FC2ブログ

我が家のお猫様の優雅な毎日

アメショのタカヤ君とマンチカンのマル君、虹の橋のレン君のお気楽日記♪

とってもなが~いイキモノのお話

Category: 未分類  
我が家にはその昔、レンを飼う少し前の話ですが、
2匹のフェレットがおりました。

フェレットは、ヨーロッパのイタチの仲間を家畜化した動物で、
日本のイタチやテンの親戚筋にあたります。

先日、佐渡の保護センターのトキが動物に襲われて死んでしまいましたが、
どうやら、その犯人はテンのようだと、ニュースに出てました。
フェレットは、このテンの仲間みたいなものです。

日本ではペットとして飼える動物ですが、欧米の一部の国や州では、
鶏などを襲うので、害獣に認定されて、飼育できないところもあるとか。

テンやイタチは、可愛い顔のわりに凶暴で、人に慣れることはありませんが、
フェレットは温和で、犬や猫と同じように人間になつきます。
顔もひょうきんで、可愛らしいです。
ただ、モンダイがあるとすれば、それは……

部屋の、ありとあらゆる場所にもぐり込んで、イタズラをしまくる!
という、この1点に尽きます。
(フェレットには、全く、悪気はないのですが)

体が細くて柔らかいので、ほんの少しの隙間があれば、
どんな場所でも、侵入可能なんですよ。
(佐渡でも、テンは、ごくごく小さな金網の隙間から侵入したらしい)

部屋に放したまま、うっかり、ケージに戻すのを忘れて、
気がついたら、本棚の下のほうの本や、クローゼットの中の服が、
あたり一面に散乱してたこともありました。

イタズラなら猫もやりますが、フェレットのそれは……
とうてい、猫の比ではありません。
ええ、そりゃもう、経験者として断言させていただきます。
 ・
 ・
 ・
閑話休題。

そんなわけで(どんなわけなんだ)、これから先も、
猫ならともかく、フェレットを飼うことは……ないだろうと思いますが、
(イタズラの後始末が、そりゃもう、大変だから)

何の因果か因縁か、アプリのひつじ村で、あろうことか、
フェレットを飼う羽目になってしまった(冬の間だけだけど)
↓↓↓
フェレット


ただ、こちらのフェレットは、ペットではなくて……毛皮用。
フェレットはミンクの親戚でもあるので、欧米では、
毛皮用に飼育される場合もあるらしいですが……

かつて飼ったことがあるワタシとしては、毛皮用と言われると、
何だか、かなり複雑な気分でございます。

まぁ、ゲームですからねぇ。
そこまで、こだわることもないんだろうけど。

ホント、すごく可愛い子たちだったんですよぉ~(親バカ)。
あの、イタズラしまくりの行動さえなければ……
もう少し、飼いやすいんですけどね。

やろうと思えば、猫や犬とも一緒に飼えるので(相性にもよりますが)、
レンは、子猫の頃、このフェレットと同居していました。

フェレットは根本的に、陽気で遊び好きでフレンドリーな動物なので、
相手が猫だろうが全く気にせず、遊び仲間だと思ってたようです。

が、フェレットの行動は、あまりにもフレンドリーの度が過ぎたので、
レンにとっては……
↓↓↓
Ren ありがたメイワクな連中やったわ
オヤスミ


ということに、なるかもしれません。

子猫といっても、レンはすぐに大きくなりましたから、
フェレットの数倍の体重があったわけですが……

いわゆる、じゃれあいバトルとなると、圧倒的に……
レンよりずっと小さなフェレットのほうが、強かったんですよ。
(レンは、疲れ果てて、逃げ回ってました)                                 



追伸。

フェレットは、家畜化されて3000年以上。
イタチやテンのような凶暴さはありませんが、あくまで肉食動物です。
犬や猫なら、いっしょに飼うことも可能ですが、
ハムスターやウサギ、小鳥のような、小動物との同居は危険です。
もし、飼ってみたいと思っているかたがおられましたら……
その点は、十分にご注意くださいませ。
(猫との同居も、相性次第ではモンダイが出てくるかも)


                         


読み逃げ&ポチ逃げ増殖中
コメントレスも、休止中
それでもええよ~、とおっしゃって下さるかた……
コメントして下さると、ウレシイです~~~
(いただいたコメントは、全部、楽しく読ませていただいております~


                         


レンタルで観て……ハマりかけてます~
↓↓↓
      


アレルギーが出にくい療法食で~す
↓↓↓



                         


