FC2ブログ

我が家のお猫様の優雅な毎日

アメショのタカヤ君とマンチカンのマル君、虹の橋のレン君のお気楽日記♪

剣劇大好き♪

Category: 未分類  

半年すぎて、さすがにネットでも鬼滅の映画ネタは殆ど出なくなったな。
と思ってたら。
北米での公開が大ヒット、外国語部門の第1位となって………
またもや、ネットのザワつきが聞こえ始めたような。

鬼滅はちょっと、いやちょっとどころか、かなり「日本的」な内容。
あの世界観が、欧米人に判るだろうか? と、少々不安でしたが。
どうやら「よいモノ」は、誰が見ても「よいモノ」であるらしい………(^o^)

そして現地の人いわく。
アメリカ人って、剣劇が大好きだからね♪

剣劇? つまり俗に言うチャンバラ物?
殺陣を多く使った時代劇が欧米で人気だ、と、確かに聞いたことはあるけど………
日本人が西部劇に憧れたのと、同じような感じかな?
 ・
 ・
 ・
あ、そうか……… STAR WARS か!

20210428210257400.jpg



主人公たちの「剣劇」に、ワクワクドキドキした頃が懐かしい。
第1作、つまりエピソード4の公開当時、ワタシは中学生だった。
しかし、なんでエピソードの4~6が最初に作られたのか、未だによく判らない(^o^;)
おかげで今なお、ストーリーの順番がごっちゃになってる(^o^;)

STAR WARS を作ったジョージ・ルーカスは、日本の黒澤映画に
強烈な影響を受けた、と聞いたことがあります。
なるほど、それであの「剣劇」………。
ハリウッドの映画関係者には、黒澤映画のファンが多いらしい♪
スピルバーグとかも、そのひとりだし………
西部劇「荒野の七人」は、「七人の侍」のリメイクだし。

確かに、STAR WARS を見てきた人なら、鬼滅も理解できるかも?
そういえば鬼滅の「鬼」って、日本古来の鬼伝説の鬼より………
何となく、欧米の「ヴァンパイア」に少し近いかな。
太陽の光で燃えちゃうところ、とか。

忘れてましたが、鬼滅は、アメリカではR指定。
17歳以下は保護者同伴でなければ、不可。
日本のPG指定よりも、はるかに規制が強いです。

それを思うと、外国語部門のトップというのは………
けっこうスゴいんでは?(^o^)


追伸。
先週までは外国語部門の1位、全体では2位だったのですが。
昨日、公開2週間で全米トップに躍り出た。
けっこうスゴいどころか、スゴすぎるかもしんない d=(^o^)=b


スポンサーサイト




Newer Entryしぼみました

Older Entry前倒し

Comments

ふふっ 売れてくれるのは嬉しい。
それだけ良さが広がるのだもの。
そっかスターウォーズが剣劇。
言われればそうね。
ちなみに私は最初のエピソード4しかまともに見てないです。
あれはジョージ・ルーカスは壮大な物語を考えていたけど
それを1本にするのは難しくとりあえず一番スターウォーズの世界観を解ってもらうのは
エピソード4を含んだ4~6しかもそれですら長いので3つに分けたということらしい。
でもあめぶらさんが言うように順番がごっちゃで、わかりにくくなってるよね。
そのせいで私みたいに4しか見ないやつもいるのよ(^^ゞ
私のお友達の現地日本語案内のガイドさん
日本のDVDを見て日本語を覚えた方が多いです・・で・・何を見ていたの?と聞いたら
水戸黄門や暴れん坊将軍等などの剣劇が・・で・・日本語も??( ´∀` )
丁寧と言えば丁寧なんだけど・・ね
そうそうあちらじゃ今ブームですって・
このアニメ・・お隣のお国じゃ・・k国が原作で日本がパクった~って一部の??人が・・
耳飾りでせんど文句言ってたのにね・・何処を取って言ってるのか?疑問だは~~



« »

05 2021
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ランキング
1日1回、1クリック有効
ぽちっとよろしく♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ




現在、少々多忙につき、
申し訳ございませんが、
コメント返しは休止して
おります。


本日までの総アクセス数
我が家のお猫様たち
タカヤ君♪

タカヤ(男の子)
アメリカンショートヘア
(ブルーシルバータビー)
2005.10.19.生まれ


マル君♪

マル(男の子)
マンチカン
(レッドタビー)
2011.11.05.生まれ


レン君♪

レン(男の子)
アメリカンショートヘア
(シルバータビー)
2001.3.25.生まれ
2011.2. 2.虹の橋へ
(享年9歳と10ヶ月)
(「虹の橋通信」の担当ニャン)


当ブログの画像の著作権その他は、管理人「あめぶら」の所有となります。

著作権を放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

アダルト・中傷その他の不快なコメントにつきましては、当方の判断で削除いたします。
月別アーカイブ
QRコード
QR
お気に入りリンク
ブログ内検索