我が家のお猫様の優雅な毎日

アメショのタカヤ君とマンチカンのマル君、虹の橋のレン君のお気楽日記♪

ワタシ、英語、ワカリマセ~ン

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 ちょっと前に録画しておいた、映画「タワーリングインフェルノ」を見た。
 いまどきの若い人には、「なに、それ?」かもしれないが、1974年(日本公開は1975年)に当時のハリウッドの2大映画会社が共同で作り上げた、パニック映画の金字塔である。
 130階建ての超高層ビルの落成記念パーティーのさなか、手抜き工事による火災が発生。燃え上がる炎、爆発、火だるまになって落下する人間。最上階に取り残された人々を救うべく、消防隊長オハラハン(スティーブ・マックィーン)と、ビルの設計者ダグ(ポール・ニューマン)が奔走する。
 今から40年以上前の映画であり、当然ながらこれまでに、字幕・吹き替え両方で何度となくテレビ放送されている。当然、私は何度となく見ていて、あらすじからセリフまで覚えてしまっているのだが、にもかかわらず、放送されると、またも録画して見てしまうのである。
 パニック映画と呼ばれる映画は山ほどあるし、映像技術の面から言えば、最近になって作られた映画のほうが、格段にレベルは上であるはずだ。しかし私は、「あなたにとって最高のパニック映画は何か?」と問われたら、ためらうことなく、この「タワーリングインフェルノ」をあげる。映像技術がどうの、という問題ではない。この映画が、私にとっては、「至上のパニック映画」なのだ。
 まぁ、初めて見たのが中学生の頃だったので、その強烈な印象が焼きついてしまって(やっぱり火事の映画だったからか?)、他の映画の入る余地がなくなってしまったのかもしれないが。
 ちなみに、私が見たのはテレビ初放送の時(多分)だったが、この映画を、公開された当時に劇場で見て、高層ビルやエレベーターの恐怖症になってしまった人がいる。さもありなん、としか言いようがない。あの迫力、あのリアリティ。テレビで見ていてさえ、相当に、おっかなかった。劇場で見たら、そりゃ、トラウマにもなるだろう。

 いかん。映画の評論をやりたいのではなかった。
 閑話休題。
 この「タワーリングインフェルノ」のタイトルは、英語の読みを、そのままカタカナに置き換えたものだが、そういえば、今の洋画、というかハリウッド映画のタイトルは、大半がこの形式、つまり、日本語に訳したタイトルではなく、英語の原題をカタカナにしたものが多くなってるんだよなぁ、と思ったのが、今回の話の元ネタみたいなモノである。
 というのも、私と一緒にこの映画を何度となく見ている母に、こう聞かれたのだ。
「タワーリング、は何となく判るけど、インフェルノって、何?」
 ………ああ、そうだ、そうなのだ。
 母に限らず、英語をよく知らない、習っていても苦手だった人間(私のことである)にとって、英語の原題のカタカナ表記は時として、いや、かなりの割合で、タイトルの意味そのものが全くつかめず、映画の内容も想像しにくい、という困った事態を招くのである。
 例えば、「ダイ・ハード」。大好きな映画のひとつだけど、タイトルだけは、未だに意味がよく判らないままの私。だって、「ダイ」は「死」でしょ? 「ハード」は、「硬い」とか「過激」って意味でしょ? どない訳せっちゅうねん!
 サメ映画の金字塔「ジョーズ」。ジョーズって何っ? と思っていたら、最近になって、「顎」のことだと知った。まぁ、直訳して「顎」なんてタイトルをつけるわけにもいかなかっただろうけど。
 海洋パニック映画、「ポセイドン・アドベンチャー」。私は最初、この映画、海の男の冒険物か何かだと思い込んでいた。だって、アドベンチャーといったら、「冒険」じゃ~ないですか!
 海の男といったら、「パイレーツ・オブ・カリビアン」。まぁ、これは、何とか判る。直訳すれば、「カリブ海の海賊たち」とでもなるのだろうから。
 そして、「ミッションインポッシブル」。ミッションは判るけど、インポッシブルって、何だっけ? 自慢にも何もならないが、中学・高校と英語を習ってきたにもかかわらず、私の英語力といったら、この程度である。嘆かわしい。
 インポッシブル、インポッシブル、impossible ………とブツブツつぶやきながら何とか調べて、やっと、原題の直訳が「遂行不可能な任務」だと判ったが、英語読みじゃ~さっぱり意味が判らんから、昔の日本語訳「スパイ大作戦」を使ってくれたほうが、よっぽどありがたかったよ、と言いそうになった。
 もっとも、「スパイ大作戦」なんてベタなタイトル、今の若い人からはそっぽ向かれるだろう、たぶん。