昔、フェレットに追い回されてたレン君に、ぽちっとお願いします
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
スポンサーサイト




Newer Entry破壊魔は本日も健在なり

Older Entryくるりん尻尾♪

Comments

そうそう、イタチ科の動物はみかけによらず獰猛な一面があるんですよね。
とはいっても、フェレットはカワイイですよね!
たまーに、職場の近くで、フェレットにハーネスつけて散歩?させてる人を見たことがあります。
はしっこそうだから、私はちょっと飼えないかも。
少々どんくさいハルや、ゆっさゆっさとでっかく育ってしまったモモの方が、
暮らしやすい気がします(笑)
あ、でもペットを飼いたがってる同僚に、
ウサギかフェレットって勧めてみようかしらん???
そうそう、ヤツらは結構激しいんですよね(^^;)
昔、友人の家に2匹いて、遊びに行くといつもヤツらの手荒い歓迎(?)で、手や足がズタズタでした(涙)
トキの件は ゲージを初めからキチンと作っていない人間に原因があると思うの。 
野生動物が寄ってくるのは当たり前のことですよ。
鳥って狙われやすい生物だから 飼い主の注意が必要なのよね
インコと猫を飼うと考えさせられますもの。

レンちゃんが負けっぱなしというのが面白いです。
お久しぶりになってしまいました!
岬にお祝いコメントありがとうございました。
以前会社に大きなダンボールが・・・中に社長のフェレットくんがいて・・指入れたら噛まれました(笑)
先日家の駐車場でフェレットが逃走するのを見つけて・・・隣の人に「今 フェレットが逃げたけど何処の家のかなぁ~!」って言ったらおばちゃんが「それはイタチよ!」って一言!
とっても動きが早くて逃げ出したら捕まえられないですよね!
ここで言っちゃっていいかしら。
と、ゆうのはトキのことなんですがテンがとゆうものアレでしょ?
弱肉強食とゆう言葉があるんだから(これ以上、これ以下でもヤバいので)
ま、自然の摂理、そんなもんじゃないかな、と。
へ理屈はや~めた(笑)

最初、タイトルを「なが~い着物のお話し」と読みまつがえた、わたくしをお許しください(^^;)
トキの事件、知らなかった~~!!
しかも1,2匹の被害どころの話じゃなかったんですね。。
いたちは、小さいころ実家に出たことありますっ!!
かわいい顔してるんだけど、けっこう凶暴なんですよね。。
田舎の家の座敷の間に入ったとき、
床~壁~天井とすごい勢いでぐるぐる駆け巡ってて、
恐ろしいヤツ‥と震えたことがあります。。
トキの話はショックでした。
でも、人間も注意深く、色んな事を想定しての飼育を考えるべきだったように思います。テンも生きるためにの自然なことだった様に思います。
そうだよね。
残念だったよね。
テンも生きているからねぇ。
テンにとってはトキも同じ自然界の生き物だもんね。
あめぶらさん たくさんの動物がいるんだね。
だんだん種類も増えてくるかな?
トキの件は本当に残念です
こういう事件は もともとは人間の欲が動物の生態系をくずしたから起った出来事
北海道のオオカミもキタキツネもそうです
熊が人間を襲うこともそうです
沖縄のマングースの問題も。。。
今回のトキの件もそうです
全部 人間がいけないのです
テンが悪いというマスコミもあるみたいですが
本質が分かっていない。。。残念です



« »

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ランキング
1日1回、1クリック有効
ぽちっとよろしく♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ




現在、少々多忙につき、
申し訳ございませんが、
コメント返しは休止して
おります。


本日までの総アクセス数
我が家のお猫様たち
タカヤ君♪

タカヤ(男の子)
アメリカンショートヘア
(ブルーシルバータビー)
2005.10.19.生まれ


マル君♪

マル(男の子)
マンチカン
(レッドタビー)
2011.11.05.生まれ


レン君♪

レン(男の子)
アメリカンショートヘア
(シルバータビー)
2001.3.25.生まれ
2011.2. 2.虹の橋へ
(享年9歳と10ヶ月)
(「虹の橋通信」の担当ニャン)


当ブログの画像の著作権その他は、管理人「あめぶら」の所有となります。

著作権を放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

アダルト・中傷その他の不快なコメントにつきましては、当方の判断で削除いたします。
月別アーカイブ
QRコード
QR
お気に入りリンク
ブログ内検索