば、体の真ん中から右側にかけての範囲にある、と言ったほうが、よさそうではあったけれど、とにかく間違いなく、しっかりと右側。
 やれやれ、ドクターに聞かずに済んで幸いである。エラい恥をさらすところだった。

 実は私は子どもの頃、動物相手のドクター、つまり獣医になることに、あこがれた。
 佐々木倫子の漫画、「動物のお医者さん」は、今もなお、我が愛読書のひとつだ。
 そのあこがれが、見事に頓挫したのは、中学生の時だった。早い話が、私の頭は完全な「文系脳」であり、理数系の科目が、まるでダメだったのである。
 両親も、そろって理数系が全くダメな人たちだったから、これはもう、遺伝だろう。
 参考書の中の方程式が、どうしても解けず、母とふたりで知恵をしぼってみたが、結果は同じ。仕事から帰ってきた父まで巻き込んで、三人寄れば文殊の知恵、とばかりに親子三人で頭を寄せ合い、必死に考えたが、やっぱり、ダメ。
「これはもう、アカン! 職場に大学の理数系の学科を出たヤツがおるから、明日、そいつに、ちょっと聞いてみたほうがエエわ」
 とうとう根を上げた父は、翌日、私の中学校の参考書持参で、勤務先へ出勤した。
「この数式、どう解くんや?」
と、理数系学科出身の同僚に、参考書を見せたら、
「ああ、コレ………」
 彼は、そばのメモ用紙にボールペンを走らせ、あっと思う間もなく、それこそ30秒とかからずに、その数式を解いて見せたという。大学の理数系の学科を卒業した彼の頭には、中学生程度の方程式など、それこそ幼稚園児レベルに等しかっただろう。
「問題を解いてもらっといて、こんなことを言うのもなんやが、アイツの頭の中がどうなっとるのか、うちの家族には理解不能や」
との父の弁に、深く深くうなずいた私だった。

 人間相手であれ、動物相手であれ、医学部、というか獣医学部へ進むには、理数系の科目ができなければならない。動物相手のお医者さんになりたい、という私のささやかな夢は、多分、おそらく、この時点で雲散霧消したのだ、と、つい最近まで、そう思っていたが。
 もしかしたら、それ以前の問題ではなかったか、という気になってきはじめたのは、もちろん、検査入院を経験したあとのことである。
 肝臓の位置を、体の左側だと思い込んでいた私みたいなマヌケが、もしも、神様の手違いか何かで獣医学部を目指したりしたら、迷惑をこうむる犬や猫が続出したであろうことは、ほぼ100パーセント、疑いようがないではないか。
 あ~、やっぱり獣医にならなくて、もとい、なれなくってよかったんだわ、と、自分自身の頭の悪さを、都合のよい方向に責任転嫁して考えることにした私だった。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。

スポンサーサイト

Newer Entry本日の2枚・ゴチャゴチャ感(2008年)

Older Entry本日の3枚・場所を考えて!(2008年)

Comments

「動物のお医者さん」私も大好きです~!!
私も獣医師に憧れた時期ありました
でも、それはもう20歳を過ぎていたので・・・時すでに・・・
でした~ww
大体、心臓とか肺とか胃腸とか健診に出て来る主要臓器以外はよく分からないよね!
臓器に失礼だけど(^_^;)

中学時代、獣医さんの息子がいて、もちろん獣医さんを目指してたので、
毎日、ワンニャンのお仕事なんて良いなあ…
って言ったら、
病気の動物たちばかりだから、皮膚病だったり、怪我だったり、入院すると鳴き声続けるし、
可愛いとかじゃないんだよね!
って言われた。
中学時代だから結構はっきりキツく(´Д`)

でも、彼は今獣医さん(≧∇≦)b
えっ・・・
ワタクシ、どこにあるかさえ
わかりませんです(;・∀・)
動物のお医者さんは私も好きです~~
時間が経つとまた読みたくなるんですよねぇ
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます



« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ランキング
1日1回、1クリック有効
ぽちっとよろしく♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ




現在、少々多忙につき、
申し訳ございませんが、
コメント返しは休止して
おります。


本日までの総アクセス数
我が家のお猫様たち
タカヤ君♪

タカヤ(男の子)
アメリカンショートヘア
(ブルーシルバータビー)
2005.10.19.生まれ


マル君♪

マル(男の子)
マンチカン
(レッドタビー)
2011.11.05.生まれ


レン君♪

レン(男の子)
アメリカンショートヘア
(シルバータビー)
2001.3.25.生まれ
2011.2. 2.虹の橋へ
(享年9歳と10ヶ月)
(「虹の橋通信」の担当ニャン)


当ブログの画像の著作権その他は、管理人「あめぶら」の所有となります。

著作権を放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

アダルト・中傷その他の不快なコメントにつきましては、当方の判断で削除いたします。
月別アーカイブ
QRコード
QR
お気に入りリンク
ブログ内検索