FC2ブログ

我が家のお猫様の優雅な毎日

アメショのタカヤ君とマンチカンのマル君、虹の橋のレン君のお気楽日記♪

愛なき世界の愛すべき人たち

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 三浦しをんさんの「愛なき世界」が本になり、ついに電子書籍になった。
 新聞に連載されていた時から大好きで、電子書籍になったら絶対に買う、と決めていた一冊だ。
 読むと判るが、イヤなヤツや悪いヤツが登場しないので、読んでて安心。
 若い頃はともかく、今の歳になると、イヤなヤツや悪いヤツが出まくりの小説は、読んでて疲れ果ててしまうんである。そういうのは、テレビのミステリードラマだけで充分だ。

 さて。小説の舞台は某大学(多分、東大)の理学部研究室。そこで「植物学」をひたむきに研究する教授や院生たちが主人公である。
 大学の研究室のメンバーというと、先日ノーベル賞をおとりになった何とか先生も含めて、筋金入りの「研究バカ」揃いと相場は決まっているが、ただ、研究内容はといえば、必ずしもノーベル賞や、あるいは特許に結びつくものばかりとは限らない。植物学もそのひとつで、ただただひたすらに植物が好き、いや、好きすぎるぐらいでなければできない研究だ。
 だからこそ、というか、さもありなん、というか。
 そこは、「ちょっと(いや、かなり)変な人」の宝庫というか巣窟である。

 いつも黒いスーツばかり着ていて、一見すると殺し屋か死神みたいなのに、整理整頓の能力に著しく欠けていて、毎日かまくらみたいな書類と本の山に埋もれている教授。
 ただひたすらにイモを愛し、愛するタロイモが枯れてしまったと天を仰いで嘆くイモ好き教授。
 サボテンへの愛が激しすぎて、共用の温室をサボテンだらけにしてしまう院生。
 モデル植物のシロイヌナズナを愛するあまり、恋愛も結婚も眼中にない院生。
 実験に集中しすぎて、火災報知器の音にも気づかない助教授……。

 事実は小説よりも奇なり。
 書くに当たって、三浦しをんさんは相当の専門書を読みまくり、取材も重ねたらしいのだが。小説に負けず劣らずの「変な人」が、その過程で大量に発掘されたのであろうことは、想像に固くない。
 でも、その「変な人」たちは、同時に、愛すべき人たちでもあったのだろう。
 だからこそ書かれた一冊だといえる。
 本好きなかた、ぜひとも、ご一読を。


スポンサーサイト




Newer Entry不穏な気配

Older Entry残念なのは

Comments

面白そうな本ですね。
私も読んでみたくなりました。
 
本の中の変な人よりも
現実に生きてる変な人がそばに居ると
結構強烈ですけどね(^^ゞ
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
私は推理小説が好き
旅に行くときは欠かさずに・・でも・こ言う本いいかもね
あめぶらさんの解説を読んで、この本、絶対読みたいと
思ってしまいました。
この小説の舞台とは違いますが、やはり変人が多い事で
有名な、某大学の理学部出と暮らしてると、未だに色々
不思議に思う事があるんで(小説に出てる程の変人では
なさげですが…)、とっても興味を持ちました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます



« »

10 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキング
1日1回、1クリック有効
ぽちっとよろしく♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ




現在、少々多忙につき、
申し訳ございませんが、
コメント返しは休止して
おります。


本日までの総アクセス数
我が家のお猫様たち
タカヤ君♪

タカヤ(男の子)
アメリカンショートヘア
(ブルーシルバータビー)
2005.10.19.生まれ


マル君♪

マル(男の子)
マンチカン
(レッドタビー)
2011.11.05.生まれ


レン君♪

レン(男の子)
アメリカンショートヘア
(シルバータビー)
2001.3.25.生まれ
2011.2. 2.虹の橋へ
(享年9歳と10ヶ月)
(「虹の橋通信」の担当ニャン)


当ブログの画像の著作権その他は、管理人「あめぶら」の所有となります。

著作権を放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

アダルト・中傷その他の不快なコメントにつきましては、当方の判断で削除いたします。
月別アーカイブ
QRコード
QR
お気に入りリンク
ブログ内検索