FC2ブログ

我が家のお猫様の優雅な毎日

アメショのタカヤ君とマンチカンのマル君、虹の橋のレン君のお気楽日記♪

おそろしキャ〇ア

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 物書きのモノ知らず、ということわざがある。
 どんなに面白い小説を書く人であろうとも、世の中のすべての事象に精通してるわけじゃないのは当たり前で、実際、エッセイを読んでいると、その「モノ知らず」のおかげでドジを踏む作家さん、決して少なくないようだ。
 今は亡き高倉健の主演で映画化された「鉄道員(ぽっぽや)」の原作者、その「鉄道員」で直木賞をおとりになった作家の浅田次郎さんは、ある時、旅先のロンドン・ヒースロー空港の土産物売り場で、キャビアの250グラム缶を、家族へのお土産として、カード払いでお買い上げになった。
 キャビア。いわずとしれた世界の三大珍味。小さな50グラム缶でも、ウン万円出さねば買えないというアレを、それも250グラム缶でお買い上げとは。
 う~ん、さすが売れっ子作家だけのことはあるわい、と、聞けば誰もが思うだろう。私も思った。

 が、実はこの話には、かなりのウラとオチがある。
 最初にネタバレをさせていただくが、実は浅田次郎さん、キャビアの高級さをご存じなかったのだ。魚卵を塩漬けにした缶詰だから、同じ魚卵のイクラや明太子と同じようなモノだと思い込んでおられたのである。
 購入したのがロンドン、つまりイギリスだったことも災いした。ドルやユーロの表示なら、日本円に換算しやすいのだが、イギリスはポンドで表示してある。おまけに離陸時間がせまって焦っていたせいもあり、さらにカード払いであったから、浅田次郎さん、キャビアのお値段を認識せぬままに帰国した。
 そして大喜びした家族とともに、そのキャビアの250グラム缶を、最初はクラッカーに乗っけたりして優雅に召し上がっておられたらしいが、なにせ、250グラムである。だんだん面倒くさくなって、しまいにはスプーンですくって丸食いし、最後には飽きてしまって(値段を知らなかったから言えることだろうが)、残った分は、ご本人曰く、「猫どもにくれてやった」。もちろんこれも、値段を知らなかったから………以下略。

 実は浅田次郎さん、かなりの愛猫家でらっしゃって、「9匹の猫(その当時)はうまそうに、1粒残さずたいらげた」とのことだったが。
 そりゃ、うまそうに食ったことでしょうなぁ。だって、キャビアですよっ!
 もっとも私は、最初に読んだ時、
「そんな塩辛いモノ、猫に与えたらいかんでしょうっっっ!」
と、思わず叫びそうになったのだが、いや、しかし………キャビアだもんなぁ。そんな塩辛い、じゃなかった高価なモノを食べる機会のある猫なんて、そうそう存在しないよな。
 っていうか、キャビアを食べる機会なんて、猫どころか人間にだって、殆どないよな。
 そもそも、毎日食べ続けるわけじゃなし。塩辛くたって、1回ぐらいなら、まさに飼い猫冥利に尽きる経験をしたってことになるんだろうな、と、最後のほうでは妙な具合に納得してしまった。

 さて、もちろん、このエッセイには、1ヶ月後にカード会社から送られてきた請求書の金額、キャビアの250グラム缶1つが日本円にして18万円也、と記してあるのを見て、浅田次郎さんのお目目がキャビアのような点になる、というオチがつくのである。やれやれ。
「家族はともかく猫に食わせたのは、我が人生の痛恨事であった」
と、そのエッセイは結ばれていたのだが。
 いやいや、浅田さん。
 キャビアを食する幸運に預かった猫たちから、そのうち恩返しがあると思いますよ、私は。
 

★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


口金が丸タイプの小型サイズ♪ ハンドメイドマーケット「tetote」に出品中♪

【送料無料】作品36 黒猫と三毛のがま口財布(小)

作品名:【送料無料】作品36 黒猫と三毛のがま口財布(小)
クリエイター:ねこぎんちゃく
作品価格:1,010円

作品の詳細をもっと見る


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


ハンドメイドマーケット「tetote」でのクリエイター名は、「ねこぎんちゃく」と申します。
猫と巾着、猫の腰ぎんちゃく、などと考えていたら、こんな名前になりました♪
クリックすると、ワタシのクリエイターページへジャンプします。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。

スポンサーサイト




Newer Entry編み物の利点とは

Older Entry寄り添われるシアワセ

Comments

かな〜〜り 昔に キャビアというものを
食べたことがあります。
これが あの高級な キャビアかぁと。。
正直 あまり美味しい物とは思わなかったんだけどね。
ド平民の くろ子には キャビアの美味しさが
わからなかったってことかな。
高級だから 美味しいとも限らないし?
あっ ド平民の苦しい言い訳だわ。(笑)
でも お高いですなあ。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
猫に小判ならぬ、猫にキャビアですか…。
知らないって、恐ろしい…。

飛行機が苦手で、自分からは絶対に、海外に行こうなんて言い出しませんが
それでも数回、どうしても行く事になりましたが…
小心者のIris、その頃はスマホもなければ、携帯も電卓機能なんて付いてない
時代、しかも値段交渉しないと安くならなかったりするんで、シッカリしてる
電卓らしい電卓と、メモ帳と、ボールペンを握りしめて、ドキドキしながらの
買物でした…。

 
うわぁ 海外だと値段わからない事があるとはいえ
18万円はビックリだったでしょうね。
売った方はうはうはだったろうけど(^^ゞ
お猫様って意外としょっぱい物好きですよね。
身体に悪いからあげないけど。
あやぁぁぁ
やっちまいましたね~
普段ならアイタタと思うところだけど
猫が絡んだこととなると
なんとなく微笑ましく思ってしまいます( *´艸`)



« »

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ランキング
1日1回、1クリック有効
ぽちっとよろしく♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ




現在、少々多忙につき、
申し訳ございませんが、
コメント返しは休止して
おります。


本日までの総アクセス数
我が家のお猫様たち
タカヤ君♪

タカヤ(男の子)
アメリカンショートヘア
(ブルーシルバータビー)
2005.10.19.生まれ


マル君♪

マル(男の子)
マンチカン
(レッドタビー)
2011.11.05.生まれ


レン君♪

レン(男の子)
アメリカンショートヘア
(シルバータビー)
2001.3.25.生まれ
2011.2. 2.虹の橋へ
(享年9歳と10ヶ月)
(「虹の橋通信」の担当ニャン)


当ブログの画像の著作権その他は、管理人「あめぶら」の所有となります。

著作権を放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

アダルト・中傷その他の不快なコメントにつきましては、当方の判断で削除いたします。
月別アーカイブ
QRコード
QR
お気に入りリンク
ブログ内検索