我が家のお猫様の優雅な毎日

アメショのタカヤ君とマンチカンのマル君、虹の橋のレン君のお気楽日記♪

連呼は、や~め~て~~~!

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 今からちょうど3ヶ月ほど前だから、今年の1月の末のことになるが、わけあって、2泊3日の検査入院というヤツを、体験する羽目になった。
 事の起こりは、1年前。
 私自身が、膠原病の一種の強皮症だと診断されたことに始まる。
 詳しく説明しようとすると、専門用語の羅列になって、私自身の脳内回路が白目を剥きそうなので、なるべく簡潔に書こうと思うが、膠原病とは、抗体の異常によって起こる様々な病気の総称で、結論から言うと原因不明、完治が不可能もしくは困難な難病である。ネットで簡単に調べただけでも、10種類以上の病名が出てくるが、そのうちのいくつかは、国の指定難病に登録されている(ちなみに国の指定難病は、現在、300以上にのぼる)。

 閑話休題。
 私の強皮症は、症状としてはごくごく軽くて、大した問題はなさそうだったのだが(強皮症は、症状が全身に及んで悪化した場合のみ、国の指定難病となる)、その時の血液検査の結果をよく見ると、肝臓の異常を示す数値が、ちょっとばかり、高かった。
 お酒のせいかもしれないので、アルコール類を控えて(やめる、とは敢えて言わぬ)、様子をみること半年。数値は、改善どころか、微量ながらも増加の傾向。
 これはやはり、もうちょっと詳しく検査しましょうね、ということで、さらに細分化された血液検査、超音波検査、そしてMRI検査。その結果がどうであったかというと。
 まず血液検査の結果、いわゆるウィルス性肝炎、シロ。
 腫瘍マーカー、シロ。
 そして、MRI検査のほうも、ドクター曰く、
「肝臓には癌なし、胆管にも癌なし、すい臓にも癌なし! 癌じゃないですね~。今のところ、どこにも癌は見当たりませんね~」
 ………ドクター、お願いだから、癌、癌、癌、って連呼するの、やめてっ!
 癌じゃなくても、聞きたくありませんよ、その言葉!

 アカン、また話が逸れそうだ。
 とにかく、ここまで調べて異常がないということは、抗体の異常、つまり膠原病からくる肝臓病である可能性が高いので、生体検査をしてみましょう、という結論に達したわけである。
 生体検査。
 つまり肝臓に直接、針を刺して、組織を採取して詳しく調べるという、アレですな。
 針を刺す場所が場所だけに、やはり、大事をとって入院しなければならないのだそうで、できればやりたくないのが本音だが、組織採取して調べないことには、抗体異常による肝臓病は判別できないのだそうで。調べて病名を確定しないことには、治療の方針も定まらないのだそうで。
 仕方ない、2泊3日なんだし、ガマンしよう、と、1月末の検査入院が決まったのだが。
 その、検査入院自体の内容を書く前に、前置き部分が長くなってしまった。
 申し訳ないが、続きは、また今度。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


今日の一日一猫・人間だったら問題あり(2008年)

Category: レン(虹の橋)  
お~~~いっ? レンく~~~んっ!
何を見て、かたまってるんですか~~~っ?


う~~んと、え~~っと……よくわからへん♪
011_20170324112951753.jpg


多分、そんなことだろうとは思ったけどさ。

その丸見えポーズ、ニンゲンだったら、大いにモンダイありですよ。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の2枚・カバーの下には(2008年)

Category: タカヤ  
ベッドカバーを交換するため、新しいカバーをかけたところで、
別の用事を思い出したので、そちらを先に済ませ、もどってきたら。

かけていたベッドカバーの真ん中が、こんもりと盛り上がっておりました。
さては……、と、カバーをめくると。


ここって、にゃんだか、面白い~♪
010_20170324112949f5c.jpg


やっぱり入ってたな。出てくださいっ!


面白いから、出るの、イヤ♪
006_2017032411294894c.jpg


そんなところの、何が、どう面白いのか、理解不可能。

とりあえず、タカヤさんが飽きて出てくるまで、放置しておいた……はずです、多分。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


うちの猫、でかいですか?

Category: 駄文・雑文・エッセイもどき  
 人に抱っこされるのが平気か否か、これはもう、猫の性格による、としか言いようがないが、我が家の3匹の猫の中で、抱っこが可能だったのは、すでにいない長男猫のレンだけである。
 次男と三男は、抱き上げて10秒ともたずに暴れ出すので、とても、抱っこして玄関の外やベランダに連れ出すなど無理なのだが、唯一、レンだけは、それが可能な猫だった。
 夕方、マンション1階の郵便受けに夕刊を取りに行く時など、私に抱っこされてエレベーターに乗ったり、階段を降りたりしても平気だったくらいだ。ペットOKのマンションだから、犬や猫を連れていても、文句を言われることはないし、私も、気楽にレンを抱っこして、マンション内の廊下を闊歩していた。
 ただ、文句を言われたことはなくとも、連れていたレンに関して、実に率直な感想を述べられ、目が点になりかけたことなら………何度か、ある。
 レンを抱っこして、玄関の外に立っていたら、そばの非常階段を駆け下りてきた、小学校の中学年ぐらいの男の子(もちろん知り合いではない)が、レンを見て、一言。
「うわっ! でっかい!」

 あまりにも正直すぎる表現だったので、私の脳内回路が、その意味を把握するのに、しばらくかかった(もちろん、把握ができた時は、その小学生の姿は、とっくになかった)。
 ………はぁ? でっかい?
 今の子、でっかいって言ったよな?
 そうですか? うちの猫、そんなに、でっかいですか?
 ………って、アカン! 自問自答してる場合ではない!

