FC2ブログ

我が家のお猫様の優雅な毎日

アメショのタカヤ君とマンチカンのマル君、虹の橋のレン君のお気楽日記♪

猫の名前は変化する

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 飼われている犬や猫には、当然ながら名前がある。まぁ、中には、「名前はまだない」のままで一生を終えた猫もいるようだが(明治時代に、某文豪の家で)。
 しかし、我が家の3匹の猫も含めて、最初につけた通りの名前で呼ばれている猫(や犬)が、果たして、どれほどいるのだろうか?
 というのも、名前、とくにペットの名というのは、一緒に暮らすうちに、かなりの割合で、時として意味不明の変化を遂げる場合が、多々あるからだ。「~ちゃん」「~君」と、敬称つきのレベルであるうちはいいが、だんだん、そんなレベルでは済まなくなってくる。飼ってらっしゃる皆さん、大いに、身に覚えがおありでしょ?

 我が家の場合を例にすると、3匹の中で、名前の変化が一番少ないのが、次男のタカヤである。ほとんどの場合、タカヤ、と呼び捨てにするか、タカヤさん(なぜか、さん付け)と呼ぶだけにとどまっている。人間にも付けられる名前だから、変化させにくかったのかもしれない。たま~に、タカ、と略して呼ぶこともあるけれど、それ以上の変化は、彼の名には見られない。ああ、いや、もうひとつあるな。イタズラをされた時限定で、わるタカ、という呼び方が。
 その次に変化が少ないのが、今はもういない長男のレンで、呼び捨てのほかに、レン君、レン殿、レンレン、レン助、といったところだっただろうか。レンは、タカヤのように多くのイタズラはしない猫だったので、その時限定の呼び方もなかったはずだ。

 さて、そして問題は………三男坊のマルである。
 長男、次男とも人間的な名前で、変化させにくかった反動が、ここに来て、一挙に噴出したというべきか。彼の名前の変化は、我が家では無限大に近いモノがある。
 マル君。マルたん。マルちん。これは標準レベル。
 まんマル。まんマルちん。まんまるマルちん。なんだか舌を噛みそうである。
 おマル。おまるマル。おまるまるマル。殆ど意味不明。
 ガニマル。ガニマルちん。ガニーちゃん。前足が見事に外向き、つまりガニマタなので。
 短足。短足マルちん。お短足。言うまでもなく、足が短いから。
 おマンチ、マンチマル、まんまるマンチ。説明など不要だろう。
 プリプリマルちん。プリマル。プリ猫。ここまでくると、もぉ、何が何だか………。

 とっさに思い出せただけでも、これだけある。探せば、まだまだ出てきそうなのだが、これ以上書くと私が混乱しかねないので、やめておく。
 で、呼ばれたマルのほうはどうかといえば、呼び名に「マル」の2文字が入っていた場合、それなりの反応を見せてくれる場合が多い(と思う)。とはいえ、そこは猫なので、ピクピクと耳だけ動かしたり、尻尾だけ揺らして見せたり、という「生返事」であることも多いが。
 ………と、ここまで書いてきて、レン、タカヤ、そしてマルの3匹すべてに当てはまる呼び名が、ひとつだけあることに、気がついた。
 それは、「お猫様」。
「お猫様、ゴハンの用意ができてますよ」
「お猫様、オヤツのお時間でございますよ」
「お猫様、トイレはもうお済みですか?」
 もはや、犬公方綱吉の「生類憐みの令」も真っ青、としか言いようがあるまいな、これでは。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


ハンドメイドマーケット「tetote」に出品中♪

【送料無料】作品3 黒猫と白猫の巾着型バッグ

作品名:【送料無料】作品3 黒猫と白猫の巾着型バッグ
クリエイター:ねこぎんちゃく
作品価格:1,510円

作品の詳細をもっと見る


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


ハンドメイドマーケット「tetote」でのクリエイター名は、「ねこぎんちゃく」と申します。
猫と巾着、猫の腰ぎんちゃく、などと考えていたら、こんな名前になりました♪
クリックすると、ワタシのクリエイターページへジャンプします。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。

スポンサーサイト




Newer Entry本日の2枚・どうして、そこにっ!(2008年)

Older Entry本日の3枚・ちょっとずれてますよ(2008年)

Comments

家は徳川家真っ青の(笑)完全にお猫様だは~
旦那より上かも?(笑)
私たちはお猫様に任命された?下僕です
そうそう お猫様のお名前は進化するのです。
うちは もも ももちゃん ももさん もーちゃん もも蔵 姫
でも マル君ほどの進化は無かったかな(^^ゞ
我が家も、マルちゃんやマルたんが一般的な呼び名ですが、もはや原型を留めていないニックネームやらコードネームもたくさんありますわ(^^;)
呼び方、うちはレンくん・タカヤくんと同じ様な感じですね~
ガナッシュ・ガナちゃんが定番で、たま~にナンナン位です。
昔飼ってたウサギ等の、全く違う名前で呼んでも、チッポでの
お返事はするので、ガナッシュに向かって声を掛けてる事には
反応してるって感じなんでしょうね~
ガっていう音が、強い感じだからか、ヤッパリ、ガナッシュ・
ガナちゃんって読んだ時の反応が、良いですが…。

しかし、マルくん… マルくんの、マの字も、ルの字も入って
ない呼び方があるんですね~

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
猫の名前、変化してますね~
うちは、本名銀平ですが、
銀の字、銀助、銀之丞、銀左衛門、お銀、、など、ほとんど時代劇の世界です。
何かわかります〜!
先代のパジェロは、パジェ、パジェちゃん、パジェ様と呼び、
モモは、モモ、モモちゃん、モモ様、お嬢様、と呼んでおりました
(なぜ様付けになるのかは、不明ですが・・・)
ハルの場合、ハル、ハルちゃん、おハル、ハっちゃん、ハーちゃん、ハったん、坊ちゃん・・・
かな?一番バリエーションあるような??(そういえば、ハルには様付けしてないなー笑)
まぁ、それほどの変化が無いと言えば無いですかね?
元が短い呼びやすい名前にしてるので、
あまり活用できてないのかな?という気もしますが・・・



« »

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ランキング
1日1回、1クリック有効
ぽちっとよろしく♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ




現在、少々多忙につき、
申し訳ございませんが、
コメント返しは休止して
おります。


本日までの総アクセス数
我が家のお猫様たち
タカヤ君♪

タカヤ(男の子)
アメリカンショートヘア
(ブルーシルバータビー)
2005.10.19.生まれ


マル君♪

マル(男の子)
マンチカン
(レッドタビー)
2011.11.05.生まれ


レン君♪

レン(男の子)
アメリカンショートヘア
(シルバータビー)
2001.3.25.生まれ
2011.2. 2.虹の橋へ
(享年9歳と10ヶ月)
(「虹の橋通信」の担当ニャン)


当ブログの画像の著作権その他は、管理人「あめぶら」の所有となります。

著作権を放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

アダルト・中傷その他の不快なコメントにつきましては、当方の判断で削除いたします。
月別アーカイブ
QRコード
QR
お気に入りリンク
ブログ内検索