我が家のお猫様の優雅な毎日

アメショのタカヤ君とマンチカンのマル君、虹の橋のレン君のお気楽日記♪

右が左か、左が右か?

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 計算その他、理系に強い部分をつかさどるのは右脳なので、右利きの人より、左利きの人のほうが、理数系には強い傾向があるとか、ないとかいう話を、昔、どこかで聞きかじった気がするが(何せ昔のことなので、今もそう言われてるのかどうか、定かでないが)。
 だとすれば、私が理数系にとことん弱かったのは、生まれついての右利きだったせいも、あるってことだろうか(と、またも責任転嫁先を発見した私)。
 母曰く、「あんたに、矯正の必要なんかなかったよ。最初から、なんでも右手でやってたもの」、とのことで、どうやら、両親も生来の右利きだったらしく、上記の説を信じるとするなら、親の代からの右利きイコール理数系がダメな家族、というのは、見事な遺伝ということになるらしい。

 確かに、親から、箸を持つ手や鉛筆を持つ手を、無理やり変えさせられた記憶はない。
「えっ? 矯正って、左利きを右利きに矯正するのっ?」
と、最近の若い人が聞いたら、びっくりするだろうと思うが、私が子どもの頃、つまり昭和も半ばの時代には、子どもの左利きは、小さいうちに右利きに矯正させるのが、普通だった。
 男の子の場合、左利きも多少は大目に見られていたようだが、女性の場合、私と同世代の人たちの中には、「女の子が左利きなんて、とんでもないっ!」という、意味不明の理由のもと(何が、どう、とんでもないのか判らん)、左利きだったものを右利きに矯正させられた人が、かなりの割合で存在したはずだ。
 今にして思えば、アホなことをしたものだと思う。そんな意味不明の理屈に惑わされていなければ、今ごろ、物理系や数学系でノーベル賞をもらえるリケジョが、どんどん出ていたかもしれぬのに。
 まぁ、今は、矯正などしたら、逆に親が怒られるだろう。子どもの利き手は矯正せず、放っておくべし、と言われるようになったのは、私がとっくに成人したころだったような気がする(かなり記憶が曖昧だが)。

 私が若いころに勤めた印刷会社にも、この、矯正の洗礼を受けた同僚が、何人かいた。
 矯正を受けた子の大半は、まぁ、多少の紆余曲折はあったとしても、小学校にあがる頃までには、ごく普通の右利きの子になっていた(と思う)が、たま~に、矯正の途中の過程で右と左があやふやになり、中途半端な右利き、あるいは、頭の中で左右の定義が不完全な状態のまま、成人してしまう場合がある(らしい)。
 そういえば仕事中、それは右、こっちは左、と指示を受けると、一瞬、動作が固まってしまったり、自転車で走行中に、「左、どっちだっけ?」などと言いだして、一緒にいた私のほうを焦らせた同僚が、いたような、いないような………。
 そんな彼女は、もちろんのこと、運転免許を持っていなかった。
 持っていなくて幸いだ。自転車に乗って、「左はどっちか」と言ってるレベルなら、まだいいが(あまりよくないか)、車の運転席で、それをやられたら、どうなるか。想像するだに、恐ろしい。

 まぁ、左右をきちんと把握している人でも、勝手な思い込みで右と左を取り違えたり、半ば強引に、右を左だと主張したりする場合があるから、これはこれで、要注意ではある。
「この写真、レイアウトは左やな?」
「いや、先方の指示は、右やったで」
「あ、そう。左でエエんやな?」
「ちゃうよ、右やってば」
「うん、判った、だから左なんやな?」
「だから、先方の指示は、右………」
「判ってる、左なんやろ?」
「何を判っとるねんっ! さっきから、右やって言うとるやろがっっっ!」
 こんな会話を、上司2人がケンカ腰でやってるのを目撃したら、皆さん、どないします?
 ちなみに私は、見ないふりをしておきましたがね。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。

スポンサーサイト

Newer Entry本日の2枚・心配の種(2008年)

Older Entry本日の2枚・狙った的は?(2008年)

Comments

くろ子は左ききでーーす。
祖父も母も弟も。。
そして 小学生の頃 鉛筆の持ち手は
直されました。
かなり苦労したらしいです。
今では 堂々と左でいいのにね。
これも時代の流れなのかなあ。。
以前勤めていた会社でも似たような事ありました。
あれって思いこんじゃってるからどっちも納得しないんですよね(^^ゞ
家の旦那が右左両方・・でどっちもつかず(笑)
猫さんも右左あるみたいですね
はやとは左手を先に出し・・響は右です
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
私の知人も右と左が怪しい人です。
大体左右を間違えるので、道を教えるときは
あっちこっちと指差しで教えていました(笑)



« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ランキング
1日1回、1クリック有効
ぽちっとよろしく♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ




現在、少々多忙につき、
申し訳ございませんが、
コメント返しは休止して
おります。


本日までの総アクセス数
我が家のお猫様たち
タカヤ君♪

タカヤ(男の子)
アメリカンショートヘア
(ブルーシルバータビー)
2005.10.19.生まれ


マル君♪

マル(男の子)
マンチカン
(レッドタビー)
2011.11.05.生まれ


レン君♪

レン(男の子)
アメリカンショートヘア
(シルバータビー)
2001.3.25.生まれ
2011.2. 2.虹の橋へ
(享年9歳と10ヶ月)
(「虹の橋通信」の担当ニャン)


当ブログの画像の著作権その他は、管理人「あめぶら」の所有となります。

著作権を放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

アダルト・中傷その他の不快なコメントにつきましては、当方の判断で削除いたします。
月別アーカイブ
QRコード
QR
お気に入りリンク
ブログ内検索