 もちろん、私だって、レンが小さな猫だと思っていたわけでは、決して、ない。
 アメリカンショートヘアの男の子は、それなりに大きくなると聞いていたし、実際、レンの体重は、最盛期には5.5キロほどあったから、「まぁ、お世辞にも、小さいとは言えんな」と思っていた。
 思ってはいたが、猫ブログを何気なく見ていると、同じアメショーでも、5キロどころか6キロ超え、7キロ超えの猫がざらにいるので、どうも、感覚が鈍くなってしまったらしい。
 つまり、私の目には、レンは「ちょっとだけ大きいサイズの猫」として映っていたのだが、もしかして、違ったのだろうか? ちょっとだけどころか、かなり大きいサイズだったのだろうか?
 この時の小学生の発言に輪をかけるように、別の日、同じようにレンを抱っこして外に立っていたら、今度はたまたま通りかかった、マンション内清掃員のおばちゃんが、
「うわ、びっくりしたっ! 大きいから犬かと思ったら、なんや、猫かいな!」

 犬かと思った………イヌカトオモッタ………ええ、そうなんです、アメリカンショートヘアという種類の犬なんです! って、ちゃいますやろっっっ! この子は、猫ですっっっ!
 また、別の日には(まだあるんかい、とツッコまないように)、とうとう、お隣の旦那さんから、
「いや~、こりゃまた、大きくて立派な猫ですなぁ~」
と、ほめられたんだか驚かれたんだか呆れられたんだか、よく判らないお言葉を頂戴するに及んで、猫ブログ内の大きな猫に感覚が鈍っていた私も、はっきりと認識せざるを得なかった。
 レンは、標準的な体格の猫と比べて、かなり大きいほうなのだ、と。

 確かに、日本人がもっともよく見慣れているはずの、いわゆる和猫と比較すると、レンの体格は、どう贔屓目に見たって、大きい。仕事帰りや買い物帰りに、時々、三毛やブチの野良猫を見かけるが、どの子も、レンと比べたら子猫並みの小ささだ。まぁ、野良だと栄養状態もよくないだろうから、余計に体格は小さいのだろうけど。
 それにしても皆さん方、5キロ台のレンを「でかい」だの「大きい」だのと言ってて、7キロや8キロサイズの猫を見たら、いったい何とおっしゃるつもりなんでしょうなぁ?
 猫に見えるけど、ホンマは猫じゃないんとちゃうか? とでも言い出しかねない。
 ああ、そういえば、ひとり、いた。
 7キロ超えの自分の愛猫(アメショーのオス)を、抱きかかえながら、
「こいつ、ホンマは、猫とちゃいますねん。タヌキですねん」
と、言った人が。
 こういう人を、こちらでは、「大阪人のカガミ」と呼ぶ。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の2枚・魔性のヒトミ(2008年)

Category: レン(虹の橋) & タカヤ  
お猫様のヒトミ。
それは、ある意味、魔性のヒトミと言わざるを得ない(ような気がする)。

だって、こ~んな真面目なお顔で……


じぃ~~~~~っ



と、見つめられただけで、うれしくなっちゃうし。

また、ある時は、こ~んなカワイイお顔で……


あのなぁ、お母はん♪
033_201703211240085dc.jpg


と、見つめられただけで、何でも言うこと聞きたくなっちゃうし。

ええ、早い話が、ただの猫バカのたわごとでございます、はい。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。


本日の2枚・どかない猫との攻防戦(2008年)

Category: レン(虹の橋)  
お猫様と一緒に生活するうえでの、必需品のひとつ。
それは、通称コロコロ、つまりカーペットローラーですが。

……レン君、そこ、どいて下さい。


なんでやねん?



お掃除したいからですよ。

ほら、どいてどいてっ!


今、どきたい気分とちゃうねん♪
028_20170321122856fe4.jpg


そして、お猫様の意志をご尊重した結果、掃除が手抜きにならざるを得ない、
というか、お猫様のいる場所だけ掃除できず、抜け毛もとれない。

こんなことは、十数年が過ぎた今でも、日常茶飯事。


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★


お帰りの前に、ぽちっとお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ 


少々多忙につき、ただいま、コメレスは休止中とさせていただいております。
あしからず、ご了承くださいませ。


ブログ拍手を設定しましたので、お時間のないかたは、こちらからどうぞ♪
ただ、こちらのコメレスも、申し訳ありませんが、休止中となります……。



« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ランキング
1日1回、1クリック有効
ぽちっとよろしく♪
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ




現在、少々多忙につき、
申し訳ございませんが、
コメント返しは休止して
おります。


本日までの総アクセス数
我が家のお猫様たち
タカヤ君♪

タカヤ(男の子)
アメリカンショートヘア
(ブルーシルバータビー)
2005.10.19.生まれ


マル君♪

マル(男の子)
マンチカン
(レッドタビー)
2011.11.05.生まれ


レン君♪

レン(男の子)
アメリカンショートヘア
(シルバータビー)
2001.3.25.生まれ
2011.2. 2.虹の橋へ
(享年9歳と10ヶ月)
(「虹の橋通信」の担当ニャン)


当ブログの画像の著作権その他は、管理人「あめぶら」の所有となります。

著作権を放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

アダルト・中傷その他の不快なコメントにつきましては、当方の判断で削除いたします。
月別アーカイブ
QRコード
QR
お気に入りリンク
ブログ内検索