 昔の洋画タイトルの日本語訳には、かなりの異訳、つまり原題を無視したタイトルも多かったけど、その分、映画の内容は把握しやすかった、ような気がするのは、私だけなんだろうか?
 異訳といえば、すごいのがある。1930年代の大恐慌の時代に実在した、銀行強盗を繰り返す男女ふたりを主人公にした映画「ボニー&クライド(原題)」(1967年製作)というのがあるが、この映画、日本語で、こう訳された。
「俺たちに明日はない」。
 ………す、すごい。すごすぎる!
 何がどうすごいって、原題を完全に無視して訳したのもすごいけど、そのタイトルが、映画の内容と結末を的確に暗示してるのが、すごいじゃ~ないですかっ!(見たことない人には判りませんね、スミマセン)

 ところで、最後に、もうひとつ。
 母がたずねた、「タワーリングインフェルノ」のインフェルノ、とは、「地獄」のこと。
 つまり直訳すると、「そびえ立つ地獄」。
 う~ん、これは原題のカタカナ読みをタイトルにして、正解だったんだろうな、と思う反面、もし、日本語読みのタイトルがつけられていたとしたら、誰が、どんなふうに異訳してくれたんだろうか、と、考えないこともないな~。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。

スポンサーサイト

Newer Entry本日の3枚・見られてますよ(2008年)

Older Entry本日の3枚・9年前のリフォームその5(2008年)

Comments

タワーリングインフェルノ!! 久々に観たくなっちゃいました~!
そうそう、なんでこのタイトル???wwって思うのありますよね~w
そびえ立つ地獄!!かっこいいけど
ホラーっぽいですね~w

タワーリングインフェルノは響きもかっこいので
このままでもいいかも~^^
お久しぶりのきとりです~。
「タワーリングインフェルノ」!!!
P.ニューマン&S.マックイーン競演ですね!!
内容も、人間模様も面白く描かれていて思い出深い映画です★
レンタルして久々に見ようかな♪
あと、パニック映画ものでは「ポセイドン・アドベンチャー」も面白かったです~
まあ、タイトルとか歌詞とか、日本語だって文法や普段の使い方と違う単語の使い方をするから、学校で英語の勉強したレベルじゃ難しいよねえ(^◇^;)

そういえば、スピードのキアヌリーブスが好きで、英語の字幕のあるDVDを買って、英語の勉強をしたら楽しそうとDVDを買ったら、
アメリカで暮らす友人から、ハリウッド映画で会話を覚えるのは危険だから止めるように言われた!

映画によっては日本のヤクザ映画のようなモノだから、人前で使えないような表現もあるんだって(゜ロ゜)
これちょっと前にやっていましたね。
久々にみて懐かしさとこれこれ!!って
ちょっと感動しました。
今あるパニック映画の減点はここにありって映画ですよね。
 
私も英語は得意ではないので
カタカナから英語に変換して更に和訳なんて
すごく苦手なんだけど
でもなんでこれ?って邦題が付いているのには
がっかりすることも。
なので分からないながらもカタカナ表記だけの方が
すっきりとして好きかも(^^ゞ
タワーリングインフェルノ
私はこの手のパニック映画をみると
心拍があがってヤバイです(^^;
ホラー映画より苦手かも !
あぁぁぁ
タワーリングインフェルノ
この映画の光景、私も頭に残っています。
めちゃめちゃ怖かったなぁ



« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ランキング
1日1回、1クリック有効
ぽちっとよろしく♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ




現在、少々多忙につき、
申し訳ございませんが、
コメント返しは休止して
おります。


本日までの総アクセス数
我が家のお猫様たち
タカヤ君♪

タカヤ(男の子)
アメリカンショートヘア
(ブルーシルバータビー)
2005.10.19.生まれ


マル君♪

マル(男の子)
マンチカン
(レッドタビー)
2011.11.05.生まれ


レン君♪

レン(男の子)
アメリカンショートヘア
(シルバータビー)
2001.3.25.生まれ
2011.2. 2.虹の橋へ
(享年9歳と10ヶ月)
(「虹の橋通信」の担当ニャン)


当ブログの画像の著作権その他は、管理人「あめぶら」の所有となります。

著作権を放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

アダルト・中傷その他の不快なコメントにつきましては、当方の判断で削除いたします。
月別アーカイブ
QRコード
QR
お気に入りリンク
ブログ内